TOP > ネタ・話題・トピック > Books&Apps > AI研究者が発見...

AI研究者が発見した「バカの壁」の正体 | Books&Apps

352コメント 登録日時:2018-03-07 07:32 | Books&Appsキャッシュ

コンサルタントをやっていた頃、 「話がぜんぜん伝わらない人」 が結構いることに、驚いた記憶がある。   しかし上司は、私に対して 「話が伝わらないのは、お前が悪い。」と言う。 不満を述べると、上司は 「お前の都合など知らん。中学生が理解できるかどうかを判断基準にして話...

Twitterのコメント(352)

AIの話題が出ると思い出す記事
・AIは東大合格レベルの知性は獲得できない。なぜなら「意味」を理解しないから。
・そんなAIにテストで負ける生徒がかなりいる
・わかりやすい部分だけを「適当」に抜き出し「勝手な解釈」をしている
クソリプする人の事が理解できた。
これ、子供の話だけじゃないよね。
俺もその気あるんだけど、対象の表現したい文脈を無視し、自分の文脈で物事を見て、判断し、結論を出してしまうこと多い。
たまたま壁を乗り越えれただけではうまくすすめないのを思い出す。
今は壁を抜けたならできるはずのことわ求められるのにできない自分と向き合わなくてはいけなくて、初めて進みかたをかんがえている。
興味深い記事でした。
読解力を身につけることの大切さを再認識しました。
「母国語が一定のレベルでなければ、そもそも英語が話せたとしても、言葉の中身は貧しいままとなってしまう」(記事より抜粋)
当方も日本語力・読解力が貧しいので他人事ではない
twitterでも 表題だけ読んで批判してる人がたくさんいるけど 読解力の問題だと思う📚

 ただわかりやすいように長い文章にするのは避けてるけどね!(^^)!
自分に理解できるフレーズ、自分に都合のいいフレーズを抜き出してロジックを生み出す脳の働きは確かにあって、それは記憶の捏造すら生じさせる
面白い記事だったなぁ。
答えは「アミラーゼ」であってるかなぁ。
アホの人そんな読み方してんのかよビックリ、そりゃ会話成り立たんわな…
確かに、Yahooニュースのコメント欄には、明らかに文章の意図を読み間違えている人がいる。何となくの理解を、自分が望む結論と短絡的に繋げて物事を批判する人が多いと感じる。
内容はともかく、「コンサル経験者」という人であってもこういう間延びした改行やこういう細切れな段落のとり方を普通にやるというのは、やはり読み手を中学生くらいだと想定してのことなんだろうか。
「英語のスキルを獲得したい」という人が増えているが、実はその前に、母国語が一定のレベルでなければ、そもそも英語が話せたとしても、言葉の中身は貧しいままとなってしまう。
小難しいことは知りたくない。

面倒そうなことは避けたい。

だから、知りたくないことには耳を貸さない。そういう人間が世の中にはたくさんいる
"つまり「読めない子」は、文中の「わかりやすい部分」だけを適当に抜き出し、勝手に自分なりの解釈をしてしまう読み方をしているのである。"
中学生でもわかるように話すってのはなるべく意識している。自分で気が付いたのは塾講やってた時だった。簡単に要約できないのは、自分が理解できていないからなのだ。
要は
「AIが人類を追い越すなどは妄想だ、安心汁」
「ただし、AI程度に追い越される個人はかなり存在する。勉強汁」
と言うことでファイナルアンサーか・・・そういう新入社員に備えよう(ガクブル
読解力のない人というのは、「自分に都合のいい情報しか見ない」「物事をうわべでしか判断しない人」でもあると思う。自分と異なる考え方の人を「パヨク」と言って排除するネトウヨさんみたいなもの。
このことは、常々思っているし危惧を抱いてるなんだが、多分読解力のない人にはなかなか伝わらないんだろうな…とも思う。>
納得
成績悪くても読解力が高い人間はただ成績が向上するように努力してないだけだけど、読解力が低い人間は努力してもなかなか成績は伸びない。
努力してたら読解力も伸びるけど、まず読解力を上げる訓練した方が伸びが良い
いまでも金掛けりゃ8割の仕事なんてすぐ無くなるゾ。コストに見合わないだけやで。
バカは死ななきゃ治らない、平安時代の哲学剣士ミヤモトマサシの言葉である。
まじで、言葉のわかるところだけを抽出して自分のバイアスをゴリゴリに詰め込んだ上に、我が物顔で主張する奴は困ったものだ。自分もそうならないようにしたい。
"不思議すぎるコメントが時折、見受けられるのは、つまり「大人でも「ちゃんと読めていない人」がいる」からなのだろう。"
ザッと見た刹那は2.と見立てたけど、読んだら1.だな(・ω・) リテラシーは磨かないと錆びる _(:3 」∠)_ ひ〜
「基礎的読解力は人生を左右する」

