TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > トランプは日韓で...
66コメント

1941年、京都市生まれ。64年早稲田大学政経学部卒、朝日新聞社入社。68年から防衛庁担当、米ジョージタウン大戦略国際問題研究所主任研究員、同大学講師、編集委員(防衛担当)、ストックホルム国際平和問題研究所客員研究員、AERA副編集長、編集委員、筑波大学客員教授などを歴任。動画サイト「デモクラTV」レギュラーコメンテーター。『Superpowers a...


Twitterのコメント(66)

北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)開発を続ければ武力行使は避けられない。戦争は現地で起きる。大勢が死ぬとしても向こうで死ぬ。こちらで死ぬわけではない(米上院議員リンゼー・グラム氏)
日韓で多数の死者が出ても米国本土は戦争の現場にはならないからいいのか。
トランプ大統領「北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)開発を続ければ武力行使は避けられない。戦争は現地で起きる。大勢が死ぬとしても向こうで死ぬ。こちらで死ぬわけではない」
@iwakamiyasumi「さらなる行動を取って行かねばならない、との認識で完全に一致した」と安倍首相は語るが「アメリカファースト」の予防戦争を考える人と「完全に一致」されては国の存亡に関わる・・・(田岡俊次氏)
呆れるなぁ。米軍撤退させるなんて、北朝鮮や中国の思惑のままじゃないか。そのために、様々なデカップリングを企てているのに。
ガチガチの良記事。偵察衛星の話とか知らなかった。戦争かぁ。
戦争は朝鮮半島、日本で起こる。多数の死者が出るのはそちらであり、米国では死者は出ない。
平和というのは、もうない。
今朝の日経5面「北朝鮮は(略)米国に最後の勝負をかけている」及び下記田岡氏の記事を組み合わせて読むと、東アジアの難局に頭が痛くなり南極に逃げたくなる。準備はしてある。※
この記事は何がいいたいのか? 戦闘が始まれば死傷者がでるのは普通の事でしょう
限りなく黒くズルイアメリカ。
そんなもん構へんから、今やれ!事なかれ主義でチンピラを野放しにして、その後どれだけの被害が累積されていくか、未来をよくよく考えることだ!
アメリカ1stとはこういうことなのね…😥😥😥
--
トランプ氏は「戦争は朝鮮半島、日本で起こる。多数の死者が出るのはそちらであり、米国では死者は出ない」と見て、北朝鮮攻撃を考えていることになる。
誰かと思ったら元帥か(´・ω・`)
何となく分かっては居たけど自分の国には被害がないからって最低な発言
次の朝鮮戦争は日本も戦場になる、それでも米国にポチな安倍は、、、
Trumpは日韓で多数が死ぬと知りつつ北朝鮮に「予防攻撃」を考える "America First" policyだな。北朝鮮からすればICBMは脅し。拉致事件は彼らにとって軍事演習の一貫。日韓で多数の犠牲者が出ることは米の想定内。
極東・東アジアが不安定になればテック企業がアメリカ国内にハイテク工場を作る理由ができる。トランプの公約は実現する。ついでに武器も売れる。
MK48核砲弾ってW82に更新されてたっけ?開発中止で実戦配備なしだったような
今の内、好きなことして、好きなもの食べて。
今が一番と思える日々過ごしましょう。
と…。
トランプ氏は「戦争は朝鮮半島、日本で起こる。多数の死者が出るのはそちらであり、米国では死者は出ない」
こんな奴に大統領を任せる国に何十年も頭を押さえつけられてる我が国…情けない!
アメリカの立場で考えれば,当たり前でしょ。
極端な「アメリカファースト」思想を露骨に表明。もし米国がそのつもりなら、日本も「ジャパンファースト」に徹し、米軍を退去させ、戦争に巻き込まれないようにするしかなくなる。
結局、防波堤になるのか・・。やるなら、本国間でやってくれー!
いっそ、代表同士がなぐり合えば早い。
まぁ、当たり前の話ですけど、いまさら?
代案無きクレームですねぇ。汗
話し合いをまったくしないで武力衝突に入るなんてゲームか映画じゃないか。単細胞がTOPだと苦労するぜ >
トランプの 
対北朝鮮「予防攻撃」!?
時間が経過すればするほど危険性が増して行くだけだ。
相手の思うツボ。。。
それが何か?北朝鮮を放置したら次は核をテロリストに売り始めます。韓国と日本が平和ボケでだらしなかった結果です
核爆弾以外の武器は必要のない戦争になる、核による先制攻撃しか生きる術はない。
要は、そんなにすんなりと北朝鮮を軍事的に制圧することはできず、当然あがくので同盟側に死者多数ということ。→
グラム議員が語ったこのトランプ大統領の発言が正確なら、トランプ氏は「戦争は朝鮮半島、日本で起こる。多数の死者が出るのはそちらであり、米国では死者は出ない」と見て、北朝鮮攻撃を考えていることになる。
アメリカが日本国民を守らないのは当然。アメリカとしては軍事的拠点として必要なだけだからね。 -
トランプ大統領「北朝鮮がICBM開発を続ければ武力行使は避けられない。戦争は現地で起きる。大勢が死ぬとしても向こうで死ぬ。こちらで死ぬわけではない」と語った
>米本土の大都市をICBMで攻撃される場合にくらべれば、はるかにまし
>米国が韓国、日本を犠牲にしても"自国の安全が第一"との姿勢を示すなら
>「ジャパンファースト」に徹し、米軍を退去させ、戦争に巻き込まれないようにするしかなくなる
読める内に読んだほうがいい

