TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > 自殺未遂を繰り返...

自殺未遂を繰り返す「苦登校」の後遺症、彼の心は誰が壊したか | 「引きこもり」するオトナたち | ダイヤモンド・オンライン

12コメント 登録日時:2018-07-12 08:37 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

「今でも学校を見ると、恐怖感が蘇る」と明かすのは、首都圏に住む30歳代男性のAさんだ。彼はひどいいじめに遭いながらも、学校を休むことができなかった「苦登校」の記憶に苛まれて生きている。その後遺症は想像以上に深刻だ。...

Twitterのコメント(12)

@iZmFt1Qy5WujNIW でツイート検索する気も、起きないし 不登校は不幸じゃないの主催者のサイトも見に行けないと思います。なぜなら、それを見る勇気があったら、今こうしていないはずだからです。・自殺未遂を繰り返す「苦登校」の後遺症
こんな目に遭わせたくないから、行きたくないなら行かなくていいよ?ってスタンスでやってます。
記事を掲載しました。
①登校拒否児:官僚的上から目線で昔の言い方、子ども目線無し
②不登校児:官僚的、子ども目線無し
③苦登校児:子ども目線、本質的
「親は、考えることを面倒くさがった。学校は、子どもの特性に合わせることを面倒くさがった。精神医学が、薬以外の治療を面倒くさがった。その他の支援者や家族に向き合うことを面倒くさがった。…
学校とは元来イギリス帝国主義の産物であり、非人間的な施設だよ。
誰もちゃんと助けないんだな。。>
自殺未遂を繰り返す「苦登校」の後遺症、彼の心は誰が壊したか(ダイヤモンド・オンライン)  こえええええええ!!!!マジ、こええええ!!!
よく生きてられるな
子どもが「疲れる」ことについて、ちょっといま真剣に考え中なので、勉強になる。
とてもよく分かるよ。でも、それでは退屈に殺される。ずっと生きるには。
不登校や「引きこもり」という状態が問題であるかのような空気はいまだに根強くある。しかし学校時代「苦登校」を続けてきたことによる後遺症のほうが、後の「生きづらさ」につながる深刻な影響をもたらしている。
以上

記事本文: 自殺未遂を繰り返す「苦登校」の後遺症、彼の心は誰が壊したか | 「引きこもり」するオトナたち | ダイヤモンド・オンライン

関連記事