これホントにそう思う。
本の中身もレビューの内容も面白い。
学級会問題に通じるものがある気がする()
会話をするって、難しいよね()
アミラーゼは酵素。グルコースはデンプンとセルロースを構成する物質。答えは分かるね?
「基礎的読解力は人生を左右する」という。

新しい知識を得るスピードに大きく影響があるからだ。
その辺を読み返してみると、AI研究者の文の引用と記事執筆者の文との対応がかなり怪しい。やっぱりかなりダメな記事だと思う。
@poppoyakiya こんにちは通りすがりに失礼します。こんな記事があります 。意味の分からない部分、理解する気が元から無い箇所は読み飛ばす層が一定数いるとの事。だったらリプしなきゃいいんでしょうけど現実は…(^◇^;)
文脈曲解アベガーには、この記事を貼れば済む気がするw
わざと曲解してるわけじゃない人もいるのかもなって、この記事読んで思った。
会社のスラックから
【「読めない子」は、文中の「わかりやすい部分」だけを適当に抜き出し、勝手に自分なりの解釈をしてしまう読み方をしているのである。】

なるほどねぇ。
これは結構深刻な問題だと思うのであった(´ω`)
この人の文章ほんとに好きなんだよなぁ。導入が具体例から入ってるし、要点だけスッキリまとまってる。だけど、こちらにも考えさせるような工夫がされてて本当に勉強になる。
ほんとにそうだなぁ。子供には母国語をまずはしっかりしてほしいし、読解力がつくようにしたい。具体的にどうすべきかは分からんが(苦笑)
これマジで。人にリプライ飛ばす前に、自分の読解力の程度を自覚した方が良い人が大勢いる。正確に捉えられないバカは黙っといた方がいい。逆に、言葉足らずで何パターンか捉え方がある文章を書いちゃう人もいるけど。
本が読みたいいぃぃいぃいいいい。
これは面白いな〜
まさにこれを見た気がする。
逆に、中学生レベルの話をされたら相手は自分をバカだと思っているとわかるわけか。
乗り遅れたがこの話題。私の養老孟司氏の最も有名な著作への評価は低く、小学レベルの説教を毳々しく包装しコマーシャリズムのベルトコンベアに乗せただけと見做している。で、この話から思ったことは2つ。
これ思い出した。この先生はバカの壁を越えられてないってことか
ある意味自分にとってつまらないことから『逃げない』ことは時として重要であり、逃げづらい時は工夫しまくって楽しむのを体感する時期が一定期間必要だと、振り返って思う。
海外出張に同行した際、某社長が入国審査カードのSEX欄に漢数字で「二」と書いていたとか言う都市伝説を聞いた事がある。これの熟練の域なのではないかと。
メモφ(..)
この記事おもしろい
というかズバリあたってる
自分自身に当てはまる部分もあると感じた
前は「ここまでかみ砕いて話ししてるのに何でわからないのか」と思っていたけど、いろいろな人を見て、今はそれが当然だと思ってる。そういうところ、多分自分にもあるんだと思ようにしてる。 /
子供のテキストの問題も、時々意味が分からないことがある。自身の読解力にも疑問符??
読解力ない人とどう向き合うか問題は根深い
この記事の読解力の問題、職場の若い子が「答えがわからない」って言ってたからやばい。読めない子だった
「読めない子」は、文中の「わかりやすい部分」だけを適当に抜き出し、勝手に自分なりの解釈をしてしまう読み方をしているのである。
「読めない子」は、文中の「わかりやすい部分」だけを適当に抜き出し、
勝手に自分なりの解釈をしてしまう読み方をしているのである。
おもしろかった
Twitter含めてSNSで散見される問題の的確な回答だと思う
非常に示唆の多い記事。溢れる情報量のために、「知らない単語が出てくると、それを飛ばして読むという読みの習性がある」、というシチュエーションは他人事ではない。知性の源である読解力。すごく大切だと思う。
日本語の読解力の大切さ改めて確認しました
"それは、「意味がわかっていないはずのAIに、テストの成績で負けている生徒がかなりの数いる」という事実だ"
まとめブログがやたらと記事タイトルを扇情的にするのもこれだよね。判りやすい単語で煽るから、記事の内容まで読まれなくともタイトルだけで拡散される。
リテラシーの欠如についての重要な示唆。 >
なるへそ、確かに流し読みしてるかもなぁ
なるほどな。
>>知らない単語が出てくると、それを飛ばして読むという読みの習性がある

