TOP > エンタメ > ダ・ヴィンチ電子ナビ > 「産まないことを...
13コメント

『わたしが子どもをもたない理由』(下重暁子/かんき出版) いきなり私事で恐縮だが、私は今年で結婚3年目になる。年齢はいわゆる「出産適齢期」。最近、どこに行っても言われるのが「子どもは産まないの?」という質問。正直私は、その言葉に嫌気がさしている。 ...


Twitterのコメント(13)

「責任」という言葉の捉え方も人によって違うよね。
「産まないことを選択した」その理由は…『家族という病』の著者語る「出産について」
『子どもがいてもいなくても、結婚してもしなくても、それぞれがそれぞれの生き方を尊重し、自分の人生に責任を持って生きることが大切なのだ。』
その通り。
「最も大切なのは「わたし」の意志だ。子どもがいてもいなくても、結婚してもしなくても、それぞれがそれぞれの生き方を尊重し、自分の人生に責任を持って生きることが大切なのだ。」私も結婚や出産について色々悩む。この記事に力を貰えた。強く共感。
うちの親もクラシカルな考えだから、凄い圧力かけてくる。そもそも、未婚だけど。結婚も人生の選択の一つに過ぎない。
命の連鎖に懐疑的という所に共感。あと責任。
姪や甥に迷惑かけるから子供を産むべきという意見にびっくりじゃ/
『「私自身が歓迎できない命の連鎖を、この先続けていく」ことに不安』(引用)はとても同意する

産まないことを選択したその理由は…『家族という病』の著者が語る(ダ・ヴィンチニュース)Yahooニュース
読んでみよう。今の私の考え方にとても似ている気がする。
私は責任とプレッシャーを幸せに変換できないな。
ホント、女に自由は無い。
二人目を期待された時は苦痛だった。事情があるんだよ・・・
なんかこちらは考えすぎというか、考えるな!感じろ!という。
相方には申し訳ないけどおいらは後悔してないし言われたから産んだ、は子どもを不幸にするだけ。産まない選択も普遍化したらいいのに。
以上

記事本文: 「産まないことを選択した」その理由は……『家族という病』の著者が語る「出産について」 | ダ・ヴィンチニュース

関連記事

186コメント 2012-06-17 14:22 - anond.hatelabo.jp

■家族会議したことで、薄々感づいていたことがはっきりした。 とても長い話し合いだったので、なるべく簡潔に書く。 父の発言 息子が事業を継がなかった場合、娘婿に継いで欲しいと思っていた。 より将来性のある婿をもらうために、女の魅力を磨いて欲しかった。 娘にそれを中傷と受け取られているとは思わなかった。 母の発言 夫が娘の教育投資に反対していた時、説得したのは私。 より将来性のある婿候補は良い学校に...[続きを読む

画像で見る主要ニュース