TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > トランプ大統領の...
48コメント

トランプ大統領誕生で株価は下落、為替も円高が進むなど、市場は 「トランプリスク」に怯えている。日本は、トランプ大統領とどのように渡り合っていくべきだろうか? Photo:AP/AFLO ヒラリー・クリントンとの激戦を制したドナルド・トランプ。数々の暴言で知られるトランプだが、間もなく日本の同盟国・米国の大統領になる。この事実を私たちは受け入れ、未来...


Twitterのコメント(48)

地球上の半分が親米で半分が反米。
その反米側の情報を提供してくれているのが、モスクワ在住の北野幸伯氏。
私は彼の無料メルマガを貴重な情報源としている。
北野氏のコラム。
中国が尖閣、沖縄を奪うのは「既定路線」であり、米軍が撤退すれば、必ず侵略を開始するだろう。結局、日本の選択は2つ・・・
(続き)むしろ、韓国やNATOや中東の方が日本より負担は軽いので、それら諸国の方が交渉は大変だろう。また、トランプの日本核武装容認論は、日本ができないことを分かった上で交渉を有利に進めるためのブラだろう。米国の核の傘にも金を払えと。
< 中国は、「日本には尖閣だけでなく、沖縄の領有権もない」と宣言しているのだ。さらに同国は、「反日統一共同戦線には、米国も引き入れなければならない」と…
ドイツ、イタリア並の平等条約締結し 同様の米国の核を借りての報復訓練 を米国に要求すれば、中国、ロシア 北朝鮮にも対応可能、 甘ったれ日本の卒業。 浮動層会日本
日本にとっては交渉の余地がある相手なんじゃないですかね。日米地位協定もよろしく。
自分の懐残用しても仕方ない。日本と中国が衝突する可能性はあるのか考えなければいけない。戦略というものは見直すべきだと思う。
こういう、上位〜%の人が富の99%をみたいな言い方は徒らに人の心を動揺させるだけでしょ。富は適切に使える人間に配分されるべきであって、使い方がわからないやつに大金を持たせるべきではない。
トランプ大統領の「安保タダ乗り論」にどう対処すべきか[ダイヤモンド・オンライン] 日本は安保を薩摩守してる所か、ロッキード事件が起こった様に戦闘機ライセンス・部品、兵器類を米国から調達すると同時にボーイングから旅客機等も買ってるけど。
日本が敗戦後にアメリカが押し付けた制度今更何を言うのか。
トランプをおだててうまく中国に張り合ってもらう作戦か。いいね。/
単なる好き嫌いや印象だけではなく、冷静に判断しましょう、
日本が真に自立するための第一歩として。

/ / - ロシアから見た「正義」 "反逆者"プ...
全面的には賛成しませんが、なかなか面白い指摘。→
なるほど!それなりに説得力のある論だと思うわぁ。女性蔑視の男に負けてしまったヒラリーさんのことよりも、我が日本の軍事予算が大幅に増額させられるかも。沖縄撤退無しの感が・・・*残念が
トランプ大統領と仲良く平和を維持するには2000億円!「安保タダ乗り論」にどう対処すべきか
▼よそのお国の大統領選挙に文句つけたり、悲しんだり憤ったりするのではなく、自分の国はどう対応するかが一番大事だよね。よそはよそ、うちはうち!
ちょっと極端な記事だけど。まぁ、そこそこ分かりやすい。
かなり客観的で的をいている
性格が分りやすい人ほど制御しやすいのは米国議会や各省庁も一緒でしょうね。
それにしても日本は自主防衛より安保負担を選ぶかも…。💦
トランプ 安保ただ乗り論
米軍駐留経費全額負担と在日米軍撤退どちらがおトクか?1.トランプの求めに応じて、米軍駐留費用をもっと払う。2.米軍に出ていってもらい、自分の国は自分で守る。「独立国家としての理想」は
グローバル化のゆりもどしとかもあるのかな / - ロシアから見た「正義」 "反逆者"プーチンの挑戦 (ダイヤモンド・オンライン)
多分一番いいのはアメリカとロシアと日本が協力体制を敷いて中国をけん制すること。
それが結局、マスゴミの「意図」に反して、一番戦争の危険性が減る。
そのカギはアラスカが握っているかもしれない
「日中戦争を回避するもっとも簡単な方法は、払う金を増やしても日米同盟を強固に保つこと。そしてトランプに、「対中国バランシング同盟」を主導してもらうことだ」
最後が、米国抜きで日中戦争にならないようにトランプに媚売ろうぜ!在日米軍に払う金の方が安いから全額払おうぜ!って感じで凄い記事だなww >
メルマガ登録してる北野幸伯さんが書いた、
とりあえずまずは大衆向けアクションとしてクリントンの本格捜査と、日本のインチキ(米国フリーライダー)野党・大学法学部教授を一掃するため日米安保の破棄をチラつかせてほしいもんだね~w。

