TOP > ネタ・話題・トピック > Books&Apps > 「地頭の良い人」...

「地頭の良い人」と、そうでない人の本質的な違いはどこにあるか。 | Books&Apps

222コメント 登録日時:2018-02-13 07:19 | Books&Appsキャッシュ

コンサルタントをやっていた頃、良いか悪いかは別として、採用に関して「地頭の良さ」を重視する風潮があった。 地頭の良い人間は一定の訓練でそれなりのコンサルタントになる。 だが、お世辞にも地頭の良いとはいえない人間は、いつまでたっても一人前になれなかったからだ。 &nbsp...

Twitterのコメント(222)

「地頭の良い人」というのは、同じ情報に接していても、そうでない人に比べて、そこから読み取ることができる情報が桁違いに多いのだ。
1聞いて10できる人
「この細部に気づく、意図を読み取る、内部の法則性を読み取る、などの意識の働きが強い人を、おそらくは『地頭の良い人』と呼ぶのだろう。」
私もそう思います。そして地頭の良い人が好きです。
これは良記事。これ、これや。
地頭の良い人は少ない情報からたくさんのことを読み取る。これはたくさん経験するとできるようになるわけではなくて、意識して経験しないと身につかない。ぼーっとたくさん経験しても仕方ないわな。
私の思う「地頭の良さ」とはちょっと違うけど、これはこれで大きく納得。
しかし、漁師をコンサルタントに採用するとき、何をもって時頭の良さを感じたんだろう?めっさ気になる!!
(≧∇≦)
システムのメニュー画面を見て、
某上司「ああメニューだね」
私「今度の診療報酬改定でメニューのここが影響受けませんか?」
上司「言ってくれたら解るよ」
つまりこれがインテリジェンスの無さ=地頭の悪さ=無能である。
少し前の記事ですが、なるほどと府に落ちるお話
低評価レビューこそ見る価値があるのは同意だな。地頭の良さとは関係ないと思うけど。 /
事象に関して死ぬほど深く掘り下げて抽象化して他の事象に当てはめてが出来る人覚えも超早い。
同じ情報から一を聞いて十を知る人
見かたのするどい人、やった行動が当たる人の原因。

行間を読む力。
チャリにも「インテリジェンス」が存在
思うに、昔の「オタク」というものはこのインテリジェンスを持っていたのではないか。関係ないけど「ヲタク」って単語見なくなったね
地頭か。
言語化されるとなるほど!って思う
僕「結論は最初に頼む」
1つの物事を多角的にみていっっぱい考える!
ことができる人よね。
行間を読むは日本人なら訓練でいけると思うが。
地頭の良さ=インテリジェンス(諜報能力、行間を読む力)には納得。目に映るもの耳に聞こえるものに秘められた意味を引き出す力が地頭の良さ。
地頭とはなんじゃらほい
また一人、ステキな文章を書く人を見つけてしまった。地頭の良さは確かに大事!そして、それを見抜ける人も凄い!
同じ情報を見ても、他の人より多くの知識や気付きや予測が得られるのが地頭の良さ。それは生まれつきの能力だけじゃなくて、人や世の中の色んな事物を経験し深く観察した上でそれを抽象化し横展開することだと思う。 /
自分も雪山に対して鋭くありたい。他には、1つの事象に対して複数の考察がすぐ浮かぶもあげられると思う。人に対してもそうだ。両者の考えは交わる事はない。
結局「地頭の良さ」といっても,何もしていないところに存在するわけではなく,それまでの様々な知識や経験の積み重ねから推認できる力ということか。→
アーティストも然り。地頭良きは1つで10は感じることができる。逆は、伝えた言葉の表面のみを受け取る。この辺の差を埋めるべくは、好きなものを追求すること。ほおおお。
好きで物事をつき詰める人はやはり強し
「地頭の良い人」などと、上から目線の言葉を吐く人間は、地頭悪いな、と感じるのは、カトケンが地頭悪いから、ヒガミか?
「地頭の良い人」というのは、同じ情報に接していても、そうでない人に比べて、そこから読み取ることができる情報が桁違いに多い。
"そう考えると「自分の好きなものをつきつめること」に、「地頭を鍛える」ことの鍵が隠されているのかもしれない。" 歌の、特に歌詞の解釈にも関わる話。
"「自分の好きなものをつきつめること」に、「地頭を鍛える」ことの鍵"って、オタクってこと?/
一見何も無いような内容から莫大な情報量を手にする。
これってもちろん美容師には特筆すべき能力だし、
何よりもフェチズムという観点から捉えたら沢山出てくる。
ちなみに僕は指フェチ。
地頭も結局はやっぱり気づきの能力やな。経験を積めば誰でも出来るようになるわけじゃないって書いてるけど、経験は結構な部分を補完してくれるとは思う。
一を聞いて十を知る
行間を読む

