TOP > 2chまとめ > 日刊やきう速報 > 広島・新井、12...
22コメント

1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)17:16:32 ID:D4Q 広島・新井、12年連続の護摩行「全身奉炎」の言葉授かる 広島の新井貴浩内野手(38)が12日、石原慶幸捕手(36)と、鹿児島県鹿児島市の烏帽子山最福寺で、12年連続12回目の護摩行に挑んだ。高野山別格本山「清浄心院」の住職・池口恵観大僧正(79)からは「全身奉炎(ぜんしんほうえん)」の言葉を授かり「火の玉になって...


Twitterのコメント(22)

年明けを告げる新井さん
これがないと一年始まったって気がしないんだよね
今年もこの時期がやってきたんですね…(歓喜) /
新井さんの護摩行を見ると「あぁ今年も始まったな」と思えてくるから引退しても続けて欲しい
これ見るとやっぱ年が明けたんだなと実感する
今年もよい写真が撮れたようですね
キャンプインも近いなあ(´ー`)
プロ野球シーズンの開幕って感じだ
あけおめ護摩行
炎上しろと……?
キターーー!正月の終わりを告げる護摩行!!
この画像、今年のなん?まえも見た気がしてならんwww
今日やったんか
草定期wwwwwwwww
ツラゲ改め、全身奉炎ゲ
これがないと新井さんは始まらない
以上
掲載元: 広島・新井、12年連続の護摩行「全身奉炎」の言葉授かる :日刊やきう速報


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

143コメント 2016-11-04 05:28 - www.nikkansports.com

広島堂林翔太内野手(25)が今オフ、ベテラン新井貴浩内野手(39)に弟子入りする。 コラボは秋季キャンプ終了後とみられ、広島市内のジムを拠点に教えを請う。年明けには、燃え上がる炎の前で全身全霊を込めて不動真言を唱えることで煩悩を焼き尽くすとされる護摩行にも同行予定。「来年ダメだったら、その先もないと思っている」。来季は不退転の覚悟で臨む。...[続きを読む

画像で見る主要ニュース