TOP > IT・テクノロジー > 窓の杜 > LZH書庫の解凍...

LZH書庫の解凍・圧縮DLL「UNLHA32.DLL」が7年ぶりの更新、DLL読み込みの脆弱性を修正 - 窓の杜

16コメント 登録日時:2017-05-16 15:24 | 窓の杜キャッシュ

「UNARJ32.DLL」「LHMelt」「LMLzh32.DLL」にも同様の問題があり、修正版の公開を予定樽井 秀人2017年5月16日 15:19「UNLHA32.DLL」の配布ページ LZH/LZS形式の書庫を解凍・圧縮できるライブラリ「UNLHA32.DLL」の最新版v3.00が、15日に公開された。約7年ぶりのアップデートとなる本バージョンでは、2件の脆弱...

Twitterのコメント(16)

LHMlet, XPにも対応したままでいてくれるといいのだが・・・
役割を終えたってユーザに使用中止呼びかけてたのに結局アップデートしたのか。まあ使用中止しない人もいるからアーカイバの自動アップデート機能で更新させるほうが安心ではある。
「LZH書庫の解凍・圧縮DLL『UNLHA32.DLL』が7年ぶりの更新、DLL読み込みの脆弱性を修正」( , )
へー。
もうでもLZHは新規作成には一切使わないしなあ。
展開可能なソフトは入替可能かどうか調べておこう。
懐かしいなlha..
LZH生きとたんかワレ
7年越しの修正か。
更新終了のアナウンスされていた記憶があるが、惜しむ声に答えた形か。/
おお、かるでぃ起動せねば。 /
LHAは進化するよもっともっと >
生きていたのか [ - 窓の杜]
LHA…お前…生きていたのか…
(開発終了してたはずなのに…。開発者の方、おつかれさまです…)
以上

記事本文: LZH書庫の解凍・圧縮DLL「UNLHA32.DLL」が7年ぶりの更新、DLL読み込みの脆弱性を修正 - 窓の杜

関連記事

画像で見る主要ニュース