#危ないトランプ
どうせ猿同士の喧嘩ぐらいに思ってそう(^-^)/  「戦争は現地で起きる。大勢が死ぬとしても向こうで死ぬ。こちらで死ぬわけではない」
北朝鮮を早く潰せ、今は多数が死んでも来年より被害は少ない。年々被害は拡大する。
日本政府は米軍基地を撤廃すると共に、北朝鮮攻撃を思いとどまらせねばならないのにアベは煽ってる
あおりだね。でも核開発どうやったら阻止できる? #情弱女子発信
米軍に出て行って貰った方が安全という事か?
| ダイヤモンド・オンライ

アメリカ第一主義は、トランプの公約。
黄色人種がいくら死のうと、問題じゃないだろう。
なるほど軍事評論家はトランプの咆哮をこう捉えるのか。だが、この見方は欠陥だらけでは?国際的な視点がすっぽり抜けている。第一、中露は黙って見ているの?米国の横暴は中露の危機とはならないか?北朝鮮が非力でも米国が安泰とはなるまいに。
北朝鮮に武力行使は避けられない。戦争は現地で起きる。大勢が死んでも向こうで死ぬ。こちらで死ぬわけではない。日本は先制攻撃を、専守防衛不可。
田岡さんは偉い!
日米同盟があるが故に、最悪、日本列島全土が不毛の地となりうるのであれば、いまこそ、国民一眼となって阻止する必要あり!!!
| 田岡俊次の戦略目から
日本が攻撃されれば米国は非難を受けずに北朝鮮を攻撃できる。米国を守るために日本人を犠牲にするという判断もあり得る。同盟国であっても国益が相反することがあるのが難しいところ
米軍を退去させて戦争に巻き込まれない様に?って
どっちも無理な話にしか聞こえないんだが。。
「アメリカファースト」の予防戦争
俺たちは捨て駒なんだよ
結構ヤバイんよね。
なにを考えているのかわからないひと(北)を相手にするのは本当に困難:
驚くに値しない必然的予測。
それが冷徹な国際関係というもの!

憲法9条がある限り平和は維持される、
なんて言説は平和ボケ人間の世迷い言の極みなり!
今、私たちは何が出来るのでしょう?
防空壕を掘りますか??
トランプは日韓で多数が死ぬと知りつつ
北朝鮮に「予防攻撃」を考える

トランプ大統領も、
第二次朝鮮戦争、その派生からの
第二次太平洋戦争、第三次世界大戦を
視野に入れてそうですね。
「(冷戦時代に)戦争になれば、西ドイツ国民は米軍の核で殺されるところだったが、それはソ連の西欧支配を防ぎ、ひいては米本国を守るためにやむをえない犠牲と考えられていた」
→個々人の正確にも長短がある様に、軍事同盟にもメリット、デメリットがある。政府による定期的な見直必須。
北朝鮮を煽ってミサイル攻撃させるか、あるいは「米国本土には何も害はない」からと言って攻撃しようものなら、トランプは「人道に対する罪」で国連の裁判にかけられてもいいレベルだよな。
予防攻撃というが、では先制攻撃になるtimingを把握可能か?先にやられた場合の有効な防御はあるか?
>
だが米国が韓国、日本を犠牲にしても"自国の安全が第一"との姿勢を示すなら、なぜ日本のイージス艦が米国に向かうICBMを撃墜してやるのか /
拉致被害者を救出できるなら多少の犠牲は呑めるぞ。
▶︎トランプの発言が事実なら日米安全保障条約は反故になる。事実でないことを前提にした対応を続けたい。
アメリカ、ロシア、中国に頼らず日本として対話路線で対応した方が賢明かもしれない。→
南北境界線の北側は巨大な地下陣地になっていて、射程60kmの22連装車載ロケット砲約350門や、多数の長距離砲が配備され、ソウルを「火の海」にする構えを示している。
韓国には米軍2万8000人、米民間人約20万人がおり、日本に米軍4万7000人、民間人5万人余がいて、米国人にも相当の死傷者が出るが、米本土の大都市をICBMで攻撃される場合に比べる判断も核戦略としてあり得る。田岡俊次さんのコラム。
以上

記事本文: トランプは日韓で多数が死ぬと知りつつ北朝鮮に「予防攻撃」を考える | 田岡俊次の戦略目からウロコ | ダイヤモンド・オンライン

関連記事

20コメント 2017-02-03 07:02 - toyokeizai.net

トランプ大統領と、マティス国防長官(写真右)の関係は必ずしも良好とはいえないようだ(写真: The New York Times/アフロ) 「狂犬」との異名をもつ、ジェームズ・マティス米国防長官が、トランプ政権の閣僚として初めて日本と韓国を訪れている。マティス国防長官にとっては初の海外遠征となるだけに、「行き先」は慎重に選ばれた。不安定なアジア太平洋地域...[続きを読む

画像で見る主要ニュース