TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > 『ラ・ラ・ランド...

『ラ・ラ・ランド』『君の名は。』が大ヒットする社会の危うさ | 岸博幸の政策ウォッチ | ダイヤモンド・オンライン | ダイヤモンド社

475コメント 登録日時:2017-03-03 06:39 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マ...

Twitterのコメント(475)

岸博幸さんは懲りずにこんな記事も書いているようです>
「個人的には、政府がスマホの利用時間を規制することが必要と思っていますが、さすがにそれは非現実的なので」

テレビのコメンテーターでよく見る岸博幸って、たまにおかしいこと言ってたけど、本当にやばいやつだな
前者は知らんけど、いろんな映画のファンとして後者はまったく説得力がなかったなあ。・・
ちょっと記事古い。
炎上目的かな。
ぶっちゃけ、オマージュとパクリの一線なんて、観る側の心がけ次第。
んな事言い出したら、ガンダムだってswじゃん笑
後、la la laは気軽に見れないから、色々意見が分かれてるんでしょうよ。
ドデスカで慶応の岸さんっていう方が出ていてどっかで聞いたことあるなーって思ったらこれ書いた馬鹿だった
サブカルは、サブカルという線引きは必要。
「スマホ中毒によって思考力が衰える」という論理が気持ち悪い。

危うくない社会なんて存在しないだろうし、スマホが全ての人間の思考力を奪う(?)というより、それは単に、二極化を進めるための装置として働くってだけなんじゃないかと。
批判するにも論点そこかよw 映画すら見てないのかと思うくらいのクズみたいない記事!さすがダイヤモンド!石コロって名前に改名をオススメしますw
バカなことを言っでじゃねえよバカ!!
LINEで慣れすぎて、長文を読まなくなった怖さを知らない人が多過ぎる。テストの問題の文章も理解できない学生が増え続けている。長い説明を聞けなくなった人間は、短絡的で、独善的で、怒りっぽくなるだろう。
唐突なのでググったら彼の持論だった。
>「個人的には、日米の双方で多くの人がスマホ中毒になっているからではないかと思います」/
リスペクトとパクリの区別もついてない上に、こんなところにまでスマホ悪玉説を持ち出す筆者が一番危うい気がするんだが。/
スマホ使いすぎの弊害・・・?
再掲。合掌。 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授 岸 博幸)
岸氏のこれ最初はひどい評だなあと思ったけどララランド見た後だと飲み込めるところもあるなあ…と。君の名は。とララランド並べるなんて、と思ったけど割と近い位置にあるなあ…とか。
今になって始まったことではない 制作側の迎合が根本的な問題だ
めっちゃ地鶏さんがめっちゃ地雷さんになってる。「某アニメが好きな感じのブログ」で立派に伏線回収している所も最高!ニートらしい。 これ見た後だけにもう救えない。脚本がどんなに素晴らしかろうが伝わらなければ意味ないんだよね。
@realsound_m ヤオイのくだり、たぶん切り口自体は と近いんだけど、岸博幸教授に比べたら100倍まともというか、うかつに余計なことは言っていない。わかる部分はある。
余りに斬新すぎて笑った!→
すごいこと言ってんな>
なんだこのカスみてえな薄っぺらい記事は。。。
映像の美しさも含めて映画の魅力なんだからそれを評価するのは間違いではないのでは?
こいつバカか。筆者のあまりの無知さに怒りを通り越して唖然としてしまった。映画史においてはいわゆるパクり、オマージュはすでに60年代から常識。この慶應大の教授はJ.L.ゴダールもまともに観たことがないに違いない。
えぇ!!?
"『ラ・ラ・ランド』を観た人の感想を聞くと、同じように「映像が綺麗だった」という感想ばかりが目立ちます。ストーリーは二の次、というかストーリーの感想はあまりなく" 各人がネタバレ回避してる結果では? / "『ラ・ラ・ランド』『君…"
| 岸博幸慶應教授 | ダイヤモンド社

