TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > イージス・アショ...

イージス・アショアが吹っかけられた「高い買い物」に終わる理由 | 田岡俊次の戦略目からウロコ | ダイヤモンド・オンライン

46コメント 登録日時:2018-08-09 06:09 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

米国から購入を決めた「イージス・アショア」の配備費用は当初から3倍近くに膨れ上がったが、防衛力強化につながるのか、費用対効果は疑問だ。イージス艦のミサイル装備を充実する方がはるかに現実的だ。...

Twitterのコメント(46)

田岡さんもこう言っておるぞ・・・
事実誤認が幾つか見受けられる記事だけど、ポーランドのイージスアショアはSSRではなくSPY-1で見積もられてる筈だよね。日本のより安くて当然では
米国側が当初は低い見積もりを日本側に示し、政府がそれを元に採用を決めて一部の予算が付き、後もどりしにくくなったのを見計らうように米国が価格をを吊り上げた例は枚挙にいとまがない。代金は前払い、米側は一存で契約解除もできるから米国はやりたい放題。 田岡俊次
イージス・アショアが吹っかけられた「高い買い物」に終わる理由/田岡俊次 
*米軍の下部組織である防衛省は米兵器の価格UPを抑える力は無く寧ろ予算増に寄与の疑惑さえある!イージスアショアは当初の約3倍の4660億円だが北&中国の同時多発ミサイルを落とせないのが問題!
防衛費の支出があまりにも突出的です。
「こんごう」型イージス艦は、…ミサイル迎撃用の「SM3ブロック1A」を8発ずつしか積んでいない。…北朝鮮が核付きと火薬弾頭付きのものを交ぜて多数、発射すれば、日本のイージス艦はそれに対し8発の迎撃ミサイルを発射すると、「任務終了、帰港します」となる。
8隻に増やしても搭載彈数に限りあるのは同じで、ランニングコストはイージス艦の方がかかりますが?
" 「そんな物に何千億円も投じるより、イージス艦やPAC3の迎撃用ミサイル弾数を増やす方が合理的では」ミサイル防衛関係の自衛隊上層幹部達の答えはほぼ例外なく「仰言る通りです」と "
─ | 田岡俊次|DOL
こんなアメリカに押し付けられて、いざと云うときに何の役にも立たねえガラクタに、とんでもねえ税金を棄てるなら、、、
小中高にクーラー入れるとか、被災地にまともな支援するとか、、、もっとすることあるよねえ(涙)😢
何が問題かわからない。
北朝鮮の脅威も薄れて、これは絶対に要らないだろ。
イージス・アショアが吹っかけられた「高い買い物」に終わる理由:田岡俊次 「米国側が当初は低い見積りを示し、日本政府がそれを元に採用を決め、予算が付き、後戻りし難くくなったのを見計らうように米国が価格をを吊り上げる例は枚挙に暇がない」…
アメリカの武器商人に使えない兵器を高い金で売りつけられるってパーレビ国王時代のイランじゃん。
日本政府には商売上手(例のディール)な人材はいないのか。
では 代替案を申して下さいませ😍
@iwakamiyasumi「米国側が当初は低い見積もりを日本側に示し、政府がそれを元に採用を決めて、一部の予算が付き、後もどりしにくくなったのを見計らうように米国が価格をを吊り上げた例は枚挙にいとまがない」と田岡俊次氏


まぁぼられてる!という表現以外、思いつきませんが。。。。本当に必要か?本当に機能するのか?イザとなれば、最初に攻撃されてTheEndなのでは?にしても、全体戦略のない行き当たりばったりだってコトね。
田岡元帥曰く「イージス・アショアに数千億円費やす前に、現状のイージス艦に装備するSM-3の数(1隻あたり8発)を増やすべき。そのほうがまだ効果的」たしかに。
「イージス・アショアに何千億円も投じるよりは、イージス艦やPAC3が保有する迎撃用ミサイルの弾数を増やす方が合理的ではないか」とミサイル防衛関係の自衛隊上層幹部達に言うと、ほぼ例外なく「仰言る通りです」との答えが返ってくる。/
米政府の裏にロッキード・マーチン有りですね‥。

