TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > セブン「食べかけ...

セブン「食べかけケーキ」販売事件で考えた3つの再発防止策|今週もナナメに考えた 鈴木貴博|ダイヤモンド・オンライン

21コメント 登録日時:2017-01-20 07:39 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

「食べかけケーキ販売事件」で 考えた3つの再発防止策 大手コンビニチェーン・セブン-イレブンのある店舗で、誤って従業員が食べ残したクリスマスケーキを販売する事件が起きたという報道があった。昨年のクリスマスイブに、店員が休憩時間に食べたホールケーキの食べ残しを冷蔵庫にしまったところ、別の店員が中身を確認しないで販売してしまったという。本部では、今後このようなこと...

Twitterのコメント(21)

最大手なのに ってこれまでも多種多様な問題事おこしてるみたい(笑)
従業員を気分よく働かせないと客へ 😃⤴は提供できないのにね┐('~`;)┌
自分で買ったものにはレシートに名前を書いて貼っておくという再発防止策が通達されました(-_-)
大型冷蔵庫があるからと、従業員用と分けていないところにプロ意識がないオーナー。自業自得。【 】
起こった事件もやや「面白い」感じだが、解決策も斜め上を行く感じ(褒め言葉)で興味深い。
これは企業側が100%悪い。ひどいな。
この話の一番の問題点は、店でホールケーキを食べてるってとこからして、そのケーキはノルマで買わされてたっぽいってことじゃね?
おひとりさま向けクリスマスケーキって売れるんだろうか? 「一人鍋」「一人焼肉」[一人カラオケ」があるんだから売れるのか?
コンサルという仕事でお金を取るならこういう発想が欠かせないという好例。
今や主流の「おひとりさま」向けケーキがないことが最大の問題?→セブン「食べかけケーキ」販売事件で考えた3つの再発防止策|今週もナナメに考えた 鈴木貴博|ダイヤモンド・オンライン
ふざけているのかと思って読み始めたけれど、的を得ていて面白かった。
そもそも、日本には「もの」が溢れすぎているんだよ、商品も店舗も。
そもそもケーキが売れ残りそうだったから、店員が自腹で買ったのでは?的な疑問が出ていないのが不思議。
セブンイレブンの食べ残しケーキ販売事件について書いて欲しいと依頼を受けました。執筆中に心の中から湧き上がってきたブラックな何かのせいで書きあがった記事がこんなひどいことに。
店はノルマ達成のためにケーキをバイトに買わせていた。店員は買わされたケーキを休み時間に食べる。それが何かのミスで店頭に並んだ。
ノルマの負担をバイトがかぶる。
コンビニ本部見とけよ見とけよ
コイツ本物のアホやろ。釣りなの?こんな奴にコンサルして欲しく無いわwww
ニュースになってしまうあたりが現代的か。発注ミスがニュースになったこともあったな。価格違いや期限切れもニュースやな。
コンビニ店舗運営が厳しい話。ビジネスモデルを作る本部に問題あり。/
書いたやつ暇なのかよ その通りだけどさと
自分のものには名前を書く習慣があれば回避できたかも?ひとりでホールケーキ食べるの憧れ...(u_u*)(いろいろ違
結局、末端のバイト君や店長の問題ではなくセブンイレブン本社の問題なんだろう。よって来年も同じことが繰り返されると思う。それにしてもバイト君、三食ケーキなんて悲惨だな。
以上

記事本文: セブン「食べかけケーキ」販売事件で考えた3つの再発防止策|今週もナナメに考えた 鈴木貴博|ダイヤモンド・オンライン

関連記事

画像で見る主要ニュース