頭の良い人を修辞する日本語の美しさに改めて感動を覚えた
髪とアタシもただの情報でなく、美容師の仕事を「インテリジェンス」に捉えることがもっとできたら、世界が開けてくるんだろうなあ。
地頭の良い人とそうでない人の違い
地頭ってこと何となくわかるけどわからないなあ。
「教育の無い者はいくつもつながっている推論の鎖をあとづけることができない」クロポトキン
俺にもこんな能力ほしい、、、、
地頭地頭うるせーのこれか。俺の言ってたこととは違うな。すげー頭の悪そうな文章w
ある方から佐藤優氏の本を読むことを勧められた。インテリジェンスとは「ありふれた情報(インフォメーション)から、より深い意味や意図を読み取る行為」である。
に通じます

「論文の事実関係からどこまで事象・本質を引き出し、読み取る力があるか」

この力がある方が合格に近い。

本文にある通り意識的に訓練しない限り、身に付かない力と言えます。
思考の深い人間。因みに、友だちに何人かいる。
・地頭の良い人は同じ情報に接してもそこから得られる情報が桁違いに多い(一を聞いて十を知る力)
本当に為になりました!
社内研修してると、研修内容を全く業務に活用しない人がいることに気付くけど、意識作りの第一歩としていかに自分ゴト化するかも重要だと思うな~
"経験を積んでも知識を積み上げても、残念ながらこうしたインテリジェンスに係る件は気づかない人はいつまでも気づかないのだ。 地頭を良くしようとするなら「インテリジェンス」を意図的に働かせることが必要" / "「地頭の良い人」と、そ…"
行間を読む話。
考え続けることによって養われるのでしょうか…
"つまり「地頭の良い人」というのは、同じ情報に接していても、そうでない人に比べて、そこから読み取ることができる情報が桁違いに多いのだ。"
同じ情報からより深いインサイトを得られるかどうか、ってことか〜
いつもながら読ませられる記事

紹介していた本よりも記事を読みたくなる中毒性がある

いかんいかん
地頭の良さ、まさに競馬の予想で真価を発揮する。
地頭の良い人「不作だったね。でもみんながんばった。みんなの食べるぶんがなくなると困るから税収はこれくらいにしておこう」 そうでない人「こっからここまでぜーんぶおれのもの!!」 / "「地頭の良い人」と、そうでない人の本質的な違い…"
脳ミソ(もしかして時間?>ω<)は使えばスリ減る損すると思っているドケチ…ではないヒト。
これとセットのコメントです
インテリジェンス
ミランの報道の行間から何が起こっているのか全くわからない…
=地頭が悪い
読んだ。オチでちょっとガクっと来た…というか、問題はその鍛え方がわからねえってことなんではないのか……。/
経験を積んでも、知識を積み上げても、残念ながらこうした「インテリジェンス」に係る件は「気づかない人はいつまでも気づかない」のだ
知ってたけど、地頭すら悪いんだな、自分
会社でも問題になっていて、これを鍛える訓練を試行錯誤してる。 >
事例が載っているので理解しやすい。