オタクの居る分野はオタクと知識を比べられるので知識が浅く見える。専門家が居る分野の教授って浅いのばかり。元専門家でもない浅い人達の話
>スマホの使い過ぎの弊害が出始めているということではないでしょうか。スマホを使い過ぎて、多くの人が知的な面で非常に怠惰になってきているのです。
脱力タイムズかな?
元経産官僚がよくこんな何も検証やデータなしの主観だけの駄文を公開できたもんだ
すごい
スマホのせいにするのは斜め上すぎだろ……
「『ラ・ラ・ランド』と『君の名は。』のヒットが示しているのは、スマホの使い過ぎの弊害が出始めているということではないでしょうか。スマホを使い過ぎて、多くの人が知的な面で非常に怠惰になってきているのです。」そうすか・・・→
岸 博幸:慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授--大学の先生であればもっと掘り下げてほしいところ・・。
スマホの使用時間が長いから「君の名は」、「ララランド」がヒットしたと言ってるけど、因果おかしくないか? スマホも使う人によって受動か能動か違うだろうし…後半の著作権の話に飛んだのは全く読んでてスッと落ちてこなかった。
岸博幸がララランドを叩いてると聞いて「なんで?」と思ったんだが、記事を読んで「なるほど」と納得。このララランドの話から岸ドグマ「さらなる権利者保護が必要!」に持って行く論理跳躍、大カトー並に凄い。素直に感心した
またくだらない嫉妬かと思ったらそうでもなかった。
こんな記事が識者の考えとして立派な経済誌に平気で載る社会の危うさ
なぜかスマホdisりや著作権法のになってた話 /
2作品の共通点はストーリーや映像美が語られていること、作中に過去作品のオマージュが散りばめられていることだって。
慶應のメディアデザイン研究科って一体何を研究しているんだ?と不思議になった。
この記者はシン・ゴジラも見てないし、この世の片隅にも見てないし、エヴァンゲリオンも見てないのだろうなぁw
スマホうんちゃらはわかんないけど、読解力の低下はなんとなくわかる。:
こういう記事描く人って大変だなぁっては思う
(´-`).。oO(Sonyのbouncyballsを想起したよとか言えればいいの。不毛)⇒
この記事は自分で、こじつけって理解しているんだ。ダイヤモンド・オンラインは大丈夫なのか?
文字数が多すぎる新聞や延々と映像が続くテレビの方が「読みが浅く」なるような。ま、考えすぎだよ。
スマホの使いすぎかは別として…確かに両作品とも画像は鮮明に記憶に残るけど、ストーリーは…うーん
なんてことはない。
「TVを観ると馬鹿になる」のスマホ版。
よくこんなんで給料貰えるな。
久々に超ヤバイ文章を読んだ
私はララランド好きじゃないけど、この批評はないわ。ありえん
皮肉モードひどいなー。
読者層の小金持ちおっさんにこびるのと名誉ある賞もらった映画にケチつけるのは別にしてくれ
@anna_keylove たぶんそれが今を生きるということなんだよ…(若者叩き) あっすみません送ったつもりで送っていなかった…この脳が溶けそうな文章です〜
←ダイヤモンドはときどき妙な記事を出すけど、これまた薄っぺらいものを飛ばしてきたな。編集部は機能しているのか?
スマホの使いすぎに対するリスクに向かい合うべき、という点に注目。特に今、新生活シーズンの学生向けスマホ広告が目に余る。たかだか通信会社の目先の利益に踊らされてこれからの時代を担う子どもが馬鹿になっては元も子もないよ。
学者とか研究者とかいう輩が、必ずしも「頭が良いわけでは無い」ことの一つの事例。
著作権という?論点はともかくこの2本をまとめたのは何かわかる。カタルシス優先の快楽と、系統的な歴史解釈が薄いフラットな情報の扱い方が今っぽいんだよね。/
オリジナリティの高い記事 /
この2作をひとくくりにして、しかもスマホ使いすぎに警鐘を鳴らす。そんな結論が出てくるものなんだなあびっくり……
ちょっと稀なレベルの駄文
ろくに映画も観ずにこんな文をドヤ顔して書き上げて不特定多数の人に見せつけて恥ずかしくないの?
ネット見てるとこれが顕著に出てるのよくわかる。
ゆうめいなだいがくのせんせいもばかなんだねえ。
炎上屋の商売に加担するのもどうかと思うけどゲラゲラ笑った。浅すぎるのはどちらの考察でしょう。
この記事すんごく同意出来ない。
最近、感じていること。「能動的に考える映画」に、未来を。
老いた結果時代についていけなくなったからってこんな記事書いて恥ずかしくないの?
「メディアデザイン研究科教授」の言うことは違うねぇー →→
これ今朝読んで大爆笑したんだけど未だに思い出し笑いしてしまうくらい面白い(たぶん映画本編より面白い)(新海監督じゃないほうの)
ダイアモンド・オンラインの記事って、なんでこんな「うんこ」みたいな記事が多いんでしょうね? (´・ω・)つ
著作権を尊重しないことは悪いことだということは分かる。
しかし、それとスマホ使い過ぎによる弊害とを因果関係ありとすることは、あまりに短絡的なのでは。

