TOP > その他のニュース > dot.(ドット) > 「早期教育は意味...

「早期教育は意味がない」慶応医学部教授が指摘、その理由とは (1/7) 〈出産準備サイト〉|AERA dot. (アエラドット)

503コメント 登録日時:2017-10-04 16:58 | dot.(ドット)キャッシュ

Twitterのコメント(503)

胎教0&早期教育0のダラ育児中なのでホッとするような諦めがつくような…
親の夢を子に託さず、親は自分の好きなことを今からでもやったらいいっていうのが沁みる
先月見かけた記事、改めて記録のためにシェア。→ @dot_asahi_pubより
早期教育に意味はないというこの記事を何回も読み返している。この先生は「こうです!」ではなくて「自分の考えでは」という言い方で、意味がないというのも早く身につけることと得意になることは別だよという主張だし、なんか信用できる気がしている。
なるほど…!
▼自分がどうするか?

常識、当たり前のように言われていることを鵜呑みにせず、自らで考えることが必要ですね。医学的な観点、精神的な観点は違うからこそ人間なのかもしれません。
トップになることを強いるより自己肯定感を育てる方が大切
「ちょっと別のお話をしますね」
「話は変わりますが」「話はまた少しそれますが」
↑この文言で語られる
「脳のしわ」「先天性の病と母体の責任」「不登校」等の問題は
「全く関係ない話で母親を詐欺的に説得する為のおためごかし」に過ぎない
下から2番目の文章、対戦ゲームでも大事だね。
もっと若い頃こういう考えで生きていたらなあ。なんて頑固でアホだったんだ自分よ。
>特殊な早期教育がなくても~子どもたちはすくすく育ちます。
>その原動力が自己肯定感です。
>遅かれ早かれ必要なときに、出来ることはできるようになるんです。
お前もこっちの世界に来たかと思いましたね
私と同じこと言ってはる。見出しは勘違いする書き方で頂けないが。
一律に早期教育やってもあかんのよね
子供が興味を持ったときが始めどき、早い子もいれば遅い子もいる
親がそれを見つけられるかも大事だけど「待てるか」の方がもっと大事かと
いいこと言ってはる。ぼくは読み書きとそろばん(計算)ができればいいと思う。
ほんとうのことをいったらアベに嫌われるぞ。青虫もなくなるぞ。それでもいいの?
まったくその通り。→ やりたいことをやらせておけばいいと思いますよ。小さい頃から勉強させたからといって、将来の知能が高くなるとか低くなるとかいうことありません。何かを変えられるとすれば、自分に自信を持つ子になるかどうかということ。
できること、やりたいことからコツコツ広げていこう
@dot_asahi_pubから
これが確実かは分からないが、目からウロコの連続ではある。全て遺伝で決められるなら自分の育ち方を悔やむ必要もないけど、一方でとても残酷だなと
2歳から水泳をやっているからといって、親が平均的な運動能力の場合、子どもがオリンピック選手になるかというと、その可能性は低い

他の人より先にできることで不要な劣等感を感じなくて済む。それ以上は望みません。私の子だから(笑)
ついミスリード煽られるけど「その子の才能を「無理強いの早期教育」で捻じ曲げないほうがいい。」な部分が真意なんだろうな。 「早期教育は意味がない」慶応医学部教授が指摘、その理由とは
@dot_asahi_pubより
良いねコノ身も蓋もない話w
とは言え良記事でござった
これはためになりました。

〈出産準備サイト〉
子どもはまだまだ小さいけどちゃんと覚えておこう。

@dot_asahi_pubより
ふむふむ
自分に自信がある子どもになるかは、親の接し方次第で変わる。良記事。
結果重視で無闇に悲観せず受容の心で。理屈では解るしそうなんだろうけど言うは易しですな…>
@dot_asahi_pubより

それでも「あと10年、5年でも早く始めていたら」とよく思うけどなぁ…
高橋先生「子どもにさせずに、今からでも遅くないですからご自分でやってみてください(苦笑)」
殿下には 早期教育をしないよう努めてます。今は心を育てる時だから。成功体験のお手伝いをし、挫折感は味合わせせてない❣️

