TOP > その他のニュース > BLOGOS > 胴体なし、豚の脳...

胴体なし、豚の脳だけ延命させる研究に倫理的論争

49コメント 登録日時:2018-04-28 16:50 | BLOGOSキャッシュ

パラブ・ゴーシュ科学担当編集委員、BBCニュース科学者はポンプ、加熱器、そして人工血液の入った袋を用いて、豚の脳の血液循環を回復させた REUTERS米イェール大学の研究者たちが、胴体を除去した豚の脳に対する血液循環を人工的に回復させ、最大36時間にわたって生...

Twitterのコメント(49)

@Takashi_Shiina
伊号みたいです…。
小林泰三の世界なら余裕。逆に脳だけなくても平気。「首なし」
研究?研究と言う名の大人のオモチャと同じレベル‼️でしかない…
脳だけで不老不死になる世界か… 一部の変わりものとか、大金持ちの人には需要がありそうですな…。大半の人は体と一緒に普通に死にたいと思ってると思うけどね
これは恐ろしいことを…
FO3,4のロボブレインを彷彿とさせるな…w
あそこの実験の痕跡の記事等は最高にひどかった。
とんちゃんは既に脳だけしかなくて、この景色も感触も実はただの電気信号なのかもしれない…
この研究の先には、アニメのPSYCHO-PASSや楽園追放のように脳だけで意識を持続する未来も見える
『ドウエル教授の首』かよ。気味が悪い。そうなってまで生きていなくていい。
サイボーグ豚!豚の生首にゴーストはいるのか
(BBC News)

狂ってますね..
そこまでして、人間を延命する
価値がどこにあるのでしょうか?
怖い世の中だと思います。
コタツ「?!」
リョナラーでもこの手のが好きなのは少ない印象
こりゃダメだ。筒井康隆の短編小説で、脳だけ行き続ける主人公が永遠に続く物凄い痛みの中で絶望するっての思い出した。
おっそろしかぁ
【鈴考】後半何言ってるかわからんけどなんかやべぇぞこれ
この実験をサルやチンパンジーで行ったら、と考えると恐ろしい。
ドクターマモーが現実のものに……。
何故それほど死を恐れるのか。そこが私には理解出来ない
のちのドクターゲロである。
<薬に頼らない精神科医千村のひとりごと>米国イェール大学か。よくまあ思いつくもんだな。こういう研究者が考えることは理解できないし、ついていけないんだなあ。
最低最悪。
いずれ終わりがやって来ると分かっているから美しくそして意味がある…それが命なのではないでしょうか?
倫理的に問題がかなりある研究だと思う。/
フィクションではなく現実でこういう話が出てくると「むむむ」となってしまう……。
ロアルド・ダール「ウイリアムとメアリー」…
(BBC News)

脳だけで生きさせられる、脳だけになっても意識があるかはマブラヴオルタネイティヴで大切な要素だったなぁ…
何やら凄い話だな。
(BBC News)

知ってしまうと反対、人間自分で捕食できなくなれば死がいいと思う。でも進化し続けやきゃならんなら闇で。
(BBC News)
そういえば、昔ロシア(当時はソ連)で似たような研究をしてたな…。アレは犬だったけど。
以前、筋萎縮症のロシア人男性の頭部を別の胴体に移植する計画の記事を読んだことがあるけど、それと似たような倫理的問題がありそう。
自分も同じ目に遭えばいいと思う。腹立つ
デミコフの研究を連想させる
銃夢の世界だなぁ… (^_^;)
これに似た話がTV版の「トワイライトゾーン」にあったと思った・・・・
(BBC News)

これはちょっとダメな世界じゃないの?踏み込んではいけない部分とゆーか、人として、それこそ倫理的な部分で嫌悪感が生まれる。
人間の脳と体を取り替えるってことか・・・怖い
マモー誕生への道か…
ルヴィクが浮かぶ
シビュラシステム誕生の大きな一歩ですね(クソオタク脳)
身体が使えなくなった時に能を移植する技術・・・。人はどこまでも欲張りなり。 今後これについてどのような議論が巻き上がるのか興味あります。
ほらーもう脳だけで生きるとかww現実になってきたwもうなってる人いるけどね!
イェール大学……?
(BBC News)
『マルドウック・スクランブル』を思い出しました。
世にも奇妙な物語の「バーチャル・リアリティ」を思い出しました:(ˊ◦ω◦ˋ):
以上

記事本文: 胴体なし、豚の脳だけ延命させる研究に倫理的論争

関連記事

画像で見る主要ニュース