アマゾンは5年後、何をどこまで支配しているか? | イノベーション的発想を磨く | ダイヤモンド・オンライン

14コメント 登録日時:2018-01-13 08:05 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

アマゾンが最近、アパレル事業に力を入れているのをご存じだろうか。2016年、アマゾンはウィメンズ・アパレルのプライベートブランド「ラーク&ロー(LARK & RO)」を立ち上げ、欧米のアマゾンプライム会員限定で販売を開始した。アマゾンはその先に何を見据え、何を目論んでいるのだろうか。...

Twitterのコメント(14)

地方活性化のためにアマゾンは潰すべき!!>>
→アマゾンの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」採用率は、私の場合5%に満たない。それでも意味があるのだろう。
気になる〜笑👍
aからzへの矢印が目指すところの大きさを指し示す。Googleの親会社のアルファベット社と、屋号が示す意味が挑戦的なのが同じ。 / - イノベーション的発...
アマゾンがこのまま走り続けていくのはもはや避けられないものかもね。それならばその成長に合わせてできることをしていく方が賢明な選択になっていくだろうな。 / アマゾンは5年後、何をどこまで支配しているか?...
Googleやアマゾンは新興企業はおろか日本のトップSIerにとっても間違いなく脅威であるということ😌
なるほど!分かりやすくまとまった記事でした。
"アレクサ搭載のデバイスが実現する未来とは"
支配までとは言わないけど、影響はどこまであるのか気になる /
新事業のリスクを自社の強みでカバーできるほどの基盤が整ってる。また事業ポートフォリオによる資源配分はどのような戦略のもとで行われているのか気になるところ。
知らなかった。AmazonがアパレルのPBにも進出。
30年位以上前かな。当時のIBMが世界を征服するんじゃないくらいの言説があったけどうかな? ⇒
これも朝読んだ記事です よろしくお願いします
以上

記事本文: アマゾンは5年後、何をどこまで支配しているか? | イノベーション的発想を磨く | ダイヤモンド・オンライン

関連記事

画像で見る主要ニュース