ダイソー、利益1円でもメーカーが日参する「規模の力」の凄まじさ | 今月の主筆 大創産業会長 矢野博丈 | ダイヤモンド・オンライン

15コメント 登録日時:2018-04-16 06:30 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

高度成長期の仕入れ値高騰に苦戦し、デフレ期も売価の上限が「100円」に決まっている中で価格を据え置いたまま、ダイソーが100均商売を続けてこられた理由とは。大創産業矢野会長が語る連載第3回。...

Twitterのコメント(15)

あー、確かにこれはオモロイな。~
これは。。。

>結局、40年間、経営計画書なるものを作らないまま今日まで来た。作らないのではなく、作れなかったのだ。売り上げというのはお客さまが作るものであって、われわれが勝手に決...
どんな業種でも突き抜けてるとホント面白い。自社製品が9割のダイソーは「在庫は宝」派。販売も仕入れも流通も一瞬というイメージ。計算なんかしないでどんどん商品を流す。その流れこそが面白...
スケールメリットがすごすぎ :
「売り上げというのはお客さまが作るものであって、われわれが勝手に決められるものではない。なまじ経営計画なんかを作ると、それを達成するために無理をすることになる。結果的にお客さまからソッポを向かれる可能性がある。」
うちはダイソーの商品で溢れてます。食器とか日用品とか、とにかく安いですもんね。買い物しまくり。
論理的ではないように見えるこのビジネス。規模の論理 /
この人のコラムいつもネガティブでおもしろい。
ドラマ化したら面白そう
採算度外視でも「良い物」を提供し続ければ勝つ。我々は特に物売りじゃないぶん余計に強く思うね。日々より良い商品開発。
"ダイソー、利益1円でもメーカーが日参する「規模の力」の凄まじさ(ダイヤモンド・オンライン)- ずっと「ダイソーは不良在庫を抱えてつぶれる」と噂されてきたが、今でも私は在庫こそが宝だと信じている"
矢野さん凄いよね、尊敬する。
たしかに、これも100円!っていつも驚かされるのはダイソーさんな気がします
以上

記事本文: ダイソー、利益1円でもメーカーが日参する「規模の力」の凄まじさ | 今月の主筆 大創産業会長 矢野博丈 | ダイヤモンド・オンライン

関連記事

画像で見る主要ニュース