TOP > エンタメ > 電撃オンライン > 電撃 - 『アイ...

電撃 - 『アイドルマスター XENOGLOSSIA』誕生秘話を長井龍雪監督&坂上陽三氏がトーク。『スパクロ』の情報も

42コメント 登録日時:2017-09-13 16:49 | 電撃オンラインキャッシュ

“サンライズフェスティバル 2017 翔雲”で行われた長井龍雪監督と坂上陽三さんによるトークショーの様子をお届け。『アイドルマスターXENOGLOSSIA』制作当時の秘話が語られました。...

Twitterのコメント(42)

ライバルロボをメインにアニメ用デザインをやらせてもらった思い出。懐かしい!
こいつはちょいと気になってますた。(・ω・)っ |
XENOGLOSSIA』誕生秘話を長井龍雪監督&坂上陽三氏がトーク。
>長井監督はサンライズから「『アイドルマスター』という作品があるんだけど、それは横に置いといて、ロボットものをやりたい」と
おいサンライズw
「ロボットで恋愛物やってください」→「せやロボットと女の子に恋愛させよ!」発想がすごい
行きたかった
アニメ等を経てコンテンツが広がりある意味憑き物が落ちた今だからこそ出来たって感じだ
「ロボットものをやってくれ」
「ストーリーはどうしましょう?」
「作るんだよ、君が」
やり取りが熱いねぇw
XENOGLOSSIA』誕生秘話を長井龍雪監督&坂上陽三氏がトーク
知ってて作ってたらビョーキだわ
XENOGLOSSIA』誕生秘話を長井龍雪監督&坂上陽三氏がトーク。
「『アイドルマスター』という作品があるんだけど、それは横に置いといて、ロボットものをやりたい」
アイドルマスターだから叩かれたけど、アイドルマスターじゃなかったら今話題になる事はなかったよね。
「「「『アイドルマスター』という作品があるんだけど其れは横に置いといてロボットものをやりたい」と声をかけられた」「『アイドルマスター』をきちんと知ったのは XENOGLOSSIA』が終わってから」 …
気がついたらゲームをインストールして始めてる /
: 貴重なゼノグラシア情報やな
「当時は『アイドルマスター』というコンテンツ自体がどうなっていくのかがまったく見えていなかった」そりゃそうだよな /
アイマスの知名度を上げたとはいえ、問題を感じるアニメ企画だったと思う。竹内浩志のキャラでは良かったけど。
"「千早のくだりを含めて、作品全体として見た時に後半の畳みかけるような感じがたまらない」と感想を話してくれました。" アレは良かった。ロボットを介在したガチの愛憎劇をアイマスで出来たのは驚きだった。 /
この頃サンライズ美少女路線は

女の子が
たくさん出て来て
なぜか殺し合いになる

という舞HIMEの呪いに冒されてた。
みんな触れづらい作品になってただけにこういうトークショーができるところまで来て良かった。春香の「好きです」はあまりに無茶苦茶なシーンだったからめっちゃ笑ったなぁ /
なぜ、あの作品が生まれたのかが気になっていた /
当時氾濫してたニコ動よ違法アップに淫ベルとか散々書かれてたの懐かしいなぁ。 /
サンライズ側の偉い人は昨年の上映会ゲスト出演済>id:danseikinametaro /昨年初出エピソードが中心だけど、長井監督視点で製作状況語られるのは初めて。昨年は鉄血の監督でそれのどころじゃなかったしな… /
いやオレンジ着てる方がガミPやって、アイマス記事担当してるなら常識やろ……。 /
司会はサンライズの渋谷さんだったのか~。内容は当日お客さんがツイートしてたレポートとほぼ同じ感じですね(^_^) /
『そもそも『アイドルマスター』をきちんと知ったのは、 XENOGLOSSIA』が終わってからなんです』なんだかんだで原作(案?)側が生き残れたいまだからできる話ではある。。。。。。。。 @STER
黒歴史のネタ代名詞だったゼノグラが、こんな公の場で関係者の口で笑って話せる日が来ているのが感慨深い。 /
見てる - :
この記事を読んでますますゼノグラシアへのヘイトが高まって罵声を浴びせている人もいて、あまりにも地獄めいている
ちょっと雪解けしてBD box発売されないかなあ… /
当時ディレ1が苦言を呈してたの忘れてないからな俺は
10年経ったから言えるぶっちゃけトーク的な……うんまぁ……当時の偉い人が悪い!偉い人がね!現場の人は悪くないね!
今だから言える話か /
どちらかというと双子みたいな存在だったのだな… /
「作るんだよ、君が」 /
監督に話が来た時点で「アイマスで舞HIME」という方向性は決まってたはずだしなぁ。 /
単純にロボット物としては面白かったのよな。しかしこんな経緯だったとは
≫「『アイドルマスター』という作品があるんだけど、それは横に置いといて、ロボットものをやりたい」

監督もアイマスをきちんと知ったのはアニメ製作が終わってからとか、ぶっちゃけぶりが凄いぞ
読んでる
ひぇぇ, 楽しそう...本当に行きたかった...
"アイドルマスター XENOGLOSSIA』の企画が始まったのは、『アイドルマスター』というコンテンツが、アーケードに登場するかしないかという時期。" /
いやーいい記事ですね。当日の感動が思い出されます。やっぱりイベントレポートはちゃんとしたサイトで読むべきですね!
"インベルもイベント報酬として近日再登場予定とのことです":
以上

記事本文: 電撃 - 『アイドルマスター XENOGLOSSIA』誕生秘話を長井龍雪監督&坂上陽三氏がトーク。『スパクロ』の情報も

関連記事

画像で見る主要ニュース