日本は何も言えないので、アメリカの手法の言いなりになるしかないでしょうね‥。
タカリが、国規模になっただけで、
その辺のカツアゲと変わんない。
ジャイアントのび太の関係は
ドラえもんが来ても変わらないんかなー
それでも、アホな国民は自民党支持。。。ww
イージスアショアなどやめて、国内の防災対策に回すべきだ。ホント、バカバカしい。
この自称軍事ジャーナリストは「普段搭載してるミサイル数」と「有事の際に搭載するミサイル数」の区別つかないの?常にフルロードはない。
防衛大臣殿「相手のミサイルが数百発もあるのに、こちらは4発では「防譲能力の抜本的向上」は虚偽の宣伝と言うしかない。」ミサイルの数が足りないといってますよ―。

-
2基で1600億円程度のはずが本体2基だけで2680億円で68%も高くなり、維持費などを入れると4660億円で当初の話の2.9倍になる。1発約40億円とされる「SM3ブロック2A」24発ずつ2ヵ所(計約2000億円)や一部の用地の取得、整地、隊員の宿舎、教育訓練費は含まれていない。
→日本に於ける米軍が未だに『占領軍』と同等な事が大間違いの基本にある。独伊はとっくに地位協定を見直し、主権を取り戻しているのに。
防衛装備品の調達に関する日米の関係は「F2開発の頃から変わらない」と言う人が多いが、むしろ、年々追従的になっている。
「イージス・アショアに何千億円も投じるよりは、イージス艦やPAC3が保有する迎撃用ミサイルの弾数を増やす方が合理的ではないか」とミサイル防衛関係の自衛隊上層幹部達に言うと、ほぼ例外なく「仰言る通りです」との答えが返ってくる。
社会インフラ整備を「高い買い物」と評する感覚が残る限り不景気はなくならないし、年収三百万世帯が年収二百万世帯になるのも、宜なるかな、というところ。
こういう記事をマスコミが描き続ける限り、日本の景気はよくならないし、貧困は拡大する。
トランプ政権の言うまま、「イージス・アショア」は安上がりと信じて、自衛隊が求めてもいない装備の導入を急遽政治主導で決めたのが誤りだった
イージスは役に立たないって言いながら、イージス艦のミサイル数増やせって矛盾してるだろ?
イージス艦で運用する半額程度って話を知らないのか?
こうして日本国民の汗水流して稼いだ金がたれ流される事になるのか…。テレビのニュースでは知ることが出来ない情報だ。
武器は言い値でふっかけられ、陸上よりイージス艦の迎撃ミサイル購入費に回した方が効果的でお得だった。
自国で開発、量産できればもっと安上がりにできる。
それを拒んでいるの9条信者等の頭が左に傾き切った連中。
・アショア
が吹っかけられた「高い買い物」に終わる理由 |
あほシンゾーの一番大きな無駄遣い
どのツラ下げて、負の遺産を後世に残すつもりか、何が三選だ
だから、世界中の軍隊はミサイル基地を攻撃される前に破壊する戦法を取るわけでしょ?

それが法的にできない日本は高い代償を支払わざるを得ない。
これ全て安倍の責任。米国のポチになってしまった。もっと国内に優先されるべき課題は山積みだ。早く安倍に辞めてもらわないと大変だ。
全部落とせないなら意味ないと馬鹿だな
小野寺防衛相は「1つ大体800億円」と答弁していた。しかし本体2基だけで2680億円で維持費などを入れると4660億円で当初の2.9倍になる。
自称愛国保守の人達は米国に資金援助するのが好きだよな。必要悪と捉えているのだろうか? それとも払っている税金が少ないから関係ないのかな?
安倍の詐欺外交の成果だな。
懲戒免職だろ、普通は。トランプに物言える??ゴルフでズル見逃してね、ってだけやないか!糞野郎。
トランプ政権の言うまま、「イージス・アショア」は安上がりと信じて、自衛隊が求めてもいない装備の導入を急遽政治主導で決めたのが誤りだった。田岡俊次さんのコラム。  「有償軍事援助」では、価格も納期も米政府の見積もりにすぎず、米側はそれに拘束されない。
当初は「イージス・アショア」は1基約800億円のつもりだった。だが、それを陸上に配備すると本体だけで1基1340億円に跳ね上がる。
以上

記事本文: イージス・アショアが吹っかけられた「高い買い物」に終わる理由 | 田岡俊次の戦略目からウロコ | ダイヤモンド・オンライン

関連記事

画像で見る主要ニュース