TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > メガソーラー建設...

メガソーラー建設反対運動が続発、太陽光発電は本当に「エコ」か | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

33コメント 登録日時:2018-11-09 06:26 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

「エコ」のイメージが強い太陽光発電。しかし今、全国各地でメガソーラーの建設とそれに対する反対運動が起きている。景観地としても有名な長野県・霧ヶ峰の麓でも、住民の反対運動が過熱。なぜ、このような事態が頻発するのか。...

Twitterのコメント(33)

結局は水力発電と同じ、そのものはCO2を(多くは)排出しないけど、大規模なものを作るのであれば地形を破壊せざるを得ないし、森を切り崩すのなら本末転倒だ。
間違いなくエコデス。ご当地入手のエネルギーがエコでない理由はありえない…またマスゴミか?
立憲民主党の枝野幸男、菅直人、長妻昭、福山哲郎、蓮舫、辻元清美、菅直(敬称略)、
こんな問題が出てますよ!
何とか草の根民主種で解決しましょう。
←Looopは旧電力より将来志向かと期待していたが残念な記事だ。大規模化は利潤追求には良いが安定供給には不向き。小規模分散こそ災害大国のビジョンとすべき。
>国定公園もある長野県・霧ヶ峰の近くに立ち上がった計画で、事業面積196.5ha、東京ドーム約40個分の土地に、ソーラーパネルを31万枚並べるもの

メガソーラーはエコでも何でもない。クズの「エゴ」にしか思えん

自然を壊し、送電網に負担を掛け、電気代は各家庭に。誰得?
休耕田に設置するならまだしも山野を切り開いてまで設置するのは良くない。直ちに止めるべきだ。切り開いた後に雨が降り法面の崩壊を見かける。屋根や屋上に。
湯布院でもたしか揉めてた。しかし、『観光立県として、メガソーラー施設により国内外の集客が期待できる』ってめちゃくちゃだな。
個別の開発案件に対して歯止めをかけるのは1つ。もう1つは大本を止めること。FITをなくすか、補助金をもう少しまともの水準にまで抑えるように国の制度を変える
「Looop(記事中の開発会社)の方は当初、『観光立県として、メガソーラー施設により国内外の集客が期待できる』と話していました」
あの無味乾燥なパネル群を観光したいと思う人間なんているのか。いかに地元を無視して乱脈な開発を進めようとしているかがわかる良記事
「無用な"原発反対"」が拱いたうましかな「弊害」でしょ!!(超激爆笑WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW)
皆さんに読んでいただきたいです
お願いします
問題の一部ですが認識いただければ
エゴではありますね。
元々太陽光発電システムは、宇宙船や灯台など、自己完結する用途に開発されたもので、ましてメガソーラーのために山の木を切るなど本末転倒だ、と思います。・・・
ただの環境破壊です
個別案件対応は大変なので土地利用計画でゾーニングした方が良いと思う。基本は再エネ設備を建てないというドイツ式から学べることはあるでしょう。
ただ、太陽光が想定外(そもそも想定があったのか)に増えたことと出力制御は関係ないですよね。
「真澄」が好きだし、霧ヶ峰周囲の風景も好きだ。しかし、海岸に大煙突の発電所があるのは良くて、山にソーラーが建つのは景観破壊というも腑に落ちないところはある。本当は消費地たる都会で発電すべきだが /
「事業を通じて、より安全な自然環境を実現するというのがLooopの考え」
「観光立県として、メガソーラー施設により国内外の集客が期待できる」
先日、茅野市で開催された「全国メガソーラー問題シンポジウム」の模様を中心としたルポです
自然破壊著しい。エコであるハズがない。
#エゴだよそれは
ダイヤモンドは太陽光発電コストの間違い記事を平然と載せ、総つっこみくらい引っ込めていたが又、懲りもせず再エネdis。

メガソーラー建設反対運動が続発、太陽光発電は本当に「エコ」か(ダイヤモンド・オンライン)
エコでなくエゴ。
自己満。
災害が起きてもこんな無責任な連中は想定外と嘘ついて逃げるだけ。
"諏訪市四賀のメガソーラーも、当初は東日本土地開発という企業が事業権利を持っていた。それをLooopに権利移管した形となる" /
まったく付け焼刃の欠陥制度に群がった環境破壊業者どもメガ|
"太陽光発電は本当にエコなのか。それ以上に、メガソーラーは本当にエコなのか。今こそ真剣に議論すべき問題ではないだろうか。" こういう環境破壊はいますぐやめてほしい。買い取り価格下げようぜ。 / "メガソーラー建設反対運動が続発、…"
これだけ木を切って土削って太陽光発電所を作ろうとするのは、そういうコストをかけて作っても儲かるから。つまり、買い取り価格を下げてしまえばこういうことはできなくなる。できなくすべし(買い取り価格下げまし
造成したけど売れない工業団地や廃業したゴルフ場、荒れ地になった農地などは太陽光発電に向いていると思うが、山林削ってというのは違うと思う。
--
日本で太陽光発電は屋上・屋根上以外無理だと思っていたら、
まさか山を削って斜面に設置するようになるとは。
孫正義と民主党政権の負の遺産です。
対策には、近隣住民の皆さんの反対運動が有効だと思います。
→『事業面積196.5ha、東京ドーム約40個分の土地に、ソーラーパネルを31万枚並べる』、あまりにも環境負荷が大き過ぎる。拙速なFIT制度の弊害。
うーん、太陽光発電に投資して片棒担いでいる身からすると悩ましいな / (1 user)
太陽光発電がエコロジーでもエコノミーでもある筈が無いでしょう。そろそろ、こんな愚行は止めるべき。

法整備もない、金のためのメガソーラー 九電の件もあるけど、日本全体でのエネルギー政策が無いから問題がおきる。
広範囲の地表をパネルで覆い尽くすメガソーラーがエコであるとは思えない:
大規模に森林を伐採するメガソーラー計画に反対運動が全国で続発。工事で排出される大量の"残土処理"にも懸念。有井太郎さんのコラム。  発電の方法自体は確かにクリーンだが、森林を伐採して、地域住民を不安にさせてまで造るメガソーラーはエコなのだろうか。
以上

記事本文: メガソーラー建設反対運動が続発、太陽光発電は本当に「エコ」か | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

関連記事