「悪気のないオマージュに見る
作り手の著作権意識の変化 」
「ゲーム脳」とか言うような、なんちゃって知識人の妄想
たぶんそれ、ドリランドだから -
この人、パクリとオマージュの違いも分からないのか〜〜〜
ララランドや君の名はが大ヒットすること自体は怖くはないが、それを慶応大学院のメディア関係で教授名乗ってる奴が三流ブロガー以下の雑語りして金貰ってる社会はヤバいと思う
慶応のメディア研究してる教授が、時代に追い付けないオッサンみたいなこと言ってる。絶対ネタバレないと予想してたけど、コイツそもそも映画観てないんじゃないか疑惑あるわw
こんなのが教授でいられる慶応の危うさ。 /
世の中がバカになってきているということだね。
俺はどっちも見てないし興味もない。
私より若いし地位も知名度もある人が、こんなこと書いてる方が
こんな出来の悪い論評も久しぶりだ。
ヒットの理由がわからないことを受け入れられず、無理やり自身の納得できる理由をでっち上げたな。
〜が大ヒットする社会の危うさで記事が何本も書けそうな気がする。それにしても根拠が薄いな。
スマフォ使いすぎを注意する人がネット上で掲載とは
印象だけの映画が流行るのは確かにまずいけどスマホのせいではないと思うのですが…
「『君の名は。』には、過去の名作アニメや映画を彷彿とさせるシーンがところどころに出てきます」<全く見当つかなったけどどの辺のことを指してるんでしょうか /
なんだこの意見 /
むしろ、岸博幸という人の持つ「オリジナリティ」というユートピア信奉の方が危うい気がするのですが
これも世間話レベルで話すと叩かれないけどネットにあげると叩かれるパターンの典型的な感じ
これ書いたひともスマホ中毒なのかな
ダイヤモンドオンラインも、よくこんな駄文を、映画の専門家でもなんでもない奴に書かせたもんだ
この人は慶應のメディアデザイン研究科教授より、もと通産省・経産省の高級官僚と考えたほうがよさげ
いいとこの大学の先生は賢すぎて何言ってるか全然わからない //
???
いやいや岸さん、この論理展開は逆に無理ありますよ…笑 並列にまず無理があり、さらに両作品の読み解き方にも無理があります
|ダイヤモンド・オンライン|
やっぱり『君の名は。』パクリね。こういうの観たもの。それでもいいの。『ラ・ラ・ランド』観ます〜♪スマホと何の関係あるの?意味不明な結論。
すっげ、自分の言いたい事の為だけに流行り物持ってきた感が物凄い
へぇ、これが教授、ねぇ…
フォロアーさんのTweetから読んでみて、本当に「お前は何を言っているんだ」過ぎるて仕方ない。
どっちにもさして興味がわかないのは単にはやってるからというだけでもなさそう /
へ??????→
オマージュ、つまり先行する作品の要素を「それと判るように」取り込むことなんか、映画では昔からやってることなんだがなあ。
映画なんてのはな、高尚な芸術であってもいいけどジェットコースターであってもいいんだよバーカ!
らららんどは見てないけど、くだらない駄文だなと思ったら、筆者が岸さんかw
よかったみんな批判してて
こんな記事で金もらえるなんて楽な仕事だな
批判のための批判って感じ
歩きスマホにぶつかられたあとに衝動で書いたのかな?
我田引水の見本みたいな。それも「なってしまった」のでなく意図的な香り。//
パクリとオマージュの違いが分かってないし、映画の記事なのにスマホがどうこうは強引な誘導では
とりあえず筆者がフィクションが嫌いなのはわかった
すげぇ!コワすぎ勢の実質コワすぎ並のこじつけに加えて論点そらしてスマホ批判だぁ!
コレでお金貰えているのがスゴーイ
前者は観ていないが後者は観たので、いいとこ突いてる気がする。薄っぺらいものこそが受ける時代か…
これも映画のあと。
こじつけが多すぎて全体的に何を言っているのか分からなかったんだけど私の理解力のせいかな/
ごめんやけどこれ、天下のダイヤモンドさんがのっけていいものなの?てことが一番気になったw|
