TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > 中国では「生ぬる...

中国では「生ぬるいビール」「冷めたラーメン」が普通な理由 | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン

17コメント 登録日時:2017-10-10 11:44 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

日本人が中国に行ってよく遭遇するのは、冷えていないビール。ぬるい味噌汁に熱々じゃないラーメン。彼らの味覚はどうなっているのだろうか。...

Twitterのコメント(17)

すごく共感できる記事内容
中国は基本お湯の文化。どんな安宿にも普通列車の中ですらお湯がある。
それはそれでありがたいけど、ゆえに夏でも冷え冷えの飲料がない。
なので、帰国後は自販機に駆けこみ炭酸飲料飲むのが儀式みたいになってる
この人ライター向いてないし辞めたほうがいいのでは
?amp=1
エビチリ、焼き餃子も実は日本生まれ
この記事読んだら、日本人の方が塩分多く、しかも医食同源の考え方に反する冷たい、暑いものを食べてて不健康だな。
極端な云い方をすると、自分が冷えたものを出されるのは嫌だけど、自分が出す分にはどうでも良いということか。
中華圏確かに冷たいもの食べないけど、お粥や鉄板焼きの豆腐やアヒル肉でやけどしかけたし熱々を嫌うはないやろ
ネット記事は題名を編集部がつけることが多い(内容と符合しなかったり事実と違う題名がつくことが多い)ので題名だけで非難するのは避けているのだが、見てみたら本文も微妙であった
ピザとカレーは常温が好き。ラーメンは考えたことなかったけど麺が伸びてなければこれも常温がベストかも /
北京、天津といった華北地域でも、生ぬるいビールはずいぶん減った。なんならクラフトビールが流行ってるくらい。
他はともかく、味噌は味噌自体が違うから日本人好みに比較するのがちょっとおかしい気がする。/
上海あたりでは「冷めたラーメン」が普通なんですかね・・(会ったことないや)
私も20年以上前の初中国でこの常温ビールと香菜のブレンド食で気分がいつも悪かった。
これね、わが民族が椀(碗ではない)から直接すする理由を私は知っている。
⇒中国のどこでも冷蔵設備が十分に整っている訳ではない。
:中国は15年前から冷えたビールが
出て来る様になった。
2000年は常温ビールだ。
冷やす様、予約したら凍っていた。
彼等には『冷えた物』は
「おなか」が痛くなるそうだ!
「秋茄子は胃腸を冷やして毒甚だし」と、物の本に書いてあるそうな。つまり、医学的な観点から、胃腸を冷やすのは良くないと考えられているので、中国人は冷たい物を避ける。
→「生ぬるいビール」は言えているが、「冷めたラーメン」は食べた事がない。中国語で「拉麺」は引き伸ばした麺で日本のとは違う。
以上

記事本文: 中国では「生ぬるいビール」「冷めたラーメン」が普通な理由 | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン

関連記事

画像で見る主要ニュース