>>「読めない子」は、文中の「わかりやすい部分」だけを適当に抜き出し、勝手に自分なりの解釈をしてしまう

ぁ〜
承前)義務教育の終わりまでに社会に出るための基礎道具として、一刻も早くそれをケアすべきと力を込めて説くその危機感に異論なし。>
この内容は面白いですね。
本を書く時に意識しないといけない点なのかもしれないです。
使う単語はわかりやすいか?とかいろんな学びの点がありますね。
新井氏は、「基礎的読解力は人生を左右する」という。新しい知識を得るスピードに大きく影響があるからだ。
めもその2
Twitterとかにいる文章読めない奴はこれか!!!しかしたまにそれなりに優秀であろう人が読めてなかったりするけどそれは…
AI(人工知能)とは同じ土俵に立たない。敵を知り己を知れば百戦危うからず。もう一度孫子をちゃんと読もう、っと。
私、子供の頃に毎日のように新聞を読んでいて、新聞読む時は横に広辞苑があって、わからない単語は片っ端から調べるクセがあったのだけど、それってもしかしてとても意味のあることだったのかも知れない。
めちゃくちゃおもしろいな、、(長いです)
文中の『「読解力の高い人」でなければ、正解できない問題の一つ』を見て「これを間違えてしまうのか」と正直驚いている
バランスよく、聞き分けができると良いんだけどね。
ちゃんと読む。知ったかぶり・前後から適当に類推するのでは無く、知らないものは調べるのが大事か

自分は知ったかぶりもちょいちょいあるので注意しないと
『「話がぜんぜん伝わらない人」』  超みかける
「この問題を解く事に生物学の特殊な知識は全く必要ない。単純な読解だけで判定できる」はずなのに、解けない人がいる。
そう、まさにその読解能力の問題に毎日直面してるのよ😔
伊集院のラジオとでゲストで来てた先生の本の話
AIなんかどうでもよくなるぐらい今日本人の読解力が落ちてる
AIに負ける偏差値の人は大学行くことがリスク。今後AIに使われる人間になるからみたいな話が印象的だった
東大合格を目的に開発されたAI
その過程で、問題文が理解できない生徒がいることが明らかになる。
なるほど合点がいった。
国語をきちんと勉強しなきゃいけないのはここだと思ってる。
理解したあと記憶できるかはまた別問題だし、それこそテクノロジーの補助でなんとでもなる
?amp=1
とても興味深い記事だった。あと記事の中にあった、東大ロボ君プロジェクトの数学者の人の本を是非とも読んで深く知りたいなぁ。
そしてまたこれをトンデモ解釈してクレームつけるバカがいるに100ジンバブエドル(・∀・)
こういう事か。
もっと掘り下げたいけど。
子供に限らず、この手の壁を作っちゃってる人っているなあ。自戒も込めて。
「新井氏は、一つの理由として「知らない単語が出てくると、それを飛ばして読むという読みの習性がある」ことを挙げている。」っていうのだが、新井氏はなぜそのことに気がついたのだろう。ろくにこの問題について勉強もしていないのに。
いまやっている作品の脚本に四苦八苦している私にとっては、とても興味深い記事。

