TOP > その他のニュース > BLOGOS > 安保法制は「廃止...

安保法制は「廃止」ではなく「見直し」(前原誠司) - 注目の記事

117コメント 登録日時:2015-09-29 13:41 | BLOGOSキャッシュ

2015年9月19日の未明、参議院本会議で、いわゆる安全保障法制が成立しました。我々民主党は反対の立場で臨みました。努力された多くの仲間に、心から敬意を表したいと思います。 出来の悪い法律だったので、党の意見が反対に集約できましたが、6月1日の国会質問でも主張したとおり、私は「憲法解釈の変更による集団的自衛権の部分行使」には賛成の立場です。...

Twitterのコメント(117)

そういう自分も2015年夏はSEALDsにズルズルと引きずり込まれてしまった1人なんだけど、この前原さんの記事を読んで気付いたんだよね。

長島さんにはツイッターで突っかかったりしてブロックされてしまったけど、完全に自分が悪かった。
前原氏「安保法のみで共産党と協力は論外」 この人の立ち位置ってほんと不思議
さすがの日本会議議員。さっさと自民党へ行け!
落選させる議員は政権与党以外にも
前原誠司氏は「憲法解釈の変更による集団的自衛権の部分行使」に賛成と長島昭久氏、細野豪志、金子洋一両氏に先の野田前総理と次から次に本音が
媚びへつらうって、こういうことね。民主党はもう党の体を成してない。
前原!お前ジャマだよ!そこをどけ!→
前原さん久々に見たw
そして言ってる事はまあまあ理解できる
「日本会議党」立ち上げればいいのに。---
前原さん今更何を言っても駄目
200時間以上の長い時間それも
どの党よりも長い質疑時間を
与えられながら違憲反対しか言わず
ただ妨害しただけ
この罪は重い
前原あっちいけ(/^^)/ "@ld_blogos: 「安保法制廃止」のみで、日本共産党と選挙協力するのは論外と言わざるを得ません。/安保法制は「廃止」ではなく「見直し」(前原誠司)  "
一言 : 遅い!
こういう人たちが野党共闘をはばみ安倍自民を利する。そういう役割、使命で民主党にいるような気もするが、自民党に行って物事を分かりやすくして欲しい。:
興味深い。冷静に分析しつつ、立ち位置は変えない主張なのに、切るべきだの自民に戻れだの米付きツイートがある点も含めて、"興味深い"。
この記事からわかるのは、問題は既に99年の周辺事態法(または97年のガイドライン改訂)から始まっていたということであり、民主党右派は回答ではなく問題の一部だということである。
集団的自衛権を、周辺事態法の拡大で容認すべきとする、前原の新説
今回の重要影響事態法でも武力行使が認められなかったことが不満らしい
集団的自衛権を、存立危機事態だけでなく、重要影響事態でも行使可能にしろと言うのか?
安倍を超えたな
>
前原さんの考え方は、思った通り。前原❓前野❓一派は、民主党を出て行きなさい。安保法制廃止の参議院選挙で、新生民主党は野党共闘へ邁進して下さい。
この人と辻元清美が同居しているから、民主党は「野合」にしか見えないんだよ。骨格となる基本政策は一体どこにあるのか。自民党以上に左右のウイングが広過ぎる。
きわめて真っ当なことを言っていた。/
「私は「憲法解釈の変更による集団的自衛権の部分行使」には賛成の立場です。」だろうね。日本会議メンバーだもんね。日本会議が日本を正すんだもんね。ケッ(唾棄)■安保法制は「廃止」ではなく「見直し」
まともなこと言ってるように感じる。がんばってほしい。 >
民主の中の最右翼ですね。
前原は信用ならんけど…共産党なんかと協力しようとしてる、現執行部よりはマシかね。
