TOP > IT・テクノロジー > 窓の杜 > 伝説のデザイン学...

伝説のデザイン学校“バウハウス”で100年間眠っていたフォントをAdobeが復刻、無償公開 - 窓の杜

26コメント 登録日時:2018-06-12 12:54 | 窓の杜キャッシュ

 建築・工業デザイナーを志す者で、“バウハウス(Bauhaus)”の名前を知らない者はいないだろう。20世紀初頭、ドイツ・ヴァイマルで誕生したそのデザイン学校は1933年、ナチスによって追われるまでのたった14年間しか開かれていなかったにもかかわらず、後世のデザイナーに多大な影響を与えた。とくにヴァイマルからデッサウへ移転した中期は、合理性や科学性、経済性を重視した“機能主義...

Twitterのコメント(26)

バウハウスのフォントが復刻してTypekitで使えるようになったのか...
へぇ〜。無償公開されるんだ。
英字フォントですが。
お、これあとで入れておこう。 /
嘘のようなフォントの話
復刻したんだ /
何さこのワクワクする見出し。
うちのロゴに使ってるフォントだ!
メモ。:
"いまっぽい"デザインにこだわりあるけど、見逃せない話題ですね

MacBookとAdobeのメンバーシップがもらえるコンペもあるみたい、
景品といい"使う書体を決めてもらってる"ポイントといい
初心者こそ挑戦すべき案件かも

💌
☆100年眠っていたフォント☆
バウハウス、行ってみたいな、一度は。\
Google マイフィードから共有しました
見てる。:
使えるかな。
眠っていた厨二病の心が疼く
"で100年間眠っていたフォントをAdobeが復刻、無償公開|復刻されたバウハウスフォントを使ったデザインコンテストを5回にわたり開催 - 窓の杜
おおおおすげええええ
これ良い取組だなー /
「Joschmi」と「Xants」の2書体
以上

記事本文: 伝説のデザイン学校“バウハウス”で100年間眠っていたフォントをAdobeが復刻、無償公開 - 窓の杜

関連記事

画像で見る主要ニュース