TOP > スポーツ > Full-count > 【米国はこう見て...
20コメント

試合時間短縮が狙い、ストライクゾーンの下限は「打者の膝頭」に 来季にもメジャーリーグに大きな変化がありそうだ。先日ニューヨークのMLB本部で開催されたオーナー会議での競技委員会で、ストライクゾーンと敬遠に関するルール変更を行う基本合意があったと、ESPN電子版が伝えている。 現行のルールでは、ストライクゾーンの下...


Twitterのコメント(20)

王選手が754号ホームランくらいから、ずっと敬遠されていたことを思い出しました。それにしても、野球見なくなっちゃったなぁ。。
これはダメだろ(๑•ૅω•´๑) !
投球が必要だからこそ、敬遠から生まれたドラマもある。新庄やクロマティが敬遠の球を打ってサヨナラヒットにしたり、田尾が抗議の空振りを見せたり、長嶋がバットを持たずに打席に入ったり。投げない敬遠というのは味気ないなあ。
機構側にとっては投球数削減としても良い考えなのだろう。だが・・・岩鬼にとっては大問題だ!
おー、やっとか
昨日も敬遠暴投あったけど、あぁいうのも醍醐味やんか。
なんでもかんでもメジャーが正しいとは思わんけどね💦
ベースボールも変われば
野球も変わる
| Full-count

ソフトボールだと敬遠の意思を示せば投球を省略できるようになっていますけど野球もそうなるとブーイングも省略されますね。
投げずに敬遠成立したら
野球が面白くなくなるやん(ーー;)
ストライクゾーンは良いけど、敬遠は反対。
メジャーリーグでは柏原や小林のような場面はなくなるのか。
これが適用されれば、大したことじゃなさそうに見えて野球が1つ大きく変わるような気もするな。
来季から???
正確なジャッジに重きを置く時代だから、そこを端折れば多少なりとも時短になるね。
「この2つのルール変更は、ルール協議委員会の承認を得ないと成立しない」 /
(いら)ないです
漫画「タッチ」の名シーンのようなプレーがなくなるってことか⚾️😱
日本で導入されたらあの槇原新庄みたいなことなくなるんだな(笑)
時間短縮のために敬遠をなくすとは…これまた随分と重箱の隅をつつくようなことを考え出したもんだ。
投手にとって不利だし三振が減るのは面白くないな。
試合時間短縮が狙い、ストライクゾーンの下限は「打者の膝頭」に
以上

記事本文: 【米国はこう見ている】MLBで投球せずに敬遠適用へ ストライクゾーンも変更の動き | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―

関連記事

43コメント 2016-05-09 11:43 - full-count.jp

ナショナルズ主砲が1試合で2つの珍記録、ハーパー「向こうには向こうの作戦がある」 ナショナルズのブライス・ハーパー外野手が8日(日本時間9日)に敵地で行われたカブス戦で珍記録を打ち立てた。 延長13回の末に3-4で敗れてしまったこの試合で、ハーパーは7度打席に立ち、7度出塁したが、いずれも四死球に...[続きを読む

画像で見る主要ニュース