こういう事に興味がある人なら、おそらく面白いのでは。
早とちりして勝手に怒ったり勝手に哀しんだり・・  ←わたしか
下で紹介されているテスト。これを正解できない生徒が多数存在するという事実から考えられる結論は、

①生徒の読解力が低い
②文がわかりにくい

の2つ。決して①だけでも②だけでもない。
つまり「読めない子」は、文中の「わかりやすい部分」だけを適当に抜き出し、勝手に自分なりの解釈をしてしまう読み方をしているのである。これは冒頭の「バカの壁」に類似している。
「知らない単語が出てくると、それを飛ばして読むという読みの習性がある」
分かるとこだけつなげて、独自の解釈してたら、そりゃ文章よめてないよなぁ
なるほど、自分も読み飛ばして結論を急ぐ事が往々にしてあるからなぁ
手を打とう。具体的には、読みやすい文章を書くのです。
読みにくい文章を書くと、伝わる内容も少しずつずれていって、やがて大きな問題に繋がると理解したよ。
内容より先に言葉を整えよう。
あまりにも分かりみの深い記事
林修先生も重要視してた母国語の大切さ。
ちゃんと意味を理解しないと言葉を理解できないんだなって思いました。
AI研究者が発見した『バカの壁』の正体が納得。
読解力が低いと言うのはかなり問題があるよね・・。
「「8割の高校生がAIに受験で敗れる」という状況は、大勢の労働者が、AIによって代替される未来を暗示する。」

ロボットとAI組み合わせたら、物理的な仕事できるわけやもんな。
労働者はAIが持てない能力を持っとかねば…
>> 意味がわかっていないはずのAIに、テストの成績で負けている生徒がかなりの数いる
ここが唸らされたいい表現。 /
コンサルじゃないけど同じく「中学生レベルに落として話す」の相手に失礼だと思ってたんだよなあ……最近やっと諦めたが、バカの壁
他人事じゃない。私もヒアリング能力については痛切に感じている。
学力や年齢ではなく、相手の伝えたい事を自分の考えや知識だけに無理くり捻じ曲げて当てはめ、分かったと思う事。相互理解に時間がかかるようになったなと思う。
あれが「バカの壁」か!
文章読めない子にどうやってその力を養わせるか、、、。毎度ブチ当たる「壁」。
確かにこの問題は、生物学の知識関係ない。読解力、大事だねぇ…。
確かに、人生において差が出るかも知れない。
>「読めない子」は、文中の「わかりやすい部分」だけを適当に抜き出し、勝手に自分なりの解釈をしてしまう読み方をしているのである。

アァー…アァァー……
これが顕著に表れた集団が、立憲民主党(民進党)や某朝日新聞社などのマスコミじゃなかろうかと思うわけで。◆
>つまり「読めない子」は、文中の「わかりやすい部分」だけを適当に抜き出し、勝手に自分なりの解釈をしてしまう読み方をしているのである。

