TOP > ネタ・話題・トピック > Books&Apps > 「俺が理解できな...
62コメント

Tweetある会社にて。 上司に「お前の説明はわかりにくい。イライラする。」と、怒られていた人がいた。 それを見て、少し思い出したことがある。 大学を卒業し、働き始めて、最もカルチャーショックを受けたことの1つが、 「俺が理解できないのは、お前の説明が悪いからだ」 ある時、私の同僚が上司から「皆の前でグループの施策を説明せよ」と、言われた。 同僚は残念ながら、あまり説明がうま...


Twitterのコメント(62)

「要するに商売は、客に負担をかけないことが、正義なのである。『中学生でもわかる表現しか使うな』と、その上司は常々言っていた。彼は骨の髄まで商売人であったのだ」/「『俺が理解できないのは、お前の説明が悪いからだ』と言う人々について。」
例えばお年寄りに家電やスマホの機能を"正確に"説明しようとしても抵抗が大きい。"わかった気にさせる"説明をすることで障壁は下がる。使い分けは大事だなあ。>
正確にとわかりやすくは違う。また、目的達成にはどこまで理解させる必要があるか考える。
「俺がわからないのはお前の説明が悪いからだ」という人々について。
"お客さんのところで、わかりにくい説明をすることが許されないからだ。商売上わかりにくいものは、振り向いてももらえない。
要するに商売は、客に負担をかけないことが、正義なのである。"

コミュニケーションにおいては受け手こそ王様。
📰 / 何の会社か知らんけど、その専門職である社内の人間同士の会話が通じないのはよっぽど下手かコミュニケーション不足なのでは
お客向け騙し説明を求める馬鹿上司、それをよいしょしているアホ⇒⇒
分かりやすさ主義の必要性については認めつつも、分かりやすさを求めて悪びれない人々への寸鉄も含んだ、良い文章だと思う。|
ああ、これ片付け本でも同じかな。読んで分かった気になるけど実は本質が分かっていないから、自分の条件に応用できなくて頓挫するという……。なんか覚えがあるわー(苦笑
客と決裁権者には「わかった気にさせる」説明を、テクニカルな議論の場では「正しい」説明が必要。ちなみに、ナショジオやNスぺは「わかった気にさせる」説明。 /
必読。わかりやすい説明にこだわるのは「お客さんのところで、わかりにくい説明をすることが許されないから」。わかった気になる説明と理解させる説明は別。超同感。/
「大学は企業ではなく、学生はお客ではない」ことが、別の角度から書いてある。>
言わんとすることはわかる。自分もほぼ同意なので。しかしこれは危険思想であることも頭の隅に常においておかないといけない
自分はここまで厳しくできない…。すぐに答えを教えてしまうわ。もっと考えさせるべきかもしれないな。
タイムリーな記事が田端氏のタイムラインから流れ込んで来た。
説明の明瞭さには、喋りの得手不得手がある。紙ベースでの知識だけでは生きた経験には勝てない。 部下に対して好き嫌いがあるのも分かる。でも管理職として時間管理がお粗末じゃね…。
内容は分かるけど