個人的に地頭は「環境」や「訓練」によって磨かれると思うけど。
具体例がいくつも書かれていてわかりやすい。
佐藤優さんの本は面白い。また読みたくなった。
こういう時の地頭がいいっていうやつ、大体は即興でプレゼンテーションするパワーのことではないのか /
この記事では読解する側の知性について書かれているな
もっと核心的な事を言えば「生まれ持った役割の違い」これ。

地頭の良さなんざ、薄っぺらーい、浅ーい、とても限定的な(分野にしろ時代にしろ)表層部のかつ極一部のその人の見え方に過ぎない。

それが何...
「地頭が良い」は本質を掴むための能力だと思っていて、仕事をする上では凄く大切。
これって鍛えられるのかなー。こども、地頭のいい子にしてあげたいなー。
菅俊一さんの「まなざし」や「観察の練習」に通じるような話だなあ。/
地頭はどうでも良いが、美味しいインド料理屋を探す方法に、「冷めててまずい」という低評価を見いだしたことはある。
これおもろい
「学歴」より「地頭」重視。訓練で何とかなる。
自称、地頭の良い私。少しの情報から色んなことを読み取るけれど早とちりもある(笑)
地頭が熱くなる記事。。 /
これは参考にすべき記事です!
情報からどこまで読み取れるか、自分も日々意識しようと思う!

失礼ながらこれ書いた人地頭悪そうw /
"「地頭の良い人」というのは、同じ情報に接していても、そうでない人に比べて、そこから読み取ることができる情報が桁違いに多い"
1から10を知ろうとする人。先を見通せる人だね。
言われた事しか考えない人とつきあうと疲れるよ。
?なんだこの記事?面白くない、というかインテリジェンスじゃなくないだろうか?
行間を読む、という行為は良いし、少ない情報から自分なりの見解を出す行為も良いが、それと地頭が良い事は関係ないと思う。
...
インテリジェンスとは「ありふれた情報(インフォメーション)から、より深い意味や意図を読み取る行為」
洞察力の深さ、広さ? 地頭を祭り上げるには抽象的すぎるように思うのですが。IEのレイアウトあいかわらず崩れたままなんですけど。 /
それっぽいタイトルと、わかりやすいエピソードを並べている主観だけで、なんの役にもたちやしない文章だ、と深読みしておく(単なる主観) /
物事の本質を見極めれる人って事かな。論理的だけでなく、直感的な要素も持っていそう。
とても面白い。推理小説や軍記物でも頭のいい人達は同じ情報に接しても周りの人達よりも読み取れる情報量が多いですよね。
ワリと小学校時代からテストの点数が良かったので、「地頭が良い
」と自分を定義していたが、本質を自分なりに見抜いたり、0ベースで考えたり、建設的にロジックを組み立てたりというもので、「行間を読む」という能力には考えが及んでなかったな。
情報リテラシー力と常に考えてる人間ってことでしょ。考えてる人間と考えてないで生きてる人間だと吸収力が違うよな /
地頭が病的に悪いもんでとうとう障碍者になってしまったワケですが、ほどほどに幸せに生きていきたいもんです。 /
「インテリジェンスとは「ありふれた情報(インフォメーション)から、より深い意味や意図を読み取る行為」である。」

