TOP > 政治・経済 > 日経ビジネスオンライン > 日本人の「有給休...

日本人の「有給休暇の消化率」が極めて低い理由:日経ビジネスオンライン

27コメント 登録日時:2016-08-23 08:43 | 日経ビジネスオンラインキャッシュ

政府は「働き方改革」を最大のチャレンジと表現し、構造改革の1番手に挙げている。しかし、現状では日本人の長時間労働の抑制は進んでおらず、有給休暇取得率にも改善の兆しはない。今回は日本人が仕事を休めない事情について考える。...

Twitterのコメント(27)

「 「働き方改革」のうちで有給休暇の積極的取得という問題は、日本の場合、トップダウンで進展するような容易な話ではないことが痛感される」
年次有給休暇なんて、子どもの予防接種や病気看護、参観・懇談・校区の見守り当番等々の「休まらないこと」に使ったら、もう終わりのこの現状。
>日本人の「有給休暇の消化率」が極めて低い理由:日経ビジネスオンライン
諸外国は有給休暇取る時罪悪感を感じないってまじか。どうしてこうなってしまったんだ…
この有給休暇取得率に空有給がどれだけ含まれているか知りたいものだ。大企業での現役の頃、毎年期末になると20日連続空有給だったからね。空有給の日に出張が重なると更に悲惨だよ。
これは遠慮や配慮と言った曖昧とされるものを国の制度として排除できるかどうかだけで、談合の排除と問題のロジックと文化的背景はよく似ている。
「有給休暇取得に罪悪感を感じる人の割合…日本は18%という、突出して高い数字になっている。本来は権利の行使であるはずの有給休暇を取る際に「すみません」と言ってしまう感覚…」/
-備忘-
長時労働に頼らず最大の成果を
人手不足で罪悪感を感じるから、らしい。が人手不足になる背景には、日本の場合職務分掌が不明確で、職能評価が中心だったという背景があると思う。一部変わってきてはいるようだけど。
"理由の第1位は「人手不足」"
仏独などカトリックが多い国は、労働に罪悪感を持つ人も多く、特に日曜日に働くことは最近までタブーでした。QT @sasakitoshinao 有給休暇取得に罪悪感を感じる人の割合は18%…/日本人の「有給休暇の消化率」が極めて低い理由
休暇が長期でないため本当にリラックス出来ない。3日程度では休暇とはいえない。同調圧力も大変なもの。:日本人の「有給休暇の消化率」が極めて低い理由:日経ビジネスオンライン
自己評価高いな。ひとりいなくても何の影響もないのにw>
これはもうはっきりとしていて、企業の人員設計が「社員が有給休暇を取らない前提で」組まれているからだワン よって誰かが休むと職場が死ぬのでみんな休めないワン
権利行使するのに罪悪感なんていらんのに /
有給休暇取得に罪悪感を感じる人の割合は18%で、2位以下の米国やインド、韓国などの10%前後を大きく引き離しダントツ。そうなのか…。/
仲間に迷惑をかけるのが・・・なんていうのは嘘でいない間に仲間外れにされるのが嫌なだけ。そうやってお互いを縛りあってる。奴隷根性とはこういうのをいうのだ。w
ドイツ軍は二次大戦でも取得していた。
タイトルに偽りなく、本当に理由しか書いてない。
罪悪感というより普通に忙しいのと、「金がない」「疾病時の保険」。これな⇒日本人の「有給休暇の消化率」が極めて低い理由:日経ビジネスオンライン
「有給取得に「罪悪感」感じる割合は世界でダントツ」
有給取得に「罪悪感」感じる割合は世界でダントツ
日本や韓国は米欧の国に比較して祝日が多いですから、それも影響していると思います。

有給取得に「罪悪感」感じる割合は世界でダントツ」
日経ビジネス
結論が悲しすぎるぞ…。【日本人の「有給休暇の消化率」が極めて低い理由】
有給取得に「罪悪感」感じる割合は世界でダントツ
今回の台風のような出勤困難時に、有休取得を推奨するだけでも変わってくると思うけどね。「休む」という行為を「サボり」と同一視する価値観を変えるとこからだろうなー。 / "日本人の「有給休暇の消化率」が極めて低い理由:日経ビジネスオ…"
有休消化日数では、米国より多く休んでいるみたいだけど・・・
以上

記事本文: 日本人の「有給休暇の消化率」が極めて低い理由:日経ビジネスオンライン

関連記事