TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > フランスから見た...

フランスから見た、日本の働き方改革に足りない視点 | 永田公彦 パリ発・ニッポンに一言! | ダイヤモンド・オンライン

15コメント 登録日時:2018-02-12 07:13 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

働き方改革による法整備でも、日本の悪しき労働慣行が大きく減るとは思えません。理由は、この100年、働き方改革についての議論や対策の際に、「文化」という根本的な視点・論点が欠けてきたからです。...

Twitterのコメント(15)

ものすごい期待を煽るコラムの書き方だなぁw
詳しくは次回の記事からって・・・
生産性や国民性もあるかもしれませんが、「良いなぁ」と思ったらその国の働き方の方が個人には"合ってる"のかもしれませんね。
フランス、良いなぁ / - 永...
欧米参考にするのは良いけど100年たっても日本人の気質や文化性に巧く落とし込めてないよ、というお話。
日本人の間で顕著かつ広範に見られる文化的な傾向(その多くは、社会の同質性や内向的な集団性からくる)は何なのか、自分たちの労働環境にどう影響を与えているのか」
日本における労働慣行については、その是々非々もあるだろうし、大きく改革よりは小さく1歩の繰り返しなんだろうな。
労働環境は変わらんだろうな
残業しないは悪だからね。
- | ダイヤモンド・オンライン
サービス残業はほんまダメですよね。会社を経営する側になって一層わかりましたが、従業員にとっても会社にとってもほんまにええことないです!
残業無くそうとしたらジタハラとかいうワードが作られるような職場が出る時点で根本から残業に対する考え方を改めて原因を考えない限り日本の労働環境は変わらない
「厚労省の法案にある年720時間以内から、フランスの年220時間に少しでも近いものー」・・・ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
労働環境は以前より悪化しています。例えば、勤務問題が原因の自殺者数は、この30年で2.5~3倍も増えています。労災支給決定件数も、脳・心臓疾患によるものは横ばいとはいえ、精神障害によるものは右肩上がりに増えています(出所:厚生省)
いや、そもそも起動せんし… wineを業務で使うってそれこそ革新的な企業やろ。 > マックのOSの上でウィンドウズのアプリをインストールし更新を繰り返してきた。
外資系の企業で働いたことがありますが
そこでは残業する人間はだめな社員と
言われていて時間内に効率よく仕事を
する事が求められていました
30年何も本質は変わっていないという論者。

「これから日本人がとるべき道は2者択一。1つ目は、これまで同様、自分たちの文化に向き合うことなく、表面変われど本質変わらずの骨抜き改革を繰り返す。2つ...
改革の当事者である労働者(従業員、経営者、政治家、官僚等)の多くが、欧州とは異なる日本人の文化特性を考慮に入れていないから、日本では、悪しき労働慣行が100年も、根深くしかも広範囲に残る。永田公彦さんのコラム。
以上

記事本文: フランスから見た、日本の働き方改革に足りない視点 | 永田公彦 パリ発・ニッポンに一言! | ダイヤモンド・オンライン

関連記事