岸先生のアレな記事読んで、正高先生のケータイを持った猿の雑極まりない飛躍した超論理を思い出した |
これはひどい社会評論の典型例。ある意味尊敬する(゜~゜) さすがに本物の学者はこんなことは言わないだろうけれど… /
「戦艦ポチョムキン」の「乳母車の階段落ち」がどれだけ引用されてきたことかw /
どっちの映画も見てないんでストーリーに関しては言えない。ただ、この大学のセンセが言うことは「俺偉いんだゾ」感が強くて信用できない。
|
最近、新海誠=ラッセン説を唱えては嫌な顔をされているのだが、そんな私でもさすがにこれには「そうっすか大変っすね」とかくらいしか言えない。
この記事、何がすごいかというと、「社会における著作権意識は次第に変化しているのだから、著作権の保護は大事だが緩和する方向に見直そう」と言っているのに全くそうは読めないであろうこと / "『ラ・ラ・ランド』『君の名は。』が大ヒット…"
うーん、何言ってんのかよく分かんない。
言いたいことは「スマホに対する警鐘」なんやろうけど、切り込み浅すぎる。
「スマホ中毒→浅い読み方」の部分をもっとちゃんと説明してくれんと、肯定も否定もできんし、共感も反感も抱けない。
江川達也先生と並んで、自身の評価を危うくしかねない発言をどうしてしちゃうんでしょうね?
こんなんでよくそんな研究科いれるもんだな
この先生TwitterでAV女優と絡んでたけどAVはいいんか?あれもパクリだらけだけど(;´Д`)
クソ記事みつけた
岸博幸「『ラ・ラ・ランド』『君の名は。』が大ヒットする社会の危うさ」(ダイヤモンド社) ← 2作品の共通点はコピペな内容→スマホの使い過ぎで流し読みの習慣がつきコピペに気づかない→スマホの利用時間を規制すべし…電波な記事だ。
お前の思想が一番危ういわこの映画評論家もどきのクソ野郎がくたばれ
牽強付会の一言に尽きる
のはてぶが500越え:はてさぽ
メディアデザイン研究科教授ってすごーい(白目) /
これは違うと思うなぁ。君の名に関しては分からなくもないがララランドはもっともっと深かった /
なに言ってんだ、こいつw
「君の名は」「ラ・ラ・ランド」のヒット理由をスマホ中毒と分析するの斬新過ぎる。
スマホ依存気味な私、やめなきゃね。
アカデミー賞が絶対ではないけど、この記事が掲載された日に脚本を評価され賞を獲得するという皮肉
この記事は最終的に映画を見た人をバカにする流れになってるけど、自分のことはどう見えてるのだろう。
…自分でも「的外れ」「こじつけ」と言っているが、その通りだと思う…(-。-)y-゜゜゜
ゲーム脳ならぬスマホ脳とでも言った方がいいくらいのアレな記事。端から馬鹿にして作品を深く考察する気が無いと見られても仕方が無い内容。炎上商法。
こんな馬鹿でも教授出来るのか。 /
朝からすごく痛い記事を見つけました。
ゲーム脳の次はスマホ脳ですかw
「スマホを使い過ぎると、コンテンツを気楽に受け身で流し読みするのが当たり前となり、またテキストの読み方やコンテンツの鑑賞の仕方が気楽で快適な"浅い読み"ばかりになります」ゲーム脳と同じ病に罹患してる / "『ラ・ラ・ランド』『君…"
何言ってんだこいつ。こじつけすぎて草。
これはー…書いてて恥ずかしくないのかな。ばかばかしすぎて途中で
読むのやめた(笑)
昨今のクリエイティブなものは、多くの物事のイイトコとこだけを寄せ集めそれを融合して創造されているのだが。
| 岸博幸¦ダイヤモンド・オンライン | ダイヤモンド社
すげぇ、こういう論説初めてリアルタイム(?)で読んだけどまさに老害って感じだな
こういうタイトルってすっごい上手く世間と違う視点からの見解に持っていくパターンと、ただ自分の趣味と合わないっていう主張に落ち着くパターンと2種類ある気がする。これは後者なのかな(ブコメで判定) / "『ラ・ラ・ランド』『君の名は…"

記事本文: 『ラ・ラ・ランド』『君の名は。』が大ヒットする社会の危うさ | 岸博幸の政策ウォッチ | ダイヤモンド・オンライン | ダイヤモンド社

関連記事

画像で見る主要ニュース