>「全然わかんねー。おい、何を言ってるのかわかったか?みんな。」

この演出はw
こんなのは単に説明する側とされる側、どっちの立場が上か?という、ただそれだけの話。説明される側の方が偉ければ、「お前の説明の仕方が悪いから理解できない」と言われ、説明する側の方が偉ければ「お前の頭が悪いから理解できない」と言われる
いや、それは完全に内容によりけりでは…。分かりやすさが重要である事象だって幾らでもある。/
説明も上手になって知識も蓄えたら勝ち、それでいいじゃないか
教授は負荷を学生に求めることで双方にメリットが生まれたわけか。しかし学問の場において、わかりづらいこと自体が高尚なのかというと、少し疑問かも。自分のブログでは中学生でも分かるものを書きたい / "「俺が理解できないのは、お前の説…"
これな…。結構複雑なことを社内向けに1行でわかるようにし続けたら、結果けものフレンズみたいな企画書になるからな…。良い面も悪い面もあるよね。→
優秀な人ほど分かりやすさに血道をあげるね。少しでも疑問符を与えたら以降の話は相手の頭の中に入らなくなるもんね -
なんかの本で、池上彰さんが「法律関連の本とか、研究関連の本がわかりにくいのは、読んでる人の理解が足りないんじゃなくて、書いてる人の理解が足りないから」みたいなことを言ってたのを思い出した。
アップルなんて説明すら不要なほど、製品をわかりやすくしちゃおうとしてるぞ。わかりやすくすること自体は正しいよ、どういう時でも。 /
ビジネスにおいては絶対的な真理などないからね。客が価値を認め、価格を受け入れれば何でもあり。だから、本質的に、ビジネスはサイエンスでなくアートなのだよ。>
小学校の社会科の授業風景みたいな地上波のニュース番組にこの問題の根底を見ることができる
わかる、すんごい分かる。
感情だけで話されても「だから?」って思ってしまう。
(だから自分が感情的になって話す事にも慣れてない٩(՞ਊ՞)۶)
似非理系にありがちな「話が理解できないのは、聞き手の頭が悪いからだ」 / (351 users)
仕事(含:学術・研究)の場合、どんな相手であれ、「こちらの思った通りに動いてもらう」ことが全て(そこが家族、友人や恋人と最も異なる)。が、そのためにどういう説明が必要かわかってない人ってホント多い。 / "「俺が理解できないのは…"
上司がむかつくやつだってことは同意だけど、わかりやすい説明をすることは否定してはいかんだろう。 /
1. 伝えたい内容を整理 2. 相手が望む説明内容、説明の仕方を把握 3. 1.と2.のバランスを取りながら説明かな。意外と1.ができてないことも多い。あと図での説明は大切。言葉だけで複雑な内容を説明するのは困難。 / "「俺が…"
なるほど。自分も「知性とは難しい問題を簡単にする事だ」と単純に思っていた。大切なのは相手に理解してもらうレベルを見極める力が知性だって事だな。為になった。
噛み砕いて話すって事をビジネスでやる必要性っていうのは、その事柄が理解できない層にマーケットを広げることが目的で、範囲が10倍以上変わるんじゃないかな。
IT企業の社内向けに例えばHashMapを分かりやすく説明したいとは思わない。顧客に「住所録を想像頂いて名前で特定すると住所とか各種情報が出てくる的な構造」は言う
ケースバイケースではあるが、わかりやすく伝えることはいつも意識している。
忖度しろ、て話。具体的には聞き手に合わせてプロトコルを変えなさいって話。 /
この文章、わかりにくい。。。
何が言いたいのか分からん >
全体の論旨には賛成するものの、正確性のためには分かりやすさが犠牲になるのは仕方ないというのも甘えだと思う。正確性と分かりやすさの両立は常に目指すべきかと / "「俺が理解できないのは、お前の説明が悪いからだ」と言う人々について。…"
企画・営業時代に教わっていたことに少し近い。
結局何が言いたいのかまるでわからん。物事の本質がどうこうという以前にそれっぽい言葉を並べているだけなのではないかな。「自分でも何言ってるかわからない人」かもしれぬ
悪い部分の直し方を教えれば皆の参考にもなるだろうけれど、単に何回もやり直させるのは時間の無駄では? /
わざと分かりにくくさせて、相手を混乱に陥れて契約させる営業手法というのもありますけどね。携帯電話とか保険とか…。 / (Books&...
"お客さんにはわかりやすく、明快で、簡潔で、難しい話をしてはならない。 そこに上司はこだわっていた。" /
文章だと前提が無い人が読むリスクもある。重要な単語の意義が三つわからなければ分からないでしょう。

会話なら補えるはずですが。 / ...
ただわかり易さを放棄して難解でも放置するとよっぴーと喧嘩した広告屋みたいなただの悪文が出回る温床になる。無駄に難解なのは非難の対象になるのは当然 /
かと言って分かりやすさこそ至高、というわけでもなく。
これ結局、そういう主義主張を口実に、上司が聞くスキルを高めるのをサボっているようにしか思えないよね、部下からすると。
タイトルから想像するよりもずっと面白い内容だった。そう、「あなたが相手だからきっちり話したいがいいか?」と断ってから周辺知識も含めて長い説明をすることがある。>
素に戻るとこれをやってしまうな。というか今日やった。。頭の中のイメージや絵を相手にそのまま伝える、これが正しいのに。
(´・ω・`)政治家にも教えてあげて / (Books&Apps)
もしこの記事を仕事で出されたら「で、なにを伝えたいの?」って聞く
ほんまやで>
「お前(あえて言葉を合わせる)の説明の悪さは、明らかに結論を明示しないで1つの文章の中で論旨が二転三転するところにある」という言葉を送りたい /
"もちろん、どちらのカルチャーが良いだろうか、と言う問いにはあまり意味はない。"
必要以上にわかりやすさを追求すれば、本質は失われ、また探求の楽しみもなくなってしまう。と/
「わかりやすさ」の湯加減は、本当にいつも悩みます。結局、誰とどんな目的でコミュニケーションするのか次第、なのかもしれませんが。 /

真の価値は、必死に勉強しなければわからないことのほうが、遥かに多いのだ。


これね(^-^;

/
New post: 安達 裕哉
以上

記事本文: 「俺が理解できないのは、お前の説明が悪いからだ」と言う人々について。 | Books&Apps

関連記事

25コメント 2012-08-03 01:44 - lifehack2ch.livedoor.biz

livedoor Buzzurl|20120803|恋愛・結婚タグ :精神的成長 Tweet タグ :精神的成長 はてな livedoor Buzzurl│コメント(94)│トラックバック(0)|恋愛・結婚 管理人厳選記事 「恋愛・結婚」カテゴリの最新記事 新着記事 Powered By 我RSS ピックアップエントリー トラックバックURL この記事へのコメント コメントする 1.E...[続きを読む

画像で見る主要ニュース