TOP > その他のニュース > BLOGOS > 社長謝罪、朝日新...

社長謝罪、朝日新聞はどうして産経新聞に敗れたのか デジタルからの考察(木村正人)

31コメント 登録日時:2014-09-12 08:31 | BLOGOSキャッシュ

朝日落城朝日新聞が落城した。木村伊量(ただかず)社長は11日、記者会見を開き、東京電力福島第一原発事故の政府事故調査・検証委員会が作成した「吉田調書」に関する記事を取り消し、読者と東京電力の関係者に謝罪した。従軍慰安婦の検証記事で、韓国・済州島で慰安婦を強制連...

Twitterのコメント(31)

反日偏執マスメディアの崩壊がはじまる。テレビ局も覚悟しろ。国民は本当に呆れ果てているぞ💩

朝日落城 どうして産経新聞に敗れたのか
朝日叩きと、産経は紙で勝てないからネトウヨ増殖を頑張りますってだけじゃね?
甘い。逆にこのネット時代にこの長文はインチキ臭い。それがわからんとは。(笑) 朝日など潰れるしかない。関わった記者は永遠に晒される。それがネットだ。
なるほどね
◆ 木村正人
的確な指摘。「朝日新聞の戦略は(中略)ネットを通じて読者とつながっていき、社会を向上させていくというデジタル・ジャーナリズムの本質を見落としている」/
「朝日新聞が振りかざした「剣」には一定の方向性という曇りがあった。反原発報道にせよ、従軍慰安婦報道にせよ、最初に結論ありきでストーリーを作り上げてしまった。」
日本中誰の見方も皆同じ。
朝日は、情報には銭取るべき。産経は取らない。先見の明がどちらにあるのかは明らか。
鋭い分析だと思いながら読んだ。朝日廃刊は歴史的必然だということだ。
切り口を提供する記事としては最良だと思う。多くの人の目に触れます様に。
極左反日報道テロリスト集団朝日新聞の公開処刑が本格化・・・・・
レッテルをはるのではなく、レッテルを剥がすのがジャーナリズムの役目である。 -
その通り!
【インターネットは既存メディアを凌駕する第5権力になっている】

「そもそもマスメディアは人類幸福化に資する為に存在を許されて来たのだと思う。

情報を正確に伝えず歪曲して来た罪は極めて重い。...
なるほど。興味深い論考だ。
【必見】 ◎産経はニュースを解放する道を選び、朝日はニュースを囲い込む道を選んだ。この過ち⇒
朝日の発行部数は約760万部。ネット上は発行部数×◯
朝日デジタル紙面の「吉田調書」はタダで読めたけどね。まあ肝心の誤報記者たちはまともに読んでいなかったようだけど。→
ネットはオープンプラットホームだから、どうするか?ってはなし。
なんだか論点飛びがちで手前味噌な記事だな…。
朝日新聞は変わる、変わらない? 読者が変わらなければ朝日新聞は変わらない。
今や情報は色々な所から入るし
新聞、テレビだけなんて
爺婆さんだけだろ
朝日は日本人を馬鹿にし過ぎた
ヒマな方は読んでね(^-^)/
勝った負けたは知らないが、"レッテルをはるのではなく、レッテルを剥がすのがジャーナリズムの役目である" は、そうなのかもなぁ。 → | BLOGOS:
「朝日新聞が振りかざした「剣」には一定の方向性という曇りがあった。反原発報道にせよ、従軍慰安婦報道にせよ、最初に結論ありきでストーリーを作り上げてしまった。」
産経や読売にも当てはまる指摘。特に再稼働関係は・・・・
>偏見と先入観という曇ったガラスを破壊するのが解体的出直しの第1歩になるだろう。
偏見と先入観を排除したら、朝日新聞には何が残るというのか?
朝日落城 どうして産経新聞に破れたのか(木村正人)
"産経はニュースを解放する道を選び、朝日はニュースを囲い込む道を選んだ。この過ちが、朝日新聞とネットの間に埋めようのない溝を作った。"
産経はニュースを解放する道を選び、朝日はニュースを囲い込む道を選んだ。この過ちが、朝日新聞とネットの間に埋めようのない溝を作った。
「産経はニュースを解放する道を選び、朝日はニュースを囲い込む道を選んだ。この過ちが、朝日新聞とネットの間に埋めようのない溝を作った。」
筆者の政治的な主張については賛同できない点もあるけど、デジタル面の考察については興味深いし、朝日もぜひ参考にしてみては。
朝日新聞はどうして産経新聞に敗れたのか

朝日新聞が落城した。木村伊量社長は11日、記者会見を開き、東京電力福島第一原発事故の政府事故調査・検証委員会が作成した「吉田調書」に関する記事を取り消し、読者と東京電力の関係者に謝罪した。
朝日新聞の戦略はエリーティズムに基づく新たなブランドの確立であり、ネットを通じて読者とつながっていき、社会を向上させていくという本質を見落としている
以上

記事本文: 社長謝罪、朝日新聞はどうして産経新聞に敗れたのか デジタルからの考察(木村正人)

関連記事

画像で見る主要ニュース