TOP > その他のニュース > BLOGOS > 「共産党はすごい...

「共産党はすごい決断をよくした」野党協力に関して、小沢代表(小沢一郎) - 注目の記事

33コメント 登録日時:2015-11-13 16:54 | BLOGOSキャッシュ

小沢一郎代表は11月4日、石川県小松市内で講演に招かれ日本政治の現況について話しました。その中の野党協力に関しての発言要旨を下記にご紹介します。今、安倍政権の下で日本の政治が執り行われています。自公政権が日本の将来、国民の皆さんにとって本当に良い政治を行っているのなら、私は決して批判しません。しかし今日の安倍政権の政権運営を見ますと、日本の将来にとって本当に危ういやり方をしています。...

Twitterのコメント(33)

こう見てくると、この小沢さんの発言の真意が見えてくる。表に出てくる話にはもう一つ底があるから共産党は気をつけた方がいい。
↓↑ デマ信じてるのが野党の主な支持者層だから、野党統一候補なんて夢のまた夢じゃないの?→  (2015/11/13)
小沢氏も歳を取ったもんだな・・・ 溺れるものは藁をも掴む状況にしか見えず、国民のためと云うよりアベニクシーが纏まろうとしているとしか思えない。
「共産党はすごい決断をよくした」野党協力に関して、小沢
小沢!お前が言う国民は日本国民か?それとも在日韓国朝鮮シナ国民か?小沢!経済とは誰の為の経済だ?政党助成金で儲けたり辺野古の土地を買って儲けるための経済か?
何かコメントがいつも通りだなーーと思った件>
政治の目的は何だということを政治家は考えなければいけない。それは国民のために、国民の生活を守るためにある。政党がどうだとか。あいつが好きだとか嫌いだとか。そんなことを言っていたのでは政治にならない。(小沢一郎)
民主党にもこれぐらい柔らかく、かつ目的に忠実になって欲しい。
薩摩と長州が手を握ったのは尊皇という政策が一致していたから。ついに認知症の域まできたよ
政治屋としてのセンスもダメになったか… ただただ失笑を禁じ得ない。:
新党名は"(中国)共産党となかまたち"ってとこですかね。クーデターまがいの発言を公表することをよくやったと評価するくらいなら初めから合流すべきだと思う。
➡️太郎と一郎は入党すれば?
「共産党と共闘するなんてけしからんと言う人がいます。だけど皆さん考えていただきたい。薩摩と長州が手を握って初めて明治維新ができたのです」
完全に老害、小沢一郎にとっては選挙遊びなんだろう。勝たなければ意味がないが勝てば国の行く末を任される。この人政治屋であって政治家ではない。怒`-з-)=3
すごい論調である。
で、共産党は薩長のどちらですか?w
小沢氏と共産党かあ、昨日の敵は今日の友。政治手法も目指す国家観も全く相容れない両者、信用する訳ないぞ、オレ
共産党にへつらって自民党を倒そうとする小沢は日本を滅ぼそうとしている。
「明治維新はどうやってできましたか。薩摩と長州が手を握って初めて明治維新ができたのです。」

『明治維新はどうやってできましたか。薩摩と長州が手を握って初めて明治維新ができたのです』私は小沢信者ではないけれど、これは確かに説得力のある発言だ。
>あっ、そう・・・。
明治維新を引き合いに出してるところが馬鹿すぎる、自分が蒔いた種ですわ、多弱にしたのは、お前だよ、お前!イラっとする、マジで。/
この人⁉️完全に過去の人⁉️オマケにこのコメント⁉️泥舟連合艦隊の艦長でも、狙ってんですか⁉️
共産党を変えたのは若者達、将来を憂い行動した若者たちが本当はすごい。
野党結集しないと、来年の参議院選挙ではべた負け
《「共産党はすごい決断をよくした」野党協力に関して、小沢代表》
「自民党政権は国民のためにならない。だから変えなくてはいけない。そのためには野党協力する」という点では共産党と一致できる
この内容は凄いな、大人だね小沢氏は。
その後どうなるかはさておき、まずは選挙に勝たないとなんにもならないことを、小沢さんはわかっているということ。1回投票制の小選挙区が多い参院選なら尚更。
BLOGOS 私は何とかして、今年中に野党の連携のための基本的な合意をきちんととりつけて、来年の参議院選挙、その後に来る衆議院選挙に臨みたいと思います。 -
記事 小沢一郎2015年11月13日 16:28
山本太郎の次は共産党と手を組むのかな?
売国奴が売国奴を絶賛!

日本が嫌いなんだろ!小沢!
おーい、岩手県民も一連托生か?
格差の問題とかはその通りだとして、「自民党政権は国民のためにならない。(中略)そのためには野党協力する」って自民党倒したら内ゲバするの目に見えてるじゃん・・・。

「共産党はすごい決断をよくした」野党協力に関して
以上

記事本文: 「共産党はすごい決断をよくした」野党協力に関して、小沢代表(小沢一郎) - 注目の記事

関連記事

画像で見る主要ニュース