TOP > その他のニュース > BLOGOS > 朝鮮文化の恨(ハ...

朝鮮文化の恨(ハン)の思想

11コメント 登録日時:2017-11-12 21:50 | BLOGOSキャッシュ

朝鮮文化の基調をなすのが、「恨(ハン)」の思想である。単なる恨み、辛みではなく、悲哀、無念さ、痛恨、無常観、優越者に対する憧憬や嫉妬などの感情をいう。識者は様々に定義している。 呉善花は「日本では、怨恨の『怨』も『恨』もだいたい同じ意味で使われていると思います...

Twitterのコメント(11)

舛添要一氏が韓国で見た「恨」の感情 朴槿恵氏との会談で大人げない対応 物乞い老人。鳩山~舛添。舛添~鳩山
「恨」など、負の感情に韓国にありがちな「勿体つけて後付け説明」しただけのものとしか。以前よく見受けられた「舛添氏のヒステリー」に小難しい解釈を付けたようなものだと。
今頃、何が言いたのかな。
朴槿恵は好きだけど文在寅は嫌いと言うこと?

「この握手シーンを韓国の国威発揚のような感じで流すのは、いかにも大人げないし、「恨」の感情なのかなと思ったりもした。」
いや、朝鮮はただ卑しいだけだよ。マスゾエ君は朝鮮系なんだろうけど。卑しさから脱しようね。日本人になろうよ。
👀
( ゚д゚) …❓❓❓
今さら何をマスゾエ。お前が東京都で韓国利権を狙ったのを我々が忘れたとでも?
舛添要一氏が韓国で見た「恨」の感情 朴槿恵氏との会談で大人げない対応 詳しいんですねw
息を吐くように嘘をつく相変わらず在日帰化人だな
韓国相手に、大人の対応をすると 馬鹿を見る。日本は「思いやり」で成り立ってるので一方的では成立しません。厄介な事に 韓国は自国を大人と勘違いしています。子供の相手は…もう疲れました。
舛添氏が韓国で見た「恨」(ハン)の感情。呉善花「韓国の『恨』は、韓国伝統の独特な情緒です。恨は単なるうらみの情ではなく、達成したいけれども達成できない、自分の内部に生まれるある種の『くやしさ』に発しています。
以上

記事本文: 朝鮮文化の恨(ハン)の思想

関連記事

関連ニュースは見つかりませんでした。

画像で見る主要ニュース