|AERA dot. (アエラドット)
"子どもにさせずに、今からでも遅くないですからご自分でやってみてください(苦笑)" 真似をしてくれる子はわりと多い……かな。 /
@dot_asahi_pubから
確かに、環境要因は大きいよね。あと「子どもに○○をさせる」というより「親が自然に率先して楽しんでいることは子どもも真似する」よ。
ホントその通りだと思う。
本質的情報もとい救いもとい絶望です
子どもが興味を持ったこと、得意なことを、親が見極められるかどうかが問題です。親が子に教えるのは、それらの長所をどう生かしたら、生き抜けて生きるかの術である。
@dot_asahi_pubから
目からウロコの連続。あと『時期が来れば出来るようになる』っていうのすごく心強い言葉だと思う。
タイトルからばっさり切り捨てているのかと思ったけど、丁寧に説明されていて面白かったわ
@dot_asahi_pubより
これめっちゃ納得‼︎周りのママとの違和感はこれだよな~(*´-`)これを受け入れてる家庭はどれ位いるんだろ⁇
遺伝最強説。 =>
「脳は決められた通りに正確にしわを作っていきます。その様子は、まるで折り紙を折るように、遺伝子によってあらかじめ決められているのです。」早産の赤ちゃんの脳溝が刻まれるのが折紙を折るようにってしびれる。
遺伝子によって大体のことが決められてると聞くと、なんか肩の力が抜けてほっとする。

@dot_asahi_pubより
おおーっ!小児科医と考え方が一致!胎教や早期教育、その後。わたしっていいお母さんなのかもしれんぞ!笑
変な育児本に振り回されなくてよかった!というか読んだことないけど笑
@dot_asahi_pubから
(アエラドット)たとえば 早く自転車に乗れるようになった子と、小学2年生でやっと乗れるようになった子の運動神経の差はないと思います。
やっぱり大事なのは自己肯定感!自分メモ。
親のやりたいことを子供のためと称して押しつけるとろくなことないですもんね。
「遅かれ早かれ必要なときに、出来ることはできるようになるんです。逆に言うと、出来ないこと、嫌いなことはできなくて良い、自信を失わなくて良い。」

「早期教育は意味がない」慶応医学部教授|AERA
やっぱワイが兼ねてから思っていた事は正しかったんやなって
『親の夢は子どもに託さない。夢は自分でかなえなさい』←そうだそうだ!

@dot_asahi_pubより
自由にのびのび大人になってくれれば、私は幸せです /
腑に落ちてなかったこと全部言葉にしてくれた。すっきりした。 //
ママさんに教えたい!

@dot_asahi_pubより
とても救われる記事だった
少し前のニュースで、病院にて裕福な家庭と貧乏な家庭の子が入れ違いになっていた事が発覚した事件を思い出した。顔の作りが違うが、それより頭の出来が違うので不思議に思って調べたってヤツ。→ 「早期教育は意味がない」慶応医学部教授が指摘
自己肯定。優越感とか認証じゃなく、「自分を肯定」するよう子供を育てるって大切だろうなあ。
親としては子どもの「出来ること」「得意なこと」を探してあげることが大切です。褒めてあげること。自信をつけてあげること。 @dot_asahi_pubより
めちゃくちゃ大事なことを言ってると思う。全ての小学生以下の子を持つ親ともうすぐ親になる人は一度読んだ方がいい / @dot_asahi_pubより
大変興味深い記事でした。。。無理強いよりたくさん褒めてあげることが子育てにおいては大事なんですね。
うん、子供が出来たら胸に刻もう。
こういう話って、なかなか受け入れてもらえないんだよな。

@dot_asahi_pubから
身長は遺伝子でだいたい決められている!特定の勉強、科目の得意か苦手、教育効果<生まれつき決められていることのほうが大きい。運動能力も!↓
@dot_asahi_pubより
この方が仰る事を全面的に信じたいと思いますー。
現代の日本の実情を考えたとき(中略)十分な義務教育が用意され、衛生環境もよく(中略)お子さんとの生活をごく普通に楽しんでいただければ、子どもが生まれつき持っている可能性を阻害することはありません。 @dot_asahi_pubより
確かに小さい時から無理強いをさせるのはよくないし、遺伝子によって決められているならその子のペースで歩ませてあげるのが一番だよね。
いろんな呪縛が解ける記事。

@dot_asahi_pubより
「大事なことは「遺伝子」で決まっている」←本質
@dot_asahi_pubより
なるほど、能力は「必要な時」開花するか…。子供に夢を託すのでなく、遅くないからあなたがやってみては?という言葉にはハッとした。
親の夢は子どもに託さない。

