自分が老害になっていないか確認する12の項目:成迫剛志の『ICT幸福論』:オルタナティブ・ブログ

様々な組織の様々な方々とお会いしていると、変革の時代における組織や人材についての......

Twitterのコメント(25)

いかん、予備軍でした。自戒…
確認したい /
老害論として真っ当な感じがします。気をつけます。

ドキッとした。ほとんど当てはまる。引き際を惨めにしたくない。
「自分が老害になっていないか確認する12の項目」
全項目ハズレでした。でも油断すると老害的発想になりがちなので気を引き締めていきます。(^_^;)
4つ目が心にグサグサと刺さったわ。他の項目は割と気を付けているつもり。
チェックは少ないけど少しづつ老害になってる気がする
どうも老害です /
こういう記事がなかった時代のビジネスパーソンはどうやって息抜きしてたんだろと思いを馳せた金曜の朝。月刊誌は月1しか出ないし、新聞もこの役割は担ってなかっただろうし...
ぬぉ、なんか自分の心に痛みが…(自虐)
ごめんなさいごめんなさい:
要チェックや〜
>自戒しないとなあ(v_v)
驚異の当てはまり率に、否応無く自覚を迫られる窓際族... -
老害の自覚はあったけど悉く当てはまる。
でもこれって老いたからではなくて、もともとの性格や育った環境に因る。
本来の「老害」という言葉からは逸脱した価値観ではないか(これが"議論のすり替え"だ)。
もっとひどい老害は「新しいことを自分でしない」、「新しい仕事の仕方を覚えない」、「昔の自慢話をする」かな
大事なことが書いてあった。
該当する項目があるな… /
あらためてこう言うのを読むと自分のことを考えさせられますねー。
こういうひと、いそう
これ見て思ったんですが、エンタメ業界のフリーランサーの場合、「老害」になりにくいかも知れませんね。どんどん発注元さんは若い方になっていくわけで、「ですよねぇ~!よっ!さすが!」と自分より一回り以上若い人にも学びの姿勢で行かないと食えないですからね
これ該当する項目がゼロってことはないと思うんだけれども、これらの特性をを「害」と断じてしまうのもまた単純化が過ぎるように思う(ってこれも老害?w)
老害ですわ
どきどきしたけどいまんとこだいじょうぶそう /
ドキドキ... /
以上

記事本文: 自分が老害になっていないか確認する12の項目:成迫剛志の『ICT幸福論』:オルタナティブ・ブログ

関連記事