違憲法案を見直しとはあり得ない。こんなに党内で意見がバラバラだと、次の選挙では民主以外の確かな野党に票入れるかもよ。
戦争法賛成が本音の戯言ですね(>_<)自民党に戻ったらどうですか?!→
憲法に違反しているのは明確で、手続き上もルール無視。
今更見直しを言うなら、一旦廃止してからでしょう。
野党がひとつになろうとするときに足を引っ張るな。
そうか、廃止でなく見直し? 立憲主義はどうでもいいのかな? @tsurishi9 はぁ? 「見直し?」。前原さん、あなたは民主党を出て自民党へ行きなさい。
前原さんはそうよね。民主の一部と維新が一つになって「大きくはない家」ができ、民主の一部と社共と生活が「小さな家」となるのでしょうか?
ほんと、この人なんで民主党にいるんだろうって感じるわ。 /
前原誠司議員も、南スーダンで武器を持って、中国兵とともに、PKOに参加してきてください。
違憲部分を廃止するのであれば「見直し」でもいいや、と思って読んだがこれは全く駄目。共産党と歩み寄ろうという意思も全くない。十年後に政権を取ればいいと思ってるのかもしれないが、それでは手遅れだよ。
高坂正堯グループは坂元某を筆頭に安倍の別働隊ですね。朝鮮有事があっても韓国側は日本に応援を求めないでしょう。意味のない安保法制は不要です。早く分派なさることをお勧めします。
はぁ? 「見直し?」。前原さん、あなたは民主党を出て自民党へ行きなさい。
はっ??民主党・前原誠司!
タイミング的には今言うのが良かったのかなぁ。もっと前にきちんと聞きたかった前原さんのご意見。
確かに成立した今、曖昧な箇所の早急な『見直し』と言う意味では一理ある。
メモ。民主党前原の意見。:
あー極右の前原か。民主党もとっとと前原を離党させれば良いのにね。
戦争法案廃止の運動が盛り上がってくると日本会議が足を引っ張る。しかも元民主党代表がこれだから民主党は信頼されない。
あいややや・・・ →
前原誠司の言うことなんか信用しない。あいつのメール問題と八ッ場ダム問題で取った冷酷な態度を俺は絶対忘れない。
おや、前原氏も。今更何言っても民主党に対する世間の見方は変わらないでしょうね。共産党との協力には拒否姿勢を示してるし、ホント民主党割れるんじゃないかね。⇒
スパイ前原誠司。安保法制で誰が民主党のガン細胞だかあぶり出されて再編しやすい。前原誠司よ、自民党へ行け!!➡︎
「成立した法律を…『廃止に追い込む』…だけでは話になりません。まして『安保法制廃止』のみで日本共産党と選挙協力…は論外」
当面、一点だから協力可能と!
違憲の法律を見直すだけという、隠れ「与党」は国民には無用!
≫前原誠司・民主党元代表
お、やっとまともな事言ってくれるようになったかな?
「日本共産党党と選挙協力するのは論外」。「対米追随」でいこうってさ。前原誠司氏。鳩山政権はつぶれるわけだ。
これだから民主党は信用されないのですよ。自民党にお帰りなさい。★
「集団的自衛権賛成」「政権交代のためには対米従属でいい」by
与党がゴリ押しした安保法案には憲法違反や可決過程での違法性があるんだから、先ずこれを白紙に戻すために協力するのは、前原論とも矛盾しないと思う。→
なぜ今言うのか?国会中に言えよ感ある>
今更言うな!最初から蓮舫や福山や枝野に言えよ!
前原誠司: もはや、この人には何も期待してません。がんばろうとしている民主党から離党して欲しいです。
前原さんはまともやね。
憲法違反も法的安定性関係ないのか、前原誠司君
日本会議のメンバーは大人しく離党して自民党なり次世代の党なりに移籍してくださいな/
至極まともな意見。安保法制廃案という錦の御旗の下、民主共産が選挙協力するのはナンセンスすぎる。