あーー耳がいたーい。

@dot_asahi_pubより
隣の芝生は青いからはじまって、学歴社会やらお受験やら、産まれてすぐのこどもにも競争と差別化の波が襲いかかっている現実が無意味であることを教えてくれる記事。 - 「早期教育は意味がない」慶応医学部教授が指摘(AERA dot.)
良記事だと思う。親も子も教師も、過度な期待やコントロールから解放されていい。最初に学ぶべきは、楽しく生き、共に笑う幸せ。
幼児期の運動体験は大事だと思うけどなー。神経回路の発達期でもあるし。遊びの中で体の使い方を定着させてからその後の競技に入ることで、成功体験も得やすいと思う。矯正することが人格形成に悪影響だというなら了解。
"遺伝子により決められた能力を、(環境要因で)押しつぶすことさえしなければ、必ずそれは必要なときに出てくるはずなんです。"
大事なことは遺伝子で決まっている
👈読んでみました。
"親の夢は子どもに託さない。夢は自分で叶えなさい" 仰るとおりだ!
うちは早くから英語やスイミングをさせていたけど、上手になるためだけにさせるつもりはなかった。その気持ちは先日ツイートした王子の言葉が答えになってる。
遺伝子と自己肯定感
・赤ちゃんがおなかの中で聞こえるのは母親の心拍だけ
・胎教とかやっても無意味
・子どもの適性や能力は大体遺伝子レベルで決まってる
・親の夢を子供に託すとか言ってる人は遅くないから自分でやったらどうか
子育てする人や育ち中の人の参考に。「だいじなのは自信を持ち、自分大好きになること」だというのはまちがいないとおもう。
生まれる前は「元気に育ってくれればそれだけでいい」くらいの気持ちなのにね。後から後から「勉強が」「運動が」「いい学校に入れ」「有名になれ」って付いてくる。親のエゴよね。「早期教育は意味がない」慶応医学部教授が指摘
「早期教育は意味がない」慶応医学部教授が指摘、その理由とは〈出産準備サイトAERA dot
つまり「早さ」に意味はない。
遺伝子により決められた能力を(環境要因で)押しつぶす事さえしなければ必ずそれは必要な時に出てくるはずなんです。
だいたい遺伝子で決まってる
ついね…「いろいろ可能性を引き出してやりたい」が、時に無意識に「自分の叶えられなかった夢を託す」になってしまうんだよな。
これ、ほんと目からウロコ。
社会に出てから会社を休みたくなる方が苦労するから、義務教育の時に休みなさいって言葉が凄いな。

@dot_asahi_pubより
@dot_asahi_pubから

なんでこの程度のことで「遺伝子」を連発するかなー。困るなー。
生まれ持ったものを生かせる大人や親にになりたいです
「その子の持つ性格や性質も、環境要因よりも遺伝子要因で決まる部分が大きいですから。早くから水泳をやらせたら水泳のオリンピック選手になり、幼稚園のうちに算数をやらせたら数学者になり…ということには普通なりません」
要は早期教育をするなら子どもの好きなことや才能のありそうなことを探すレベルに留めたほうがいいですよ、ということだね。とはいえ英語と水泳と音楽は才能関係なしに早いうちからやっといたほうが身につきやすいと思うけどね
毎日仕事で疲れ果ててるのでこういうのすごくしみる....
結構面白かった。//
「逆に言うと、出来ないこと、嫌いなことはできなくて良い、自信を失わなくて良い。」良い記事でした。子供の自信の源は、「何があっても親に肯定されていること」だと思います。なんでも許す、甘やかすという意味ではなくて。
なんか、感動した。
「スポーツでもなんでもそうですが、最初のころがいちばんおもしろいことも多いじゃないですか。そのへんでやめてしまっても悪くないのでは」
@dot_asahi_pubより

人には向き不向きがあるんだから苦手な事はほどほどにやっといて得意だと思える事をしっかりやりなとしつけしてきた事が肯定された気がして泣いた
自己肯定感か…
確かに大事だよな
子供の頃に成功体験を得ておくと、自己肯定感が身に付き積極的に取り組めるようになれるから伸びていく子は確かにいると思う。
これ明確に間違っているものがあるよね。2歳までに飢餓状態を経験した子供の学力問題や、遺伝子vs環境要因は分野によって影響力が違うのも分かっているはず。
>
@dot_asahi_pubより
ほぼ自分の考えはこの先生と一緒だったな
"「早さ」に意味はない。遺伝子により決められた能力を、(環境要因で)押しつぶすことさえしなければ、必ずそれは必要なときに出てくるはずなんです。"
私はむしろ先行教育には一定の意味がある、と考えた。周囲との比較で劣等感に悩むことも減るし、限界が早めに分かるのはむしろよい。

