3DCG方面から見る『けものフレンズ』第一話 その1【ちょっとしたメモ】:プチ3DCGモデラーの毎日モデリング - ブロマガ

91コメント 登録日時:2017-03-18 20:54 | ニコニコチャンネルキャッシュ

Twitterのコメント(91)

古い記事だが、好きな記事なので。

ほっぺの膨らみ、手塚や吾妻ひでおの美少女以来の久しぶりの演出なんだよな。
これだね
構成や脚本もそうだけど、作画(というかCG演出?)についてもこういったこだわりが完徹できるのかどうか、お手並み拝見(うえめせ)


このシリーズものすごく面白いから、3DCG詳しくない人でもいろいろ参考になると思うのです。
なるほど。角度によって破綻するとか、それを発生させなくするモデリングとかあるんですなあ
けもフレの拘り具合というか細かい部分への情熱が丁寧に解説されてて見応えあった(そして夜更かしした)
専門家目線のこう言う分析はいいなw
3DCGの人がけものフレンズについて語っているのを読んでも、わからん全然わからん。 >
修正回数を減らせるようなモデリングをしてるおかげでMMD作品も作りやすくなってるのかなあ
MMDけもフレは違和感なく見れるからありがたい
>でもほほを膨らませると、顔が球体に近くなるからなのか、そういった崩壊する角度が無くなります。
すごい、おもしろい
この辺がわいにとっての不気味の谷なんだろうか(たぶん違う
けもフレ見てないけどこれは面白い
おもしろい
知識が乏しいからよくわからない所もあるが、「ほぇええー!!」な所も多くてとても面白いこのシリーズ
ここのブロマガ読んでた こういう視点で見るのも面白いなーと
すっごいマニアックな見方…。そして恐ろしく丁寧な考え抜かれた上で素敵にガバガバなCG…
面白い記事だったのでメモメモ。 ---
3DCGも作画崩壊する。非常に勉強になるな。
この記事とても有能
作画崩壊とはちょっと違うけどアニメ版アルペジオの制作インタビューで特定のシーン・カットでしか使わない3Dモデルがあるとか話してたっけ
まとめ読み中
3DCG方面から見る『けものフレンズ』 引用 実は3Dのモデルも2Dと同じように作画崩壊します。見せちゃいけない角度というのが必ずあって、もしそういう角度になったら細かく顔を修正する必要があります。
おもしろーい!
気づかなかった部分が多くて面白いな……
ほほを膨らませたモデルだとどこから見ても崩れにくい(ので修正の手間が減る)、とかそういうテクニックがあったのね。
考察できる所っていっぱいあるんですねえ。門外漢なりに納得しました。:
おんじじゃ
わしは3DCGはやらんのじゃが、アニメキャラのフィギュアは作るので
このほっぺの膨らみモデリングには技術的興味を持っていたのじゃ
CGとかぜんぜんだけど、面白かった
顔の角度の話は純粋になるほど、と思った
こんな視点の話は面白いね
おお・・・・
思った以上にすごかった
@absolute__EGO たぶんCGの知識覚えながら見ると魅力を感じやすいですね。まぁ1話見た後にでもこのページ見てください
ストーリーの考察関係は興味無かったけど、こういう3Dアニメとしての特徴を捉えた記事はあり難い。そして抜群に面白い。
細かいところに触れてたり所々辛辣だったりして面白い
つい先程存在を知ったのだけれど、何というかこのニッチな感じがとても好きw
こんなのあったんだ。読んでみよう。
最新の回まで読んだ。テクニックの話が具体的で面白い。
こういう部分も合理的にやってるのがすごいと思う
時間がないからこその合理的なCGモデリングだったんやな
一連の記事、面白い。"3DCG的に面白いことをやっているのにいまいち伝わってないようなので、その辺のことを書いていこうかと" /
3DCG界隈もなかなかいいよね /
このシリーズ読んでて、CG作ってる方もアニメ見てちゃんと解説できる方もすごーい!
