TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > 水道事業の民間委...

水道事業の民間委託は「民営化」の成功モデルになる | 高橋洋一の俗論を撃つ! | ダイヤモンド・オンライン

30コメント 登録日時:2018-01-11 07:19 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

日本郵政の現状や商工中金の不祥事を考えると、特殊法人などの「民営化」が十分に成功しているとは言い難いが、水道事業を民間に開放する「水道の民営化」は、国民のためになる民営化の成功モデルになり得る。...

Twitterのコメント(30)

うーん、この記事(コラム?)の日付を見ると……急に湧いて出てきた話ではないんやな。でもタイトルは「なるか?」やろなあ。
@nurukochan これのことかなぁ。過疎地の水道配管設備更新に税金を割きたくないんでしょうなあ、本音として。一部大騒ぎしているみたいだけど。
@ironash46t374 価格の高騰ってのは考えづらいと思う、海外企業ってのはパチ

この記事が、参考になると思う
ちょっとわかる
安かろう悪かろうは世の常
もしコストカットしても、サービスを維持できるなら、今の体制でも出来るんじゃね
親がそうだったが、現状でも地方の水道は技術者・予算が足りてないからね
@sehiross このクソ親父の助言真に受けた。竹中の再来だな。
共産党はひたすら公営事業こそ正義のような言い方をしているが、民営化もやり方次第である。逆に公営だってやり方次第で悪くなる。
なるほど、勉強になる
反対派の人がいう、ボヘミアって政治的にも経済的にも、発展途上国なわけだ。比較対象にたしかに、ならんわな。
北海道でやればJR北海道の二の舞だねぇ。:
設備更新については、資産所有者である公的部門の借り入れコストのほうが民間より低いので、公的部門が行った方がコスト安になる。
@seiichi_hikawa 勘違いされているようですが、水道管や浄水施設などは自治体が持つことに変わりはありません。
民営化されるのは運用のみです。
それでも反対するなら具体的なリスクを教えてください。
失敗例でボリビアしか出さないのフェアじゃない、パリでも民営化で失敗して再公営化されてる。
(嘉悦大学教授)。ダイヤモンド・オンライン記事より
民営化って政治ねたとしてキャッチーですもんね。果たしてどこまで可能性があるか。ちなみに筆者はあの人じゃなくて一安心笑/
提灯。世界各国で発生している狂気の現実を全く知らない。
申し訳ないですけど、あなたが推しているという一点だけで、あーこれは反対しないとあかんやつなんやなっていう十分な動機になるんですよ、高橋センセ。
"水道の民営化は、欧州では歴史があり、現在では5~6割以上が民営化されていることは書いたが、さすがにそこまで民間比率が高くなると、ヘンテコな民営化の事例もなくはない。

 そこで一部民営化の揺り戻しも生じている。"
水道だけではなく、あらゆる公共サービスが民間委託されて行く。
コンセッション。
人口減少社会がもたらすインシデントとアクシデントに備えよ。
2018.1.11

高橋洋一
これは流石に駄目だろ…。
運営権だけ民営化は面白い。>
極端な例示にだまされていないだろうか?
-運営だけ民営化するということらしい
確かに「民営化(Privatization)」と言ってもその概念は広い。最近の状況は知らないけれど、10年前くらいでも更新投資するための原資が出せないから民営化という話は聞あった。
NHKの民営化の方が先だよ。国民は皆、受信料を嫌がっているし、公共放送なんていらないよ。
なるほど、この辺りだと民営化&広域化かなぁ。
終わりました、日本。
この人はヴェオリアから袖の下でも貰ってるのかというぐらいの提灯ぶりですね。
以上

記事本文: 水道事業の民間委託は「民営化」の成功モデルになる | 高橋洋一の俗論を撃つ! | ダイヤモンド・オンライン

関連記事

画像で見る主要ニュース