TOP > その他のニュース > BLOGOS > 【読書感想】バカ...

【読書感想】バカ論 (1/2)

11コメント 登録日時:2017-11-06 10:35 | BLOGOSキャッシュ

バカ論 (新潮新書)作者: ビートたけし出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/10/13メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見るKindle版もあります。バカ論(新潮新書)作者: ビートたけし出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/...

Twitterのコメント(11)

記事を拝読。ほほぅ、面白そうな本だなぁ
めっちゃおもろかった。
【読書感想】バカ論(fujipon)
だからあの人特殊なんだな。普通のちょっと面白い人は、収入や社会的地位が上がると、どうしても「これじゃいけない」と思いがちで、そこから中途半端に勉強したりしてつまらなくなっていくから。/
たけしの文章仕事って、本人が一切書いてもない、下手したらチェックもしていないっていうの前提だからなあ。紳助曰く「(同ランクの芸人の中で)今でも一番勉強してるのはさんま」なんだよね。 / "【読書感想】バカ論 (1/2)"
年齢が上になってくると教養という部分に気持ちが動くのは分かる感じがする。【読書感想】バカ論
まあ、いいたいこと分かる。勉強はしているけど、さんまさんは雑学系なんだよな。
たけしは好きじゃなく共感した事はあまりないけど、このさんま論は面白い。確かに。せっかく色んな分野の人が集まってもキャラをいじりで、とうとう『結婚できる人は』って専門外企画になってるもんな
ビートたけし 明石家さんまを称賛するも「教養のなさ」を指摘
ビートたけし 明石家さんまを称賛するも「教養のなさ」を指摘 さすが文化人様様(笑)
たけし・タモリにあって、さんまに無いもの。それは「教養」だ。だが、教養と学歴は違う。最近クイズ番組などでもてはやされている高学歴芸人には教養もなければお笑いのセンスもない。
以上

記事本文: 【読書感想】バカ論 (1/2)

関連記事

画像で見る主要ニュース