TOP > 政治・経済 > 日経ビジネスオンライン > 外食企業はなぜ、...

外食企業はなぜ、創業から時間がたつと弱るのか:日経ビジネスオンライン

78コメント 登録日時:2012-02-20 01:58 | 日経ビジネスオンラインキャッシュ

 お客さまは価値を買うのです。同じ商品ならば価格が安い方が価値が高くなります。価格が同じなら、商品力が高ければ高いほど価値は高くなります。この価値が勝負を決める。その価値の中身とは、そこでしか買えない商品なのか、明確な用途や動機を持った商品なのか、安いのかということです。ただし、価格が上がれば上がるほど、マーケットは小さくなります。価格が下がれば下がるほど、マーケットは大きくなります。どの...

Twitterのコメント(78)

答えは簡単なんですけどね。。
和民炎上前後でコメの質が違って面白い /
確かに理念を共有できている場合は、結構無茶ができるかもしれない。ただし、組織が大きくなったら無理でシステム的にやらざるを得ない。自分自身が大きくなった組織に対応できていなかったのに気づいていない。 /
ワナビジネスの世界では、金を貰うどころか、金を払ってレッスン受けるような人もいるようだし。「この仕事は夢を実現するためのレッスンである。給料払うどころかレッスン料を取りたいくらいだ」と思ってるんじゃ。 /
外食企業はなぜ創業から時間がたつと弱るのか 年功序列を貫くと損益分岐点が上がり利益が出にくくなる。売上高10億円時に重要だった人が、売上高100億円規模になったときに重要とは限らない。会社とはヒトを食物にして成長するものだ──渡邊美樹
ワタミ社長「社員の給料をすべて職務給に」「社員の独立を奨励」。先日の自殺した社員の判決と照らし合わせると、外食産業は米軍兵士と同様、貧民層を吸い上げる場でしかないのかも。270円で飲む方も、それなりの罪悪感は持つべきなんじゃなかろうか。
渡邉美樹に「社員を幸せにするための5つの基本」を学ぶ連載。"組織は人を食いながら成長していく"そうだ /
ワタミ氏曰く「組織は人を食いながら成長していきます」。正直ですな。一方で「社員の衣食住」をまず重視すると綺麗事を言うけど、その前に命を大切にしようよ。 >
価格政策、注力すべきニッチの絞り込み、ブランディングの方向性等々の相関関係が見やすくなるコラムだ・・・
どっかで聞いたことあるある。RT @usami2go: 今日の覚え書。「トップの器の大きさまでしか組織は大きくならない」 / 外食企業はなぜ、創業から時間がたつと弱るのか
今日の覚え書。「トップの器の大きさまでしか組織は大きくならない」 /
最近の商品では、ブランドがものすごく大きな商品力につながります。ブランドとは「思い出の小箱」ですから、物語が裏側にある。この物語が実は商品力そのものになるのです。  美樹
ワタミの社長って面の皮1800デニールくらいあるよな>
経営者として改めて考えてみたい
【渡邉 夢を語る経営勉強会】
社員を幸せにするための5つの基本
日経BPでのワタミの社長の言い草は、実情と余りに矛盾してるように感じる。月の残業が100h超えるのが常態化して過労で社員が自殺するような会社が「社員を幸せにしてる」とは到底思えん。
この記事がウソに思えますな。というか、シャチョーが把握してないのかな。▼渡邉
【自分メモ】渡邉美樹氏の記事⇒
ワタミの介護はブランド力というより安いからなんじゃ?という疑問はさておき、「外食企業はなぜ、創業から時間がたつと弱るのか」という題名に惹かれて読むと後悔する記事。 【日経ビジネス】
渡邉 JunichiroNamiki
渡邉美樹「好きな人同士で仕事をしたいという欲求です。人間は嫌いな人と仕事をしたら幸せではないのです。だから、好きな者同士で仕事しよう、というのが私が考えた社員の幸せです」
社員を幸せにするための5つの基本
なるほどね。→
やっぱりこれからの経営のキーワードはマズローなのか。
"しかし、組織と人が一緒に成長するのはなかなか難しい。"/  渡邉美樹 夢を語る経営勉強会(日経BP)
業種関係なく言えるな。。/
ワタミ創業者の渡邉さんの特集記事です。良かったので共有します。
「組織とともに人が成長しているならば、常に一緒にやっていけるでしょう。しかし、組織と人が一緒に成長するのはなかなか難しい。私の経験からすると、ほぼ不可能です」 で、都知事選に出たのか
なるほどと思います。企業トップの考えをどこまでブレなく浸透させることができるか。 /
うーん新鮮さがないかな(´д`)⇒「外食企業はなぜ、創業から時間がたつと弱るのか」
【参考】後でもう一度読む・・・
「質問:右腕を育てる方法は?その人物を選ぶポイントはありますか。⇒ 組織は人を食いながら成長していきます。会社は人そのものであり、社員は家族です。しかし右腕となると、非常に冷たいことを言う・・」
じゃあ何故外食産業特に居酒屋チェーンはブラックなんですか?
8時台に最も読まれた記事は:
ゼロからはじめる!ワタミ渡邉美樹会長の復興の商売学 外食企業はなぜ、創業から時間がたつと弱るのか? 社員を幸せにする5つの基本 今回も勉強になります 日経ビジネスオンライン
後で RT @nikkeibusiness: 7時台に最も読まれた記事は:外食企業はなぜ、創業から時間がたつと弱るのか
「社員を幸せにする5つの基本」byワタミ社長= 社員の衣食住が足りている、会社が安定する、社員全員が仲良く、行動基準(ルール)に基づいて仕事をしている、それぞれが正当な評価を受ける、そして、それぞれが自己実現できるようなフィールドを作る。
稼いでいる人材に正当な報酬を。 とてもシンプルではあるが、およそ大半の企業は年功給のもと、衰退してしまう。 /
なる RT @wasaist: 長いので後で読む / "外食企業はなぜ、創業から時間がたつと弱るのか 社員を幸せにするための5つの基本:日経ビジネスオンライン"
長いので後で読む /
外食企業はなぜ、創業から時間がたつと弱るのか(渡邉 夢を語る経営勉強会)
"トップの器の大きさまでしか組織は大きくならない" »
なるほどねー。
社員を幸せにするための5つの基本

多少異論はありますが、総じて同意できる話でした。
ワタミ…RT @maturss: [hatebu::economics] 外食企業はなぜ、創業から時間がたつと弱るのか 社員を幸せにするための5つの基本:日経ビジネスオンライン
久々に渡邊氏の記事を見たけど、やっぱこの人は素敵「外食企業はなぜ、創業から時間がたつと弱るのか(渡邉 夢を語る経営勉強会)」
: 前回のテーマはマーケティングでしたが、今回は「組織戦略/人材戦略」です。本題に入る前にまず、みなさん(経営勉強会参加者)からいただいた2つの質問に答えた...
以上

記事本文: 外食企業はなぜ、創業から時間がたつと弱るのか:日経ビジネスオンライン

関連記事

画像で見る主要ニュース