自主防衛に...
中国は12年11月の時点で、ロシアと韓国に、「反日統一共同戦線」の構築を提案している。そして、「日本に放棄させるべき領土」には、北方4島、竹島、尖閣に加えて、沖縄も入っている。
日本が考えなければいけないのは、トランプの強大なエネルギーを、正しい方向に向けることなのだ。
この記事で出てますね。
日本が既に米軍の駐留費用のうち75%を負担していて、
トランプ氏が驚いたと。
中々素晴らしい記事。
この記事読むと、クリントンさんの敗因の一つとして「クリントン・キャッシュ」問題はやっぱりかなりでかそうですね →
在日米軍基地は、日本が頼んで出来たものではなく、米国が米国の利益の為に、強制的に設置したもの。だからその米国の利益が無くならない限り、撤退は有り得ない。
もし、撤退となっても…
これは良記事。
北野幸伯  国際関係アナリスト

>トランプの言動から読み取れる性格「負けず嫌い」をうまく活用すべき
第二次日中戦争・・・考えたことが有る様で真剣に考えたこと無かったな。
これからの日本含め世界はどうなっていくんだろうか。
4ページ目 /
ダイヤモンドオンラインの最新記事です。
トランプ勝利の原因などうんぬんしてるが、今更の後出しジャンケンやね。米に恩着る日本外交の話など、今や陳腐で姑息過ぎ。❖ (北野幸伯) <「対中国バランシング同盟」を主導してもらうこと>
これ面白い計算だな。日本独自で防衛する場合は5兆円増。米軍駐留費を100%にしたとしたら1855億円増。
こんなに単純ではないにせよ、自力で武装するのと、同盟や集団安全保障で守るのは、どちらが「安あがり」かという議論は必要だ。
日本最大のリスクは、米国抜きで日中戦争になることである。そうなれば尖閣は、ほぼ確実に奪われる★
まだこんな米国依存論を吐くのがいるから困るw とっとと米属国から脱却して軍事独立、核を持つインドあたりと軍事同盟結べばよい。
北野幸伯氏
トランプ氏のストレートかつ狡猾な揺さぶりに、はたして日本は耐えられるんだろうか?
以上

記事本文: トランプ大統領の「安保タダ乗り論」にどう対処すべきか|ロシアから見た「正義」 “反逆者”プーチンの挑戦|ダイヤモンド・オンライン

関連記事

36コメント 2016-04-05 06:30 - diamond.jp

米大統領選で共和党トップを走るトランプが、爆弾発言で日本を困惑させている。さまざまな問題発言で世界を驚かせ続ける彼は、一体何を考えているのか?そして、彼が大統領になったら、世界と米国はどうなるのだろうか? 「米国は貧しい債務国」 従来と180度違うトランプ式外交プラン トランプが大統領になれば、米国の内向きは加速する。「自国第一主義」は、ソ連大統領...[続きを読む

画像で見る主要ニュース