TOP > おでかけ・イベント > Car Watch > 国交省、現在実用...

国交省、現在実用化されている「自動運転」機能は、完全な自動運転ではありません!! - Car Watch

27コメント 登録日時:2017-04-14 19:55 | Car Watchキャッシュ

編集部:谷川 潔2017年4月14日 19:512017年4月14日 発表 国土交通省は4月14日、「現在実用化されている『自動運転』機能は、完全な自動運転ではありません!!」という発表を行なった。 この発表では、2017年11月千葉県八千代市において、日産自動車の試乗車が、「プロパイロットシステム」を使用した走行中に、運転者が前方停止車両を認識していたにも関わらず、自動車...

Twitterのコメント(27)

日産はセレナを自動運転として宣伝してたのだから燃費偽装と同じくらい大問題やろ
現在というか、永遠じゃない?w -
自動運転して自動運転にあらず。あくまで運転者を支援するもの。
この試乗車の件ディーラードライバー双方がだめ。数年後には「大丈夫だろ」ってオーナーによる追突が増える予感がするのだが。
これは販売員がわるいのか?
エアバッグの頃もシートベルトでやらかす人がいたが、新しい技術は正しい知識の周知が必要だわな。
そりゃそうだ
事故が起きてやっと腰を上げたか。遅いよ!!  @car_watchから
日産が新型セレナを発表した時に他社は自動運転ってアピールするのは勇気あるなーって言ってた的な話があったのを思い出した。/
: ニュース 国交省、現在実用化されている「自動運転」機能は、完全な自動運転ではありません!! 編集部:谷川 潔…
"「日産社製の『プロパイロットシステム』を含め、現在実用化されている『自動運転』機能は、運転者が責任を持って安全運転を行うことを前提とした『運転支援技術』であり、" / "国交省、現在実用化されている「自動運転」機能は、完全な自…"
やっちまった日産!?を受けての発表か?(笑)

それは解ってる。だから、早く完全な自動運転車を発売して!
運転者が前方停止車両を認識していたにも関わらず、自動車販売店店員の誤った認識により、ブレーキをかけずに走行した結果、走行環境の影響から衝突被害軽減ブレーキが作動せず、前方停止車両に追突し、前方停止車両に乗車中の2名が負傷する事故
自動運転ではなくアダプティブクルーズコントロールのほうが近そう
表現が悪いって,ホント :
セールスが同乗しての事故かよ…。
なんかハイビジョンとか言って実はフルハイビジョンが後に控えてたってのに似てるかな?w
むしろ余計に神経使いそうなイメージだった→今のレベルの自動運転
@car_watchから

まだ人間の補助が必要なレベルなのに『自動運転』なんて言葉なのがな・・・それの結果が事故な訳で。
やっちゃえ日産のCMとか結構やっちゃってるしなぁ。。ちゃんと周知しないとあかん。
そもそもプロパイロットは「高速道路同一車線自動運転技術」であって、日産は「一般道では使わないで」って言ってるんだよね。まあ、使うなという方が無理なんだけど。
販売員が事故起こさせちゃったのはまずいですな。
以上

記事本文: 国交省、現在実用化されている「自動運転」機能は、完全な自動運転ではありません!! - Car Watch

関連記事

画像で見る主要ニュース