TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > 大塚家具を創業家...

大塚家具を創業家の手で建て直すことは、本当に不可能か | 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 | ダイヤモンド・オンライン

10コメント 登録日時:2018-08-10 07:27 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

大塚家具の経営が崖っぷちだ。同社は「身売り報道」を否定しているが、これまでの業績下方修正に関する発表からは、売却交渉の様子が垣間見える。いったいなぜ、こんなことになってしまったのか。創業家が会社を蘇らせることはできないのか。...

Twitterのコメント(10)

ここから学ぶことはすげー多い。
トップが変われば全てが変わる!
中〜低価格カテゴリーのニトリやIKEAにごそっと顧客を奪われた印象だけど、構図的にはTV市場に似てる気がする。家具というハードの機能を根底から見直してみるのもいいんじゃないか。/
何をもって「立て直した」と判断するか、評価基準の値によるけどなw
大塚家具がどうしてこれほど注目されるのか、さっぱりわからない。
業績不振の会社、不渡りを出す会社、いくらでもあるだろう。
大塚家具の親子喧嘩の事例は世界中のビジネススクールでケーススタディのネタにされると思う。
どこも特集している。
※今の家に引っ越したときに、いろいろ家具をそろえたのが大塚家具だった。あのお家騒動の影響は少なくなかったんだろうなぁ、、、いろいろ残念
コミットラインがもうおそらく機能しないであろうこの期に及んで、まだ特別利益を計上することは、会社の資産内容を事業に関係するものだけに絞って身ぎれいにすることを示唆している / "大塚家具を創業家の手で建て直すことは、本当に不可能…"
以上

記事本文: 大塚家具を創業家の手で建て直すことは、本当に不可能か | 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 | ダイヤモンド・オンライン

関連記事