TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > 地銀再編、次は新...
11コメント

経営統合に向かう第四銀行(右)と北越銀行の本店 Photo by Takahisa Suzuki 新潟県の地方銀行で最大手の第四銀行(新潟市)と二番手の北越銀行(長岡市)が経営統合する方向で最終調整に入ったことが、16日分かった。 4月にも基本合意を交わした上で、2018年春をめどに統合を目指す。統合の形態は共同持ち株会社を設立して、2行が傘下にぶら下がる方式を検討してい...


Twitterのコメント(11)

最近は、この手のニュースを読んでも、前よりも理解できる部分が多くなっている実感がある。
北陸でも動きがててきた>
日経を完全に出し抜いてクリーンヒットだ。おめでとうございます、鈴木さん(`・ω・´) @dol_editors
日本で4番目に作られた歴史ある第四の名がついに消えるのかな?
大光銀行はどうするのか?ちなみにこの2行で口座持とうとしてたから持たなくて良かった笑
みかづきとフレンドが合併するくらいのインパクトだな!ピーコックは…じゃなくて大光銀行はどうする? /
「2行を経営統合へと突き動かした要因は大きく二つ。ここ数年で相次いでいる他の地銀再編と同じく地元地域の人口減少と超低金利環境」
いずれするだろうと思っていたけど、思ったより早く統合に動いた。両行とも友人が働いているから、統合が行員に与える影響も気になる。 /
これは驚いた。
県内行同士なので支店整理が進むのだろうか。システム違うので、業務統合を想像すると恐ろしい…。 /
これは関係あるよねー
以上
掲載元: 地銀再編、次は新潟で第四・北越が経営統合へ | 週刊ダイヤモンドSCOOP | ダイヤモンド・オンライン


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

30コメント 2017-03-16 16:43 - www.nikkei.com

新潟県で総資産首位の第四銀行と同2位の北越銀行(長岡市)が経営統合する方向で最終調整に入った。2018年春にも持ち株会社を新設し、将来は合併を目指す。 新潟県内は大光銀行(長岡市)も含め3行が競い合う銀行過剰地域だったが、日銀のマイナス金利政策で収益環境が厳しく、統合による経営効率化を検討せざるを得なくなった。 有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけま...[続きを読む

画像で見る主要ニュース