TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > 生活保護は誰のた...

生活保護は誰のための制度へと変わるのか? 厚労省・課長会議で明らかになった新たな運用方針 ――政策ウォッチ編・第20回|生活保護のリアル みわよしこ|ダイヤモン

24コメント 登録日時:2013-04-05 00:45 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

2013年3月11日、厚生労働省・社会・援護局関係主管課長会議が開催された。生活保護を中心とした援護政策について、次年度の厚生労働省方針が、全国の自治体から集まった担当部署の課長たちに示される場だ。 その場では、いったいどのような方針が示されたのだろうか?また、2012年4月から今年1月まで12回にわたり開かれた「生...

Twitterのコメント(24)

みわよしこ『当事者〔生活保護受給者〕の市場価値の底上げを行うことが必要なのではないだろうか? 困難な状況そのものに対処せず「仕事を選ばず、低賃金でも働け」では、何も解決しないように思えてならない。>
生活保護は誰のための制度へと変わるのか?
生活保護は誰のための制度へと変わるのか?
グーグルもヤフーも「生活保護」のキーワードでニュース検索すると不正受給だらけ。これを恣意的と思わないほうがおかしい。|政策ウォッチ編・第20回|生活保護のリアル
『当事者〔生活保護受給者〕の市場価値の底上げを行うことが必要なのではないだろうか? 困難な状況そのものに対処せず「仕事を選ばず、低賃金でも働け」では、何も解決しないように思えてならない。>
生活保護は誰のための制度へと変わるのか?厚労省・課長会議で明らかになった新たな運用方針|ダイヤモンド・オンライン
"このような少数の事例に対して…対策を強化するのは、筆者には「大げさ」に見える。もしかすると…警察OBの再就職先確保なのかもしれないが。" -
誰の為の「適正化」か?生活保護が受けられない弱者を増やせば、社会は暗澹たるものになる>活発な質疑応答が行われるわけでもなく、ただ、厚生労働省の人々が話し、参加者たちは聴くのみ> RT @dol_editors:生活保護は誰のため?
強調される不正受給に違和感→ みわよしこダイヤモンド・オンライン
「その生活保護受給者が、さまざまな理由により、労働市場に求められる人材ではなくなっている」のだから、50歳以上となるとなおさら再就職は困難である。→ 生活保護は誰のための制度へと変わるのか?|ダイヤモンド・オンライン
"これが会議?"→ "@miwa_chan: 公開開始です。> みわよしこ|
【記事】 みわよしこ
怖いな "「退職 した警察OBを福祉事務所内に配置」、 すなわち、警察OBの再就職先確保なの かもしれない"。 政策ウォッチ編・第20回|生活保護のリアル "
厚労省課長会議で明らかになった新たな運用方針、適正化の名のもとに変質しようとする生活保護行政 なぜか強調される不正受給対策と受給者の就労支援強化である。
生活保護のリアル
不正受給の悪質なケースの急増を厚労省は否定しています。 一方で同省が「収入があるのに申告していないケース」とひとくくりにしたり「適正化」を強調するため、実情がわかりにくいように感じます。
村木氏はやはり有能だったのですね。あちらの世界では。→ ―政策ウォッチ編・第20回|生活保護のリアル みわよしこ
ネット系世論の言う「不正」と実際に問題視している「不正」に大きな開きがある /  みわよしこ|
目的は警察官OBの再就職先確保? ●
ド・オンライン
まー、行政の「会議」だから、というか、生活保護は国の事業だからなー。あんまり地方分権になりすぎると、それはそれでいいことばかりでもないかも。 /
第20回 生活保護のリアル @dol_editors 雇用する側、される側、雇用する側(中間層納税者・正規雇用側)の制度。教育は新卒者で足り、サービス業は男性には難しく客も望まず。
誰もが「いざというときにはコレがある」と安心できるような制度になって欲しいものです。→ ―政策ウォッチ編・第20回
以上

記事本文: 生活保護は誰のための制度へと変わるのか? 厚労省・課長会議で明らかになった新たな運用方針 ――政策ウォッチ編・第20回|生活保護のリアル みわよしこ|ダイヤモン

関連記事

画像で見る主要ニュース

54.196.213.0 ec2-54-196-213-0.compute-1.amazonaws.com