TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > なぜ、「勉強がで...

なぜ、「勉強ができる人」は「仕事ができない人」になってしまうのか | なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか | ダイヤモンド・オンライン

37コメント 登録日時:2018-11-09 08:32 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

残念な人、一流の人、その差は紙一重 ――あなたの成長を阻む「7つの壁」を打ち破り、人生を拓くための「7つの技法」とは。 田坂流「成長の思想」をまとめた最新刊『なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか』より、本文の一部を紹介する。...

Twitterのコメント(37)

優秀な人が陥る3つの落とし穴に「学歴、実績、立場」があるそう。

これを言い換えると
学歴→プライド
実績→慢心
立場→安定
になると思う。

要は成功したいなら
"安定を求めず、プライドと慢心を捨ててる"のが良いんですね😊
ほぼ同意。優秀というか成長している人、そして企業も「あれ?あの人(会社)、いつの間にこんなこともやってるの?」という感じで成長することができればいいなと思っている。10年前と全く同じことをしている人(企業)はそれはそれで立派ではあるが>>
過去の栄光にしがみつくことほど、成長を止めるものはない。直観的判断は、教養に加えて、日々の行動&失敗&反省によって作られる経験によって生み出されるのでは…。
よくある話ではあります。
「勉強ができる人」の最低ラインがどこらへんか知りたい //
これよい。/
学校で評判良い子が社会で見えなくなるのはコレ→
>仕事の世界においては、「論理的」に考えて答えが出る問題よりも、感覚や勘といった形で、「直観的」に判断しなければならない問題が多い

論理を詰めた先に直観があり、直観を論理的に成立させたり。何より実現までこぎつける力が求められるのが仕事だよなと。
なるほど。肝に据えて精進いたします。
なかなか読み応えのある面白い記事かと。
本当にタイトル通りになっているデータってあるんですかね? /
学校での優秀と社会での優秀は別のもの。いかにリセットし、新しい自分に切り替えられるか。日々チャレンジですね^ ^
単に勉強のできる才能と仕事ができる才能との相関がそれほど強くないだけじゃないのかな
フットワークの軽さと「とんち」が重要かなぁ。
勉強も仕事も出来ないんですがそれは…
評価機構を他人に任せることで、その中で都合のいい人になってしまう。学歴は最たる例。実績や立場が「自覚」を生むがそれは自覚させられていることにもなる。自分の気の向くままに生きていい時代だからこそ「衝動にかられる」くらい内なる自分に素直になろう。
単純に「事務能力」と「マネジメント能力」は違うという話なだけでしょ。「適材適所」で考えれば「賢い人」で「仕事出来る人」は沢山いる。
何かもっともらしいこと書いてるけど、武器は多いに越したことはないし、論理的思考力も直観力もあった方が望ましい。勉強もできないよりできた方が良い。当たり前の話。
本文より「第1は、「学歴」という落し穴。第2は、「実績」という落し穴。第3は、「立場」という落し穴。」
なるほど・・・。
「なぜ、「勉強ができる人」は「仕事ができない人」になってしまうのか」
ダイヤモンド
これもよくある記事だけど、分析が深めだ
なってねーしwまぁ田坂先生はそうなのかもしれんけどね。>
いろいろ言葉ならべてるけど勉強ができる奴が仕事ができるとは限らないけど勉強ができる奴のほうが仕事ができる可能性は高いと思うよ。こういうビジネス系自己啓発みたいな意味のない記事おおいよね。
全国模試で3年連続トップ、東大卒の片山さつきどうでしょう、しらんけど。 / "184594"
全然違う。現代社会では人とのコミュニケーション力、モチベーションマネジメント力が仕事の優劣を決める。これは受験勉強では全く評価されてない。なぜこんな簡単な事が分からんのか。 / "184594"
なぜ、「勉強ができる人」

簡単なことだよ。
資本主義階層社会の
アメリカと比べれば
(そこに合理性がないから)
だから学歴主義つっても
有権者や企業の質が違うだろ。
逆に自分は日本にはまだまだ
ないものが多すぎると思うがね。
新しい気もする考え方。
そんなことないでしょ。全員がそうじゃない。タイトルづりしてる感じもある。 /
この記事すごい。日々実感していることが端的に具体的に書かれている。~
「学歴的優秀さ」と「職業的優秀さ」は違う。
仕事では、「論理的」に考えて答えが出るよりも、感覚や勘で、「直観的」に判断が多い
煽りタイトルや炎上タイトルで目立つっていうこの手口はいつまで続くんだろ?もーうんざりなんだが。 /
田坂広志先生の記事。

論理的思考力だけじゃなくて、直感的判断力と、智慧の習得力もしっかりつけていきたい
むしろこっちのほうが多いよね>「自分が職場で評価されないのは、学歴が高くないからだ」と考え、懸命に専門知識の勉強をして、「学歴」の代わりになる、様々な「資格」を取ろうとする人
学歴がある人にはそれだけ期待値が高い裏返しではないか。 →
確かに成功体験にすがるように生きることはマイナスでしかないですよね。
仕事ができる人
『直感的判断力』と『知恵の習得力』

満足したら終わり。資格や肩書き、学歴にしがみついてはいけない。
以上

記事本文: なぜ、「勉強ができる人」は「仕事ができない人」になってしまうのか | なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか | ダイヤモンド・オンライン

関連記事

関連記事は見つかりませんでした。