TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > 放射能汚染は生産...
56コメント

まもなく、東日本大震災から1年が過ぎようとしている。あの日から失われた「職」と「食」の安定は、いまだ取り戻せないままだ。 農林水産省のホームページによると、震災関連の被害農地推定面積は2万3600ヘクタール、農林水産関係の被害額は2兆3704億円に上る。福島第一原子力発電所の事故に伴う食品中の放射性物質に対する漠然とした不安は、今も消え...


Twitterのコメント(56)

茨城の有機農家と、漁師の震災後の対談。農業、漁業を排斥する近代化の果てに原発事故があった。文中の腐葉土がセシウムを吸着する仕組みについては、魚住さんがその後論文書いています。
有機農業の実践農家が語る!堆肥を使った腐植土がセシウムを取り込み、作物に吸収されにくいことがわかってきた。作物の測定値はND(検出限界以下)になっている!...
☆少し古い記事だが、読み応え有り!【 漁師&農家が語る「原発事故」と「生産者のいま」】"見えない敵"と闘い続ける漁師×農家対談 前編 後編
漁師&農家が語る「原発事故」と「生産者のいま」
漁師&農家が語る「原発事故」と「生産者のいま」|食の安全| ★まずは東電正規雇用とOB、役立たず安全委や保安院の取り分を生活保護以下に下げて補償すべきと思うけど。(ついでに内閣4名を投獄)
感情論ではなく定量的に評価判断されている.いいコラム.○
放射能汚染に立ち向かう漁師と農家。 →
ご主張には多少首をひねるところもありますが、現場の方の切実さが伝わります… /
【放射能汚染は生産者の暮らしをどう変えたか】放射性物質は、循環に乗って運ばれてしまう。「自分だけ良ければいい」という発想で処理すると、それは巡り巡って再び人間へと返ってくる結果にもなりかねない。「除染」は、かなり慎重にしなければならない⇒
必読です。RT @dol_editors: [週末の注目コラム]放射能汚染は生産者の暮らしをどう変えたか漁師&農家が語る「原発事故」と「生産者のいま」 - 職あれば食あり
漁師&農家が語る「原発事故」と「生産者のいま」――"見えない敵"と闘い続ける漁師×農家対談【前編】
(DIAMOND ONL)大野 漁業の場合、今の方が1年前より深刻だよ。忘れもしない今年の1月15日の午後9時、NHKスペシャルが「水」を介した放射能汚染について報じた。報道によると、東京湾に流入する河川にセシウムが…
(ダイヤモンドオンライン)
1月15日のNスペ放映後、初めて東京湾の漁業関係者の声を聴いた。それによると、三番瀬付近の可動堰を止めたまま汚泥を回収すれば被害は未然に防げるという。それを国交省、環境省、農水省に提案したらたらい回しにされたという。どうなってんだ国は!
1月15日のNスペ放映後、初めて東京湾の漁業関係者の声を聴いた。それによると、三番瀬付近の可動堰を止めたまま汚泥を回収すれば被害は未然に防げるという。それを国交省、環境省、農水省に提案したらたらい回しにされたという。どうなってんだ国は!
実は数少ない現場を背負う人の現実的な議論。ご一読を。/ @dol_editors
ダイヤモンド『漁師&農家が語る「原発事故」と「生産者のいま」』興味深い内容。
一読、必読_
@これからの農業は経験と勘ではなく、論理的に科学的にやらないといけないかもね。
こういう生産者がいるんだから、政府がしっかりすればちゃんと安全な食べ物できるんじゃないかな?? //
漁師&農家が語る「原発事故」と「生産者のいま」|食の安全|
漁師が語る原発事故船橋は日本で一番スズキが獲れる。セシウムはまだ江戸川と荒川の河口付近に留まっている。江戸川から東京湾へと水が流れ込む三番瀬付近には可動堰がある。それをせき止めたまま汚染された泥を回収すれば、被害は未然に防げるはずだ。
被害が出る前になんとかしたい生産者と被害がでるまでは動きたくない政府。
このあいだを埋めるには?
「調査します」ばかりで、誰も責任をとろうとしない。
1950年代から問題となった水俣病では、獲った魚をコンクリート詰めにして埋めたんです。原発事故とはやや性格が異なりますが。
縦割り行政ってやーねー。。 RT @dol_editors: [新着記事]放射能汚染は生産者の暮らしをどう変えたか漁師&農家が語る「原発事故」と「生産者のいま」 - 職あれば食あり
放射能汚染は首都圏の生産者の暮らしをどう変えたか? 漁師と農家が語る「原発事故」と「生産者のいま」 『と闘い続ける漁師×農家対談』
『1ベクレル前後まで計測できるゲルマニウム半導体検出器を購入するには、約1500万円』かかるとのこと。RT @bizmediawatch: 放射能汚染は生産者の暮らしをどう変えたか漁師&農家が語る「原発事故」と「生産者のいま」 …
漁師&農家が語る「原発事故」と「生産者のいま」――"見えない敵"と闘い続ける漁師×農家対談【前編】(ダイヤモンド)
農業ニュース//放射能汚染は生産者の暮らしをどう変えたか
以上

記事本文: 放射能汚染は生産者の暮らしをどう変えたか 漁師&農家が語る「原発事故」と「生産者のいま」|食の安全|ダイヤモンド・オンライン

関連記事

20コメント 2013-03-03 07:40 - www.tokyo-np.co.jp

東京電力福島第一原発事故を受け、出荷制限が続く県内産原木シイタケ。農家は出荷できないだけでなく、大量に仕入れた原木の処理が重荷になっている。(佐々木香理) 生い茂る木々に囲まれ、昼間でも薄暗い山武市内の原木シイタケ栽培の施設。何も置かれていないスチール製の棚が雑然と並んだ脇に、原木にするはずだったコナラの丸太が山積みされている。「放射能汚染で使えない。でも、捨てるにも捨てよ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース