TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > 働く人を貧しくし...

働く人を貧しくしたアベノミクスが総選挙で争われない理由 | 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る | ダイヤモンド・オンライン

89コメント 登録日時:2017-10-12 05:27 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

アベノミクスの評価は働く人と、株式保有者や企業からの評価では全く違う。富裕層や企業は豊かになったが、大多数の働く人はそうではないから、多数決ではアベノミクスは否定されるはずだ。だが異次元緩和などへの反対が出ないのは、働く人の利害が反映されにくいバイアスが政治制度にあるからだ。...

Twitterのコメント(89)

若者が二極化政策を支持してしまう理由は?➡ |
借金前借で将来死ぬぞマン vs 賃金上がるのはこれからマンの勝負の行方はいかに。
自民はもちろんだが大企業組合政党も大企業優遇を攻めないというのはしらんかった。→
「単純な数で言えば、株式の保有者や大企業の経営者に比べて、一般労働者のほうがはるかに多い。そしてアベノミクスは前者の人々に恩恵を与え、後者の人々の生活を貧しくした」
「本当に働く人の立場に立つ政治勢力が存在しないのだ。「労働者側」を標榜する政治勢力は、実は大企業の組合をバックとしており、労働者一般の利害というよりは、大企業の利害に近い立場にいる」結局御用組合なんだよね。
本当に働く人の立場に立つ政治勢力が存在しないのだ。労働者側を標榜する政治勢力は、実は大企業の組合をバックとしており、労働者一般の利害というよりは大企業の利害に近い立場にいる
竹中平蔵氏の指導教官であった野口悠紀雄氏が「家計消費が減っている」「二極化がすすんだ」「働く人の利害が政治に反映されない」とアベノミクス批判!
今ほど世の中が欺瞞に満ちた時代はない。 の件を女房に話すと「でも仕方ないから。原材料費が」とか言うんだけど、人をなめたやり方が俺は腹立たしいんだ。いつまでも誤魔化しがまかり通ると思うなよ。
体裁が整っていると勘違い招くいい例な気がする |
良記事。今の日本で起きている経済的な「分断」の内実や、それを引き起こしたアベノミクスがなぜ政治的な争点とならないのかが、明確に説明されている。
仮想通貨に関する議論でも思ったけど、野口悠紀雄はやはり明晰。
本当に働く人の立場に立つ政治勢力が存在しないのだ。「労働者側」を標榜する政治勢力は、実は大企業の組合をバックとしており(略)大企業の利害に近い立場にいる。日本の政治制度がこうしたバイアスを持っていることは、悲劇と言わざるを得ない。
もうあれだ、若者はちゃんと選挙行ってベーシックインカム導入してもらえるようにアピールしようぜ←
若い連中は就職率だけで安倍を支持してるようだが、この政権が続けば就職してから地獄を見ることになるぞ。
『働く人を貧しくしたアベノミクスが総選挙で争われない理由』

