TOP > IT・テクノロジー > デジカメ Watch > インタビュー:ニ...

インタビュー:ニコンD850(前編) - デジカメ Watch

12コメント 登録日時:2017-10-10 07:02 | デジカメ Watchキャッシュ

ニコンが9月8日に発売した「D850」は、有効4,575万画素の高解像度とボディ単体で7コマ/秒の高速連写を両立した最新のデジタル一眼レフカメラ。予約完売状態となった注目機種について、気になるポイントを聞いた。(聞き手・本文:杉本利彦 / 写真:編集部)...

Twitterのコメント(12)

ニコンのフルサイズセンサー搭載デジタル一眼レフカメラ「Nikon D850」の開発に携わった開発者にインタビューした記事(前編)が掲載されています。高画素や高速連写を目指した理由など。
インタビュー載ってます。
@dc_watchより
"高画素&高速連写"を目指した理由とは? - デジカメ Watch
電子先幕シャッターとサイレント撮影の違いとかも諸々。 /
秒間9コマにアップグレードするにはMB-D18だけでなくEN-EL18bも追加で必要。合わせて約12万円... :
『D850は画質を優先し像面位相差AFを搭載していない』『最高品質の高画素モデルを届けたい、という意思から、像面位相差AFの搭載を見送ることにした』文中より引用。
自分にとってD850のハイライトの1つは、サイズL/M/S選択可能なRAWデータかな。これがD800(D810)に搭載されていれば、プロ機としてもっと売れたのに。
D850開発者インタビュー。「結果的に全方位的に性能が上がっていますが、特に他社との差別化を意識して開発したということはありません。」
デジカメWatchよりピックアップ。
"——ニコンのカメラは伝統的にRAWデータのダイナミックレンジが広いと言われますが、どんな工夫をしているのでしょうか?"えー、どこ情報だよそれ……
ふと思ったんだけど、こういう取材の時に使うカメラってメーカーごとに変えてるんだろうか
"高画素&高速連写"を目指した理由とは?
以上

記事本文: インタビュー:ニコンD850(前編) - デジカメ Watch

関連記事

画像で見る主要ニュース