「CoCo壱」創業者が店を叩き壊した朝:日経ビジネスオンライン

22コメント 登録日時:2017-12-07 02:20 | 日経ビジネスオンラインキャッシュ

経営を続けていれば、誰しも逆境に直面する。しかし、トップの向き合い方次第で、結果は大きく変わる。経営者は逆境にどう向き合ったか――。カレー店チェーン、壱番屋の創業者、宗次徳二氏の体験談に耳を傾けてみよう。...

Twitterのコメント(22)

退任するまでわずか2店のうち1店、福島森合店の話。
500店出して2点しか閉めてないってすごすぎやろ
やはり何かを成し遂げる方は常人とは比べ物にならないくらい強い想いを持ってるんだよなぁ。
すさまじい気迫。|
スタジオセットが気に入らなくて叩き壊したテリー伊藤みたいな話かと思った /
「498勝2敗」創業者宗次さんが社長時代に出したお店と閉店の数。そういわれるとココイチの閉店って見たことない。:
んんー?
違和感。


なんだか泣けます。浪花節だけど、経営ってそういうものかと。。。
ところで年内ロンドン出店の話は……

-
記事中で紹介されている第一号店、僕が幼少の頃に両親と行った思い出の店なんだよね 今も同じ場所にココイチがあるけど、長屋を壊して広い店舗に改装されてる
引退後に未練なく全て売り払って撤退するってのは、双方にとって良い形だと思う。 /
福島森合店…通ってた高校のそばにあって、人同級生が1,300gに成功したとか話をしていたのを、ふと思い出す。気づいたら他の店に変わってたんで気にも留めなかったですけど、創業者さんの因縁深いのお店だったとは…。 / "「CoCo壱…"
久保 俊介2017年12月7日(木)
最近人件費がきつくなってきたのか注文を捌けない外国人店員とかちらほら目に付くので土台が怪しい気はするけど。それでも他所よりは全然接客は良いですが。 /
泣けるなぁ・・・こういう経験は仕事をする上で必要だわ。
JR琴似駅にも、西帯広にも、昔CoCo壱があったんですよね…
名古屋・宗次ホール代表、「CoCo壱」創業者のインタビュー。通勤電車でじっくり読み込んでしまった。
何をしても流行らない店はある。最終的に会社事務所って物件は多いよなあ。
なんか、目頭熱くなった。。。"
宗次徳二氏は好きな経営者の一人、気質は社交的なHSPかな?
以上

記事本文: 「CoCo壱」創業者が店を叩き壊した朝:日経ビジネスオンライン

関連記事

画像で見る主要ニュース