TOP > その他のニュース > 文春オンライン > 【ヤクルト】真の...
15コメント

9年前、戸田グラウンドで由規と増渕竜義の2人は 忘れられない光景がある。2008年7月のことだった。 埼玉・戸田総合グラウンド。2人の若者が力のこもったキャッチボールをしていた。お互いに大きく振りかぶって、容赦のないスピードボールを相手の胸元目がけて投げ込んでいる。ともに無言で、試合本番さながらの剛速球を投げ続けている。それはあまりにも真剣で、周囲の者を容易に近づけさせない鬼気迫る光景だった。...


Twitterのコメント(15)

神宮を歩いていたら、面識ない方から「由規読みました!」と声をかけられた。文春野球、大変だけどやりがいがあるな。 @bunshun_onlineより
不器用な男の復活に、最大限の賛辞を!! そして、1シーズンでも長く、マウンドに立つ姿を追い求めて欲しい。
懐かしい…若手先発に増渕、村中、由規、赤川…あの頃のヤクルトは輝かしい未来しか見えなかった。
ちょっと泣けた(´・c_・`)
ウルっとくるんですけどーっ。
相変わらずほんとにいい記事・・・
伊藤智仁、石井弘寿コーチの苦心のリハビリは直接は実を結ばなかった。ただそこで行われた苦心が由規、そして平井の復活につながっているんだね。
泣きそうになったわ。よちのりの好投がG戦のカツオ、そして昨日の樹理ちゃんに良い刺激を与えたんだろうね!

 由規が懸命に集め続けた「お守り」(文春オンライン)
ファンだからなんだろうけど、ヤクルトの選手には人柄とかの内面にもすごく魅かれる
右肩の故障から不死鳥のように復活した由規投手。
復活に際して彼が貫き通した「お守り」が。
真の復活へ向けてこれからも彼に期待したい方は、ぜひ文末の「Hit」ボタンをクリックしてください。
『伊藤智仁、そして自身も故障に苦しんだ石井弘寿両投手コーチからは、「お前は故障者にとってのカリスマ的存在にならなければいけない」と言われている。』
こういう積み重ねが、いざと言う時に、味方してくれるのでしょうね。
Hit&リツイートで、応燕よろしくお願いします🙏
いい記事…( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

 由規が懸命に集め続けた「お守り」(文春オンライン)
由規くんの記事😢😢😢
以上

記事本文: 【ヤクルト】真の復活なるか 由規が懸命に集め続けた「お守り」 | 文春オンライン

関連記事

39コメント 2015-11-12 15:20 - www.nikkansports.com

来季から育成選手として再出発するヤクルト由規投手(25)が12日、埼玉・戸田寮で育成選手としての再契約を結んだ。背番号は「11」から「121」に変更されることが決まった。 「1日でも早く2桁の背番号に戻れるように頑張りたい。小川(SD)さんからは『来季の構想に入っている。投げられるようになれれば、すぐに支配下になれる』と言っていただいた。でもそれに甘んじることなく、やっていきたい」と、意気込みを口...[続きを読む

画像で見る主要ニュース