誰かが〈何を言っているか〉だけに留まる理解者が目につくが、問題は〈なぜそれを言わなければならなかったのか〉にある。
好きな事に対してはたしかにみんな洞察がすごい気がするな。
「気づける」といのはその人なりの「科学」の中で仮説を検証する行為なのかな。
ほえ〜(地頭悪い)〝「自分の好きなものをつきつめること」に、「地頭を鍛える」ことの鍵が隠されているのかもしれない。〟 「地頭の良い人」と、そうでない人の本質的な違いはどこにあるか。
> この細部に気づく、意図を読み取る、内部の法則性を読み取る、などの意識の働きが強い人を、おそらくは「地頭の良い人」と呼ぶのだろう。
この記事面白かった(^O^)
身も蓋もない話だが1つの能力に絞る必要はない。 /
学歴とか経歴とか職業とか関係なくて。
自分的にはこれってこういうことだよね?って情報を整理する力かなぁと。当たりをつけるみたいな。
直感も思考力も色々必要。
メタレベルでの思考の行き来が得意な人、とかかなぁ。
"同じ情報に接していても、そうでない人に比べて、そこから読み取ることができる情報が桁違いに多いのだ。"
一を聞いて十を知る人って、たいていなんか食べながら喋ってるイメージ🤭 シナプスの太さとニューロンの結びつき方がハンパない気がー🤔
んー。既に時頭の良い人に共通していることを並べてるんだけど、行動にヒントがあるゆじ「ないかなぁ。私は自分の頭で考え決断してきた絶対数だと思っている。親が賢すぎない方が選択する機会多いから〜とか。 / "「地頭の良い人」と、そうで…"
リハビリも、少ない情報から何を読み取れるか勝負!
わざと気づいてないふりもしますが。
「地頭がいい」ってなんだろ。「やればできる子」ってこと? でも基礎教養はないんでしょ? なんだろう、営業の現場とかではいいと思うけど、研究とか経理とかには向いてないような。 / "「地頭の良い人」と、そうでない人の本質的な違いは…"
「『何を食べても塩っぱい、クドい、脂っこい』というレビューを『当たり』と判断する」には別の情報が必要になるわけで、そういった既知の情報をどう連結させてくかが大事なんじゃね? となると結局は知識(文字数 /
結局この本質は何なのか。向き合う姿勢?興味量?自然に想起できる量?深掘る時のフレームワーク?

>「地頭の良い人」というのは、同じ情報に接していても、そうでない人に比べて、そこから読み取ることができる情報が桁違いに多いのだ。
>細部に気づく、意図を読み取る、
>内部の法則性を読み取る、などの意識の働きが強い人を、
>おそらくは「地頭の良い人」と呼ぶのだろう。

ふむふむ。
これは知人の自動車整備士がまさにそうです(車が入ってきた瞬間に故障個所と修理方法がわかる)
ふむ。(°_°)
「鬘などをつけていない、そのままの頭。(iPhoneのスーパー大辞林より)」また髪の話を。 /
≫「地頭の良い人」というのは、同じ情報に接していても、そうでない人に比べて、そこから読み取ることができる情報が桁違いに多いのだ。

確かに話していて「この人頭いいな」って思う人は
『その視点で見るのか!!』という方が多い
こういう地頭いい人、周りや取引先で出会うことありますが、ほんとにうらやましくなるというか、自分の限界を感じてしまうことあるので、地頭よくなる方法ないかしら。
現状を更新することができる可変性かな/
コレ、最初に速読したらもっともだなーと思ったけど、精読してみたら随分おかしなことを言っている
佐藤優のインテリジェンスの話は背景の知識量と特定の文章を読む経験に依存するテクニックだし、医師のカンも経験と関連する話だ。地頭とは別モノ
なかなか面白い記事だった
僕の上司も「地頭の良い」ってことを高く評価しているのだけど、こういうことを指しているのかなぁ。