過去の経緯を無視し、ましてや「安保法制廃止」のみで、日本共産党と選挙協力するのは論外と言わざるを得ません。
前原番長が袋叩きにあってる…実は民主党も日本もどうでもいい人達に。
前原氏の話を聞くと、不思議と頭の中で「まあ、アメリカの使者みたいな人だからな」という言葉がこだまする。 / "安保法制は「廃止」ではなく「見直し」(前原誠司) - 注目の記事"
主張の賛否は別にして、これが野党としての正しい姿勢ではないだろうか。これだと「議論」が成り立つ。
だから民主党はだめなんだよね→ QT @ld_blogos: 「安保法制廃止」のみで日本共産党と選挙協力するのは論外と言わざるを得ません。/安保法制は「廃止」ではなく「見直し」(前原誠司) 
これは民主党の公式見解なのか?それじゃ話が違うだろ?戦争法の対案は廃案と、北沢俊美氏がはっきり言ったではないか。それに深くうなづいたのは私だけではないはずだ。
民主党は、「安保廃案派」と「安保見直し派」にはっきりわかれてくれ。投票判断ができあに。 #安保法制
前原氏が党首になれば、少なくとも岡田現代表よりは、自民党と民主党で建設的な議論が出来るはずだ。
民主党 前原誠司 色眼鏡を外して一読する価値あり。
民主党では集団的自衛権は止められません!共産党に投票を!
しばらく見なかったけどあんたは今までどこにいってただね?
山本太郎氏の外交の信念は「和」なので、この問題にどう取り組むのかね。大変に期待している。
自民党に移ればよいのに。
堕ちていく民主党の中で、前原さんは変わらない/
ミンスが受け皿としての指示が無い状況を全く理解していないね。そもそも足元が寄せ集めなのにチャンチャラ可笑しい。もう脇役しか無いんだよ (笑)
前原誠司『私は「憲法解釈の変更による集団的自衛権の部分行使」には賛成の立場』☜こういうのがいるから民主党は訳分んなくなっちゃう。安保法を本気で廃止するつもりなら袂を分かつべき。
TVで見たけど、一緒にデモで叫んでいたはず!    【
まともにやったら民主党解体ですね。〈・安保法制「廃止」の主張の中身が、一致しているのでしょうか?・外交・安全保障の考え方が、一致しているのでしょうか?〉
今になって言うな
次回選挙は違憲の集団的自衛権を野党結束しての戦いになる。前原誠司は自民党に行ったほうがスッキリする。
野党共闘を潰そうとする動きも始まった。やっぱりこの人。
◆前原誠司【法制は「廃止」ではなく「見直し」】
ホントロクでもねーな。前原。
>政権を再び握った時の対米関係を考えずして、成立した法律を単に「廃止に追い込む」と気勢を上げるだけでは、話になりません。<
さすが松下政経塾出身。松下の遺訓なのかな、共産党への頑なな拒絶は。
民主党はダ〜メだ、こりゃ。いつまで生ぬるいことをほざいてんだ。民主党単独で選挙に勝てるとでも思ってんのか!?思い上がりもいい加減にしろ。【安保法制は「廃止」ではなく「見直し」】
何言ってんだこの阿呆は。実際問題見直しも何も民主の馬鹿共が絶対反対とか言って建設的な議論すらしなかったじゃ無いか。成立してから何言っても無駄
前原氏 意見はわかりました。でも、民主党政権で、そのような冷静な対応ができるでしょうか?
前原さん、やっと口開いたと思ったらこれかいな。
民主党がどう割れていくか知らんが、この今さらの後出しっぷりが、この人を信用できない最大の理由。
ほんま信念なしの風見鶏やな
国会会期中どこに隠れてたんやオッサンw
憲法9条・立憲主義無視、米国従属だけなら自民党に入った方がいい。安保法が制定される前に言わなかったのは自信がないからだろう。
こういった政党と選挙協力するというのは、まさに「禁じ手」です。政党間の協力は、理念と政策の一致が必要条件です。