"最初はかわいいからそうしてるのかなと思ったのですが(それもあると思いますが)、実際モデリングしてみるとこのモデルは顔をどこから見ても崩れにくいことが分かりました" /
アホ面とか言って申し訳ありませんでした!!
m(_ _)m←ジャンピング土下座
顔のモデルはこういう技術的意図があるのか
手抜きCGでは無い!サーバルちゃんのアホ面も実は凝った作りであった事(^ ^; >
このシリーズ面白いな。帰ったらじっくり読んでみよう。 -
3DCGおもしろーい♪
3DCG絡みから見た絵作り考察が面白い。
おもしろそう/
線に入りと抜き。線がざわついてるのがクセになる。 ※この世界の片隅に の「遅さの仮現運動」に似てる。線を細かく動かして日常動作を錯覚させる。
3DCG畑の人から見たけもフレの感想。結構面白い
CGに詳しいフレンズなんだね!
けもフレのCGについての記事すごいへーってなった
ここで書かれてる角度のサーバルちゃん達のほっぺのふくらみ好き
三話その2から見たのですが中々興味深い
そして全部読み終えて三話その2に戻ったら突っ込みたかった後半部分がちょうど削除されていたという
こういう方向から捉えて観るのも面白いな。スタッフのメイキングとか裏話とか伺ってみたくなる
なんかこの記事おもしろかった
自分にできない見方だからすごい面白いなあ
おもしろい
シリーズ最初の記事。面白くて最初から最新のまで通して読んでもうた。
視聴者が多いとこういう視点からモノを見れる人もいてとても面白い
こういうのいいなぁ
モデラーすごいなぁ。c4dでこんなにできるもんなのねー
この記事がオタク過ぎて気持ち悪い(至上の褒め言葉です)
例えば、この記事で解説されている下膨れに見える顔のモデリングは解剖学的にも理にかなっていて、眼球だけを動かして真横を見るためには、眼窩の脇が頰や額よりも内側にえぐれていないといけない。リアルな顔でも斜めから見るとこうなっている。
頬の膨らみは「そういうデザイン」だって思ってたけど実はこういう理由備わってた可能性あったのですね・・・ // - ブロ…
最新記事まで読み進めていって全ページで「なるほどなー・・・」しか言葉がない。なんかこうアニメは流し見るだけになってしまってて、熱を持って観られてないなぁ。そっち方面は完全に消費者になってしまっているので致し方なくはあるけれど。
OPの「夕暮れ空に指をそっと重ねたら」の部分のサーバルは顔の膨らみが特徴的で気になってたんだけど、なるほどそういう理由が。すごーい! /
この記事むっちゃ面白い 書かれてる分全部読んでもうた
この人のブログMMDのtipsとかで観てたけどこんな記事が始まってたのか。自分的に気になってる部分だからすごいうれしい→
すっごーいてかすげえ
この方面での見方おもしろい。
そうなのか…
サーバルちゃんのほっぺの膨らみ好きだなぁと思ってたけどそういう意図もあったのね こういうのありがたい その2のこだわりについても面白かった
「見せちゃいけない角度」のくだり良い
>このモデルは顔をどこから見ても崩れにくい あの独特の下ぶくれ顔にも意味があったのか…すごいなたつき監督 /
"おそらく短期間で制作しなくちゃならないので、修正作業のような時間のかかりそうな手順が必要ないように、かなり研究したのでしょう" /
あのぷっくりほっぺにも秘密があったんやなって
こんな記事があったので紹介。
これ口は3D処理じゃなくて後から手描きで足してるんじゃないかなあ?
てさぐれの頃からトゥーンレンダリングだけでなく「眉を髪の上に出す」とか「口の反対側が手前から見えてる」とかの2Dの表現を3Dでやってるの好き:
以上

記事本文: 3DCG方面から見る『けものフレンズ』第一話 その1【ちょっとしたメモ】:プチ3DCGモデラーの毎日モデリング - ブロマガ

関連記事

画像で見る主要ニュース