@dot_asahi_pubから
目から鱗でした→
「「早さ」に意味はない。遺伝子により決められた能力を、(環境要因で)押しつぶすことさえしなければ、必ずそれは必要なときに出てくるはず」
目から鱗。最低限の事しか与えてあげれてない余裕の無い毎日だから、なんか色々楽になった☺︎
この記事、興味深いわー
これは押さえといてもいい内容だな。
妊娠中に無理して仕事を続けていたせいかもしれないとか妊娠中に飛行機に乗って里帰りしたせいだとまるでお母さんの責任であるかのようにお母さんご本人も周りも思うかもしれないけれどそんなことは全くない。
そういうことなのよ。
多分、バカな家は代々バカなのよ。悲しい。
さっき言ってたのってこれね
遺伝子により決められた能力を、(環境要因で)押しつぶすことさえしなければ、必ずそれは必要なときに出てくるはず
「そう、遅かれ早かれ必要なときに、出来ることはできるようになるんです。逆に言うと、出来ないこと、嫌いなことはできなくて良い、自信を失わなくて良い。」
"何かを変えられるとすれば、自分に自信を持つ子になるかどうかということ。"⇒ @dot_asahi_pubから
@dot_asahi_pubから

なるほどう。息子①はなんでもやりたがった。
継続は力なりと言うけど
持久力のある子になった。それも遺伝子…。私には無いけど。
"親の夢は子供に託さない"というのは本当にその通りだと思います。予備校の生徒で、努力がなかなか実を結ばない子や本番に弱い子の多くが、このパターンで、自己肯定感が低く育ってしまうんですよね。
>「早期教育は意味がない」
@chabodosa_kao 早期教育の記事がバズってるみたいで、その影響で私のもついでに拡散されてるみたい(笑)
胎教の話だけじゃなくて、子どもの育ち全般にすごくいい話だった。お父さんの姿も浮かぶバランスもいい。
とても興味深い。
私自身、早期教育をがっちりされて、英語を話せる人に接しやすい環境で育ったけれど、ただの普通のおばちゃん。
基礎を作ってあげるのには必要だけれど、いい意味で母がまいっかーと思ってあげるのが必要なのかもと思った。
@dot_asahi_pubより

性格も能力も大概遺伝子で決まってるから子供に無理強いしない方がいいよーみたいな話
|AERA dot わたしは適当な人間なのでこんな感じの子育てだったのだが、それはさておき娘の遺伝子に依るところが大きいのだろう。
@dot_asahi_pubより

大事なことは遺伝子で決まっているのか
各々のペースでゆっくりやらせたら良さそうだ
人間なんて生まれた時に大体決まってる。性には逆らえん話だ/
"体重は食生活や運動などの環境要因でも大きく変わりますが、身長は遺伝子でだいたい決められているので、いくら沢山食べても、鉄棒にぶら下がっても、なかなか伸びたりしません" / "「早期教育は意味がない」慶応医学部教授が指摘、その理…"
身を以て実感してるわ
・勉強や運動、ついでに身長や意思の強さまでも遺伝子要因が強い。
・不登校児には「学校には行かなくてもいいよ」と。
・自分に自信を持つ子になるかどうか、そこは親の育て方、環境要因で差がつく。成功体験談を積ませて褒めよう。NO挫折感。
「必要なことは、やがてできるようになる」「早い」ことにはあまり意味がないと。グッドニュースだ。
声高にこれを言ってもらえると安心する☺️
小さい時期のお受験にあまり良いイメージは個人的にはもてない。
速く計算できる子よりも、好きなことを「やりたい、続けたい」って思える子に育てられたらいいなぁ😊
子どもに夢を託さない、は同意。
面白いインタビュー記事。うーん悩ましくなった。-------
» たとえば早く自転車に乗れるようになった子と、小学2年生でやっと乗れるようになった子の運動神経の差はないと思います。早く乗れたからといって自転車選手になるわけじゃありませんし。つまり「早さ」に意味はない。 「早期教育は意味がない」
さっきトゥゲッターをリツイートしたけど、かなりいい内容なのでさらに。ほんと何も束縛させたくない。
@dot_asahi_pubから

遺伝子で決められた~って話はキラ様思い出してしまう( ;゚³゚)
明快かつ、わかりみが深い
遺伝子には勝てない。いい意味で。

@dot_asahi_pubより
いい記事だが、なんというか教育って何ということを問いかける様な感じ。遺伝要素って、大きいんだなぁ。

記事本文: 「早期教育は意味がない」慶応医学部教授が指摘、その理由とは (1/7) 〈出産準備サイト〉|AERA dot. (アエラドット)

関連記事

画像で見る主要ニュース