第19回 早く課長になった人ほど、マネジメントが下手:日経ビジネスオンライン

60コメント 登録日時:2010-11-15 00:47 | 日経ビジネスオンラインキャッシュ

 前々回『第17回 大人が大人をしかっちゃ、ダメでしょう』、前回『第18回 褒めようとするから、いつまでも褒められないのですよ』と、「しかる(注意する、気づかせる、期待を添える)」「褒める」といった組織におけるコミュニケーションをテーマにお話ししてきた。  これらはマネジメントの上で、また人材育成の上での上司と部下の間の基本的なコミュニケーションとして語られることが多い。上司と部下が出てきたところ...

Twitterのコメント(60)

僕は就職面接で「君はどの位出世したいかね」と社長に聞かれて「北海道支社を作って北を自分のシマにしたいです」と答えた痛い過去があります。/ -
目的と大切な価値観を共有して、手段は任せる。勉強になります。 RT @ShibainuKing: 第19回 早く課長になった人ほど、マネジメントが下手:日経ビジネスオンライン
自分の成功経験を横に置く。個人が合う方法を採らせる。僕ができんかったこと。RT @nikkeibusiness 早く課長になった人ほど、マネジメントが下手
はいこれ、おもろい。
ホープほど、「一皮剥ける」のに苦労する。でも、一皮剥けた時が楽しみ。 RT @mhdt 「第19回 早く課長になった人ほど、マネジメントが下手」「実績に対するご褒美」としての課長昇進という仕組みを改めるべきだ」なるほど、よくわかります。
うーむ。ある意味タイムリー。→
管理職に匹敵するような、プレーヤーとしての上位職があれば組織として上手くいきそうな気がします。そもそも「プレーヤー」が会社内で下に見られているのがおかしいんですがね。 【日経ビジネス】
すなわち、名監督ならぬ、名課長になりたい人が取るべき道は、まず「自分の成功体験をいったん横に置いてしまうこと」だ。そのうえで、部下には目指すべき目的と大切にすべき価値観を伝え、あとは一人ひとりの「個」に耳を傾ける。
「名プレーヤーは名監督にあらず」の本当の意味 世界トップクラスの選手たちは、プロ選手として活躍した経験のないモウリーニョ監督に対して、「彼がいるから移籍しない」という
これすごいわかる!知り合いにもいるしな・・・w:
これはマネジメント以外でも言えることだと思います。相手の立場に立って物事を考える必要あり。
【 日経ビジネスONLINE : 】
「世の中には走って痩せたい人もいれば、歩いて痩せたい人もいる...」の4行は非常に共感!
尊重と信頼を築くって難しいですよね。。。
お昼に読む RT @seiichiyamazaki 記事中のとおりスポーツ界でモウリーニョは良い例。今年のレアルはチームとしてまとまっている。 早く課長になった人ほど、マネジメントが下手
記事中のとおりスポーツ界でモウリーニョは良い例。今年のレアルはチームとしてまとまっている。
ものすごく思い当たるという人も多いと思いました→
Mariners 次期監督E. Wedge は選手歴3年、監督歴マイナーを含めて10数年。当時最年少の32歳でIndians の監督に就任。大リーグでは、高校の体育の先生が監督になることもある。
面白い。よく見かけるような気が。RT @nikkeibusiness 第19回 早く課長になった人ほど、マネジメントが下手
出世が遅れててよかった。 RT @nikkeibusiness 第19回 早く課長になった人ほど、マネジメントが下手
組織活動のジレンマ…
考えさせられる RT @flyingLarus RT @yanabo: 日経ビジネスオンライン 早く課長になった人ほど、マネジメントが下手 出来る人はなぜ出来ない人を出来る人に育てられないのか?自分流儀が通じるとは限らない
後で読む 【早く課長になった人ほど、マネジメントが下手】
日経ビジネスオンライン  出来る人はなぜ出来ない人を出来る人に育てられないのか?自分流儀が通じるとは限らない
確かに。ボトムアップを求める組織にも原因。RT @nikkeibusiness 早く課長になった人ほどマネジメントが下手
"2:6:2"とかAクラス社員とか論功行賞とか、熱心にブログ書いてた日々を思い出すなどw
「名プレーヤーは名監督にあらず」の本当の意味>
これはかなり納得できる記事だ QT @nikkeibusiness: 第19回 早く課長になった人ほど、マネジメントが下手
: 「せめて課長にはなりたい」が日本人の本音前々回『第17回 大人が大人をしかっちゃ、ダメでしょう』、前回『第18回 褒めようとするから、いつまでも...
一般論だけど、全部の人に当てはまるわけではないと思う。「早く課長になった人ほど、マネジメントが下手」 (日経ビジネスオンライン)
マネジメントの話としてはこれでいいんだろうけど、効率のいい方法を教えなくても実践できる人材を雇った方が手っ取り早い。入社の基準さえ見直せれば難しくないと思うけどね。
以前、昇進によって必要なスキルがオペレーショナルからアドミニストラティブさらににはマネジリナルへと変化するということをツイートしたと思いますが、そのことを日経BPが取り上げています。興味のある方はご一読を。
早く課長になった人ほど、マネジメントが下手(武田斉紀の「行きたくなる会社のつくり方」): 「せめて課長にはなりたい」が日本人の本音

 前々回『第17回 大人が大人をしかっちゃ、ダメでしょう』、前回『第18回 褒め...
以上

記事本文: 第19回 早く課長になった人ほど、マネジメントが下手:日経ビジネスオンライン

関連記事

画像で見る主要ニュース

54.196.213.0 ec2-54-196-213-0.compute-1.amazonaws.com