「アベノミクスは、働く人の生活を豊かにしてはいない」
「「金融資産ゼロ世帯」と富裕層世帯が増えている」
「「利益が増えたから賃金を上げよ」と要求しても無理だ」
大企業に利益が集まり内部留保となり、株主には配当されるが、収入の大半を消費している大衆は取り残される。
あなたは、どう思う?
ご存じの通り野口氏は右も左もなく客観的データ分析のみで文を書く人である>
申し訳ないけど1万円あったら小額とはいえ株投資できる時代なんだけどなぁ、、、。そこに富裕層もなにもないでしょ。無駄に生命保険掛けるぐらいなら運用すべき。
多数決ではアベノミクスは否定されるはず。だが反対が出ないのは、働く人の利害が反映されにくいバイアスが政治制度にあるから。アベノミクスが総選挙で争われない理由 |
アベノミクスの実態:GDP、12〜16年度の名目家計最終消費の増加率は3.3%にすぎず、消費税増税の影響を除けばほとんど増加していない。株の保有者や大企業の経営者が富み、一般労働者は貧しくなった…この真実が政治バイアスで隠される悲劇
正確に言うと「ダイアモンドを読む中高年の中間層のような」働く人や、資産の無い高齢者が、最も恩恵を受けていない。恩恵を受けているのは、資産家以外では若い就業者や就活生と非正規労働者になる。
未登録なのでさわりだけですが、有産者階級と無産者階級ではアベノミクスひいては安倍政権の評価は180度異なるという当然の指摘。しかしこの当然すぎる事実に殆どのメディアが口を噤む。
「労働者側」を標榜する政治勢力は、大企業の組合をバックとしており、大企業の利害に近い立場。日本の政治制度がこうしたバイアスを持っていることは、悲劇。
最後のページ
>本当に働く人の立場に立つ政治勢力が存在しないのだ。
以降の意見に同意。
「アベノミクスの評価は、働く人からの評価と、株式保有者や企業からの評価で、まったく違う。以下に見るように、家計の収入も消費も増えていないが、企業利益は著しく増加し、株価も顕著に上昇した。」
世界経済が上昇中であることを考えると、この指摘は間違えだったよということが直に明らかになりそうな気がする。
本当に働く人の立場に立つ政治勢力が存在しないのだ。「労働者側」を標榜する政治勢力は、労働者一般の利害というよりは、大企業の利害に近い立場にいる。
アベノミクスの評価は、働く人からの評価と、株式保有者や企業からの評価で、まったく違う。家計の収入も消費も増えていないが、企業利益は著しく増加し、株価も顕著に上昇。アベノミクスを継続すべきか否かは、政治的なイシューだ。
モリカケしか争点にできない野党。一方政府は外交で失策続き。それらに疑問を持たない民意。「日本」は泥舟か▽
野口さんが、とてもマトモな事を言っているじゃないですか。 /
@beaverrabbit72 データとしては企業の利益は増えている。それが給料に反映されることはないだけw
野口先生の分析力、さすがの切れ味。
あとでよむ。経済政策を問う党のほうが多いと思うけど、報道がもりかけしか切り取らないっていう気もする……
大企業の組合は、労働者全般より、大企業の利害に近い。ここをバックにしている限りアベノミクスの欺瞞を暴く政治勢力になれない。連合より無党派層の方が多いのだから、連合頼りは、そろそろやめてほしい。
ほんとこれ。
庶民の労働者を本当に守ろうとする政党はない
なにを言ってるんだ…始動前の2012年度以降のGDP統計の雇用者報酬を見ると2016年度までの4年間で名目報酬は15.5兆円増えてるし物価変動を除いた実質報酬で見ても5.6兆円増えてる。突っ込みどころが多すぎる。
本当に働く人の立場に立つ政治勢力が存在しないのだ。「労働者側」を標榜する政治勢力は実は大企業の組合をバックとしており労働者一般の利害というよりは大企業の利害に近い立場にいる
>
| ダイヤモンド …人々が自分の生活と経済政策の関係を正しく理解し…正しく選挙結果に反映されるシステムになっていれば、多数決によってアベノミクスは否定されるはず…
野党に今の政治の制度を変える政策を挙げて欲しい。私物化できないような制度。
「法人税の二重課税になってしまう内部留保課税ではなく、法人税率そのものを引き上げるべきだ」
▼≫以上から結論できるのは、「アベノミクスは、働く人の生活を豊かにしてはいない」ということだ。
≫主婦がパートで働きに出るが消費は伸びず…
実質賃金は消費税増税で上がらず、消費は増えず、預貯金ゼロ世帯は30%に増加し貧富の格差が増大、企業は非正規雇用で人件費圧縮して何とか利益。アベノミクスは労働者を苦しめただけ/
株保有者が有利ってなれば、こちらが土俵を移れば良いだけの気がする
>本当に働く人の立場に立つ政治勢力が存在しないのだ。「労働者側」を標榜する政治勢力は、実は大企業の組合をバックとしており、労働者一般の利害というよりは、大企業の利害に近い立場にいる。
いろんなグラフ貼っていろいろ書いてたけど、タイトルに反して「働く人を貧しくした」とはどこでも言ってなかった
共産党はもう何年も言い続けているし、立憲民主党も明確に主張しはじめたけど、まだ安倍の経済政策は原理的に一般庶民を豊かにするものではない、って認識はあまり共有されてないのだろうか…
雇用の増加だけを強調する自民党に対し、野党が有権者にしっかりと訴えるべき項目→
「(消費支出は)1人当たりで見れば1.2%増えたことになる。しかし、消費税抜きで見れば、減少」 /
今アベノミクスは緩いが、それ以前は最悪だった。
今回の自民党の提案はPB黒字化放棄による「第二次アベノミクス(財政政策復活)」と言える。

まあ、現状についてデフレで受益していた公務員や準公務員(...
…この指摘は重要。シェア。
働く人を貧しくしたアベノミクス。
アベノミクスの恩恵は大企業のみに。

アベノミクスのデータを見て、有権者は選挙に行こう!!