今は急激に極右政党化する自民党に
NGを出すためだけの共闘で
いいんじゃない
残念ながら、そのようなことが民主党に可能なのであれば、ご自分がリーダーシップを取ってまずは自民党政権を説き伏せてみればいいと思う。
安保法制は「廃止」ではなく「見直し」|

廃案派からすれば眉唾モノでしょうが、今回成立した安保法制関連法に対し、誰よりも論理的かつ的確に批判をしている内容。これは流石だと言わざるをえない。長島氏とも若干違いがあるように思える。
確かに考慮すべき内容
コイツは理解力ゼロのバカなのかな。
前原誠司氏『 前原氏・細野氏は平和安全法制部分的に賛成のようなので、自民党に近い。彼らのグループは自民党を利している。政策の不一致のまま小異を捨てて大同団結の義がわかってない。
民主党 前原誠司議員。
黒幕はこいつか。 →
国民会議なのだから、自民党に行けば良いのに。
お前は関西維新に合流ってことで、最初から頭数に入ってないわ、ボケ

安保法制は「廃止」ではなく「見直し」 - BLOGOS
政府が常識をひっくり返す「何でもあり」の状況で突っ走ってるのに、旧態然とした考え方で選挙協力は出来ないと主張する前原氏。
論外ね。こりゃダメだ。民主党は自滅だね。 →
法案成立したら案の定安保法制は必要ときたよ!
必要なのわ分かってるから与野党関係なくやれば良かったのにパフォーマンスに走るからそうなる。
←前田さんは、言っていることはそれなりに筋が通っているのに、それが結果に結びつかないから「言うだけ番長」などと呼ばれてしまう…
だから反対してんだ、、。 お前、自民に行け。
前原氏は、思い切って自民党に鞍替えした方がいいと思います。民主党が国民を裏切ったことを国民は忘れていません。日米安保問題が自公政権とほぼ同じ人が民主党にいるのが脆弱な原因でしょう。
「政党間の協力は、理念と政策の一致が必要条件」笑える。党内でも一致してねぇじゃねぇか。さすが日本会議だね。
やっぱり前原は民主を出るか民主を割るべき。色々な考えはあって当然だが、改憲無くしての解釈変更は党としてまとめられないのであればこの発言は発表すべきでない。
日米ガイドラインにホルムズ海峡や南シナ海が含まれていても尊重するの?言っている事と矛盾している。・・やはり一旦「廃止」してから。→
前原誠司=私は「憲法解釈の変更による集団的自衛権の部分行使」には賛成の立場です。
前原氏「安保法のみで共産党と協力は論外」 (前原誠司) 民主党分裂か
前原は自民党に行け!→ そもそも集団的自衛権の行使容認してる戦争立法は憲法九条に違反する事は圧倒的大多数の憲法学者の見解である。違憲立法は存在すること自体が立憲主義の否定である。
民主党なんざ全く信用していないけど(野田政権なんて自民党政権より酷い)、この前原グループにはさっさと自民党に入ってもらった方が良いのでは?まぁ、入れてもらえないだろうけど。
国民には違憲だから反対のイメージしか残ってませんよ。
自民党に移れ。民主党には要らん。
前原さんって2大政党論者だよね。。。この考え方っておかしい。
→こうした議論をしなかったつけで「廃止論」しかやれなくなる
<信用したら痛い目に、「また」会いそうです。貴方のことですよ。前原さん。
保守中間票が逃げるとか考える向きは嫌がるのだろうが、民主党と共産党の政策の親和性は低くないと思う。共産党を嫌がる前に、党内で政策一致させるべきではないのだろうか?
前原誠司氏みたいなのは切り捨てて、共産党と組みのもありうる選択肢では。/
以上

記事本文: 安保法制は「廃止」ではなく「見直し」(前原誠司) - 注目の記事

関連記事

画像で見る主要ニュース