なるほど、と思った。

引用元:
「知らない単語は読み飛ばす」は脳が拒否するということなんだろう。要らん専門用語を使ったりわざわざ横文字に変えてしゃべられると話が入ってこないのにも通ずると思う
基礎読解力、母国語の能力は本当に大事。子供の頃にたくさんの本、たくさんの言葉に触れることは、将来の可能性を間違いなく広げる。
要注意。文中の「わかりやすい部分」だけを適当に抜き出し、勝手に自分なりの解釈をしてしまう読み方をしているのである。
「(問題が読めないために)8割の高校生が(文章の"意味"を理解できない)AIに受験で敗れる」という状況は、大勢の労働者が、AIによって代替される未来を暗示する。それゆえ「子どもたちは読解力を身につけるべき」 / "AI研究者が発…"
アマゾンズのカラスアマゾンの為の
バカの壁を破壊するとは…
拾い読みで自分なりの解釈を作り上げるってのは確かにそうかもね。英語の文章を読んでるときにやりがちだから、それは分かる。>
確かに文章が読め無い人はかなり見かけるなぁ。
最近でも議論ふっかけられて反論に引用した論文が、全く逆のこと言ってたたりしたのを見かけたし。
「知らない単語は飛ばさないようにすればいい」と読解した手前は馬鹿でしょうか。
大変示唆に富む記事
自分が出来ていることを生徒が出来ているとゆめゆめ思うなかれ
分かりやすい部分だけ抜き出して都合の言いように理解する
やりがちなので注意(この理解が、そもそもそうなのかも…)
これはいい記事だ。最近本当に「基礎的読解力は人生を左右する」を実感するので...。また正確に意味を伝えられない人も多いと思う。 >
「…それは、「意味がわかっていないはずのAIに、テストの成績で負けている生徒がかなりの数いる」という事実だ。」
わからない部分を自分の都合のいいように補完したわかったと思うの、無意識にやりがちだから始末が悪い。 /
読解力がない人が増えてるのはなんとなくそう思ってた。あと深読みしすぎる人も増えてる気がするけどこれは文章が読めてないことの裏返しなのかもなあ?
基礎読解力は必要
知性の獲得に必要な読解力。

「8割の高校生がAIに受験で敗れる」という状況は、大勢の労働者が、AIによって代替される未来を暗示する。
わかる。
とんちんかんな仕事してる奴と話すと大概頭だけ聞いて結論だしてくる。で、不正解。

話聞けっ!
多分、ソース同じだよなと思って読んだら案の定。内容というか応用の方向性はちょいと違うけど。
"つまり「読めない子」は、文中の「わかりやすい部分」だけを適当に抜き出し、勝手に自分なりの解釈をしてしまう読み方をしているのである。"
読解できた内容にしかリプしない可能性もあるけど、TLには比較的読解力にたけた人が多くて気が楽
これは誤解の話だけど問題になるのは曲解のほうな気がする 「 | Books&Apps」
バカの壁がフラストレーションの根源なのでうまく避けたい
興味深く読んだ。前半部に関しては、自分の込めた文意がきちんと汲み取られていないと感じるとき、読み手の無能力を責めるのは自分もお門違いと思う。そして後半、そうはいってもやはり読解のベースがいるというのも納得。
この本は本当に興味深い内容なのでおすすめできる。
今リアルタイムでこのハナシが展開されてる気がする…(;´Д`)>
文中の「わかりやすい部分」だけを適当に抜き出し、勝手に自分なりの解釈をしてしまう読み方・・・ >>
なるほど、ツイッターのいわゆる「クソリプ」は読解力が足りない故なのか。。。
途中の設問が理解できない「大人」が多量にいるというのは危機的じゃね…。
結構ありそうだ……バカの壁
自動車免許の学科をすんなり合格出来る人は読解力があると言えるかな→
文章を読み切れない、都合よく読める単語だけで読んでしまい、恣意的な解釈をいれてしまう。いる気がするなー・・・自分かもか /
興味深い、回り見ても読解力のレベルはかなり差がある。
読解力とは、頭のなかにイメージできる力なのかも。 /

記事本文: AI研究者が発見した「バカの壁」の正体 | Books&Apps

関連記事

画像で見る主要ニュース