文字通りに理解するだけでなく付加情報を読み取り、それをもとにコミュニケーションを行うことができる人物。

覚えておこう。
何か言いたくなったけど、やっぱりやめておこう。
1人目は学習能力 2人目は推理力 3~4人目は経験則かな>
私はこの手の人は"眼のよい人"と呼んでいるな、 /
栞: "佐藤優氏~が言うには、インテリジェンスとは「ありふれた情報(インフォメーション)から、より深い意味や意図を読み取る行為」である。"
勉強して獲得することと地頭の区別をする意味がわからない。使えるならどっちも同じだろ。本質的に区別できるのか、からして既にアヤしいし。 /
このサイト適度にゆるいウンチクがブクマを呼ぶのか?いつも内容に対してブクマが多すぎる気がする。ちなみに地頭はIntelligenceじゃなくてWisdom(知恵)だと思うよ / "「地頭の良い人」と、そうでない人の本質的な違いは…"
じゃあ、就職試験で、
日本は欧米に間接支配されていて、在日・アカ・フェミ・おかまがその代理人と言ったら受かるのかな
"細部に気づく、意図を読み取る、内部の法則性を読み取る"。地頭がいいって、どうやって調べられるんだろう /
地頭が良くなる、ということに一時期執着していたが、本当はよく分かっていなかった気がする。
身近にいる地頭が良い人は、まさに1つの情報から展開する力が凄まじい。特に私の彼はまさにこれ!
インテリジェンヌは女の子
書いている人、老後すぐ詐欺に遭いそうだな。cleverとintelligenceは相反する才能だけどどちらにせよ限界はあるぜ。 /
頭のよさを「記憶力(知識量)」と「回転の速さ」に分けて後者を重視する人が多いけど、前者が弱くて後者が強い人って私の経験では誠意か品格かその両方かが欠けていることが少なくない。地頭も知識があってこそ。 、かも
脳汁涌いたわ
実におもしろい
これは読解力にも繋がってる訳だな
奥が深い
This makes perfect sense。なるほどなあ…
本領安堵してください!(それするの地頭でなく幕府)ちなみに悪い地頭は、寺社勢力に抱き込まれたりします。良い地頭に恵まれること、それは荘園領主の夢。地頭を鍛えるには御成敗式目の改訂が効果的でしょう。 / "「地頭の良い人」と、そう…"
地頭がいいって表現は好きじゃないけど、同じ情報を見ても読み取れるモノが違うって言い方はなるほど〜
氏は「新聞の行間から、実際に何が起きているのか読み取れるようになる」と指摘している。
つまり「地頭の良い人」というのは、同じ情報に接していても、そうでない人に比べて、そこから読み取ることができる情報が桁違いに多いのだ。
"「自分の好きなものをつきつめること」に、「地頭を鍛える」ことの鍵が隠されているのかもしれない。"
好きなことは楽しいし、突きつめればお金にもなるし、頭も良くなるとか最強か(・ω・)ノ
本当に閃きとか独創的な発想をする人もいるけど、8,9割は先例の調査・分類・研究と反復訓練で何とかなるな。場数を踏んだり経験を積んだりすれば選択と対処の処理速度も上がるので、頭の回転が速く見えたりする。 /
自頭がいい人は行間を読むっていうのは納得がいくかもしれない。行間と一緒に空気も読んでしまいそうではあるが。
地頭と言えば、松紳で「なぜ2人は面白いことを話せるのか」という投書で「芸人でも一般人と同じ位しか面白いことに出会わない、少し多い程度。同じことを見ても読取り方や想像力に差がある」と言ってて納得した。 / "「地頭の良い人」と、そ…"
いきなりイナダさんの名前が出てきて驚愕してる /
なかなか良い視点だと思う。
#careercreator #LifeShift #これからの働き方
無から有を生み出すような壮大な陰謀論が「地頭」とやらの最高到達点ということでしょうか /
これ。前にも似たようなこと呟いたかもだけど、やっぱりこういうことですよ。同じ情報入れても違いが出るんすよ…
行間を読み解くには知識が必要。
知識をためるには勉強が必要。
勉強しても地頭良くなかったら知識量はあまり増えない。結論地頭の良さは先天的なのか後天的なのか。
先天的かなー🤔
アフガニスタンにいらっしゃいましたね?/deductionとobservationとknowledge の3要素があるわけだ。地頭とあえて言うのはknowledgeは足りないよ、と言う意味だが、前2者があれば実はknowledge…
地頭がいいってのは、まだよくわかりませんが。
・1つの事象からたくさんの情報を取得する感覚
・大量にあつまったデータを正規化するリファレンス能力
ってことになると思うんだよな。
面白いけど、「地頭」って一体なんだろうなと思う

記事本文: 「地頭の良い人」と、そうでない人の本質的な違いはどこにあるか。 | Books&Apps

関連記事

画像で見る主要ニュース