メルカリとLINEが赤字でも宣伝広告・AI人材に巨額投資する理由 | 週刊ダイヤモンド特集セレクション | ダイヤモンド・オンライン

10コメント 登録日時:2018-08-08 07:15 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

利益や売上高といった目先の経営数字に振り回されていては、事業環境が激変しやすい時代で成功はおぼつかない。日本の有望ベンチャーは赤字決算の裏で大胆な先行投資をしている。...

Twitterのコメント(10)

"両社はいずれも「営業CFがプラス、投資CFがマイナス、財務CFがプラス」という積極投資型" /
原価の安さ 売上の64%広告宣伝費「
投資すべきとこよね
利益や売上高といった目先の経営数字に振り回されていては、事業環境が激変しやすい時代で成功はおぼつかない。日本の有望ベンチャーは赤字決算の裏で大胆な先行投資をしている。
"PL脳とは、目先の売り上げや利益を最大化することを目的視する、短絡的な思考態度を指す"
CFで見た会社のタイプ、めっちゃ分かりやすいなぁ。メルカリもLINEも積極投資型。

(ダイヤモンド・オンライン)
わかりやすい...気がする
このPL脳って、安倍晋三も当てはまる
投資すべきはココだよね
以上

記事本文: メルカリとLINEが赤字でも宣伝広告・AI人材に巨額投資する理由 | 週刊ダイヤモンド特集セレクション | ダイヤモンド・オンライン

関連記事