#アベノミクス
アベノミクスの本性と物価高、賃金実質下落…拡大する格差とは
確かに政党が離合集散しても「労働党」は誕生しない。円安が輸出産業に追い風なのは誰の政権でも同じ気が。。その利益を労働者に還元する前に次のSカーブに乗せる事が企業にとってより重要なのが今だよね? / "働く人を貧しくしたアベノミク…"
景気回復は、もう東京五輪にかける他ない
それで改善の兆し無ければロシアに帰る
「『労働者側』を標榜する政治勢力は、実は大企業の組合をバックとしており、労働者一般の利害というよりは、大企業の利害に近い立場にいる。日本の政治制度がこうしたバイアスを持っていることは、悲劇と言わざるを得ない。」
私が見てる限りでは働く人を貧しくし、資産家の心を貧しくし、そして資産家自体の内ゲバで勝ち組の席を減らした、ということにもつながる。
アベノミクスは一般労働者を貧しくして大企業や資産家を豊かにしたと
必読。働く人より、元々金持ち報われるのはアカンやろ
「本当に働く人の立場に立つ政治勢力が存在しないのだ。「労働者側」を標榜する政治勢力は、実は大企業の組合をバックとしており、労働者一般の利害というよりは、大企業の利害に近い立場にいる」働く人を貧しくしたアベノミクスが総選挙で争われない
「株式・株式投資信託は、2012年から16年の間に、56.3%も増加した。他方、これ以外の資産は、同期間で5.9%増加したにすぎない」
ただただサラリーマンには不利なのをサラリーマンはわかってない不思議
ほんと、貧乏になっていくのに自民支持とかヲイラには理解不能だわさ  >
「人々が自分の生活と経済政策の関係を正しく理解し、そして、人々の意向が正しく選挙結果に反映されるシステムになっていれば、多数決によってアベノミクスは否定されるはず」
政治制度にバイアス←情報収集発信内容でもバイアス、権限作用、出演者と自らの思考に価値的な様々?(爆)
アベノミクスは富裕層を豊かにし、より多くの貧困層を産んだことをデータから示す。貧困の主たる若年層が安倍自民党を改革派として支持するのは、正しく議論が行われず選択肢が提示されていないため。 / "働く人を貧しくしたアベノミクスが総…"
野党は働く人を豊かにしようと本気で考えていらのか?
"本当に働く人の立場に立つ政治勢力が存在しない...日本の政治制度がこうしたバイアスを持っている"→
私が子供の頃の階級差はなくなりつつあったが、貧富の差の側面では再び拡大傾向に
|
「労働者側」を標榜する政治勢力は、実は大企業の組合をバックとしており、労働者一般の利害というよりは、大企業の利害に近い立場にいる。多数の声、利害反映されない悲劇
多数の声、利害反映されない政治的なバイアス: 「「労働者側」を標榜する政治勢力は、大企業の利害に近い立場。本当に働く人の立場に立つ政治勢力が存在しない」 ->
まあ政治家自体がだいたい富裕層だからなあと、、 / (3 users)
野党のみなさんに読んでほしい。
日銀・GPIFの株価対策は資産家に利益を移転し、その分、日銀・国民に損失を被せただけ。→
「本当に働く人の立場に立つ政治勢力が存在しないのだ。「労働者側」を標榜する政治勢力は、実は大企業の組合をバックとしており、労働者一般の利害というよりは、大企業の利害に近い立場にいる」

|
国民は貧しいです。可処分所得がどんどん減っている。どうしてそのことが政治家にわからないのか。。。
考えて、投票しましょうね  ⇒
株式の保有者や大企業の経営者に比べて一般労働者のほうがはるかに多い。アベノミクスは前者の人々に恩恵を与え後者の人々の生活を貧しくした。…
要約すると次の通り。
働く人を貧しくしたアベノミクスが選挙で争われない理由  家計収入も消費も増えていないが、企業利益は著しく増加した。立場により評価が違うのだから、アベノミクスを継続すべきか否かは、政治的イシューだ。だから、総選挙で重要な争点とすべきだ。
いつの時代も、政治家にとって最大の仕事は「奴隷に幸福感と希望を与えること」であり、その意味では、アベノミクスは成功を収めている。
実感にはぴったりな分析。特に最後の結論。託すべき政治がない、はその通りだと思う。

さらに、実は、日本の富裕層は世界から見ると縮小していると見られていることも指摘したい。これは円安と低すぎるGDP...
冷静な分析記事で参考になった。見出しはミスリードだけど。→
私が自民にもその他にも投票できない理由を端的に代弁してくれてます / |
法人税引き上げ提言>
アベノミクスの評価は、株を保有する富裕者と、働く人では、正反対になる。
①消費支出は長期的な減少
②名目賃金指数の減少
③金融資産ゼロ世帯と富裕層の増加
④企業の営業利益の増加
⑤従業員給与の減少

富裕層に恩恵を与え、労働者を貧しくした。
>>働く人々が自分の生活と経済政策の関係を正しく理解していないからではなく
いや、明らかに有権者がバカだからだろ
>>「労働者側」を標榜する政治勢力は、実は大企業の組合をバックとしており
連合はそうだけど共産党は違うだろ。
以上

記事本文: 働く人を貧しくしたアベノミクスが総選挙で争われない理由 | 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る | ダイヤモンド・オンライン

関連記事

画像で見る主要ニュース