27コメント

多治見、21世枠史上最多の21失点で初戦敗退 21世紀枠の多治見(岐阜)が21安打を浴び、21失点で完敗した。 0-2の3回には3失策も絡み、打者12人6安打で8点を奪われる猛攻にあった。先発のエース河地京太投手(3年)、柘植慶司投手(2年)、前田歩夢投手(2年)の継投で報徳学園(兵庫)打線を封じようとしたが、試合終盤まで勢いを止めることができなかった。 3回途中で降板した河地は「自分がふがいな...


Twitterのコメント(27)

21が多すぎてもはや伝説枠
334並みやないか………
全てが21に絡まる21世紀枠の鑑
21が関係する数字ばかりで奇跡すぎる
あれからまた5点も入れられたのか…
21の奇跡すごい
この奇跡はなに?
なんかいろんな因果が絡みつきすぎててワロタ( ´∀`)つ ミ
21に収束しまくってて草
21の奇跡すごい
これはヤバい。
何もかもが「21」や!
33-4に並ぶ数字のお遊び。
奇跡の揃い方をしていた。
むしろ許せるくらいの21要素
なんかすごい収束しとる。
21ばっかでクソ笑った
21と絡みすぎ(;・∀・)
21の運命重なりすぎwww
33-4みたいな揃いっぷりで草
いやなんというか、すごい数字のめぐり合わせやね
21にまつわりすぎてて誰か裏で糸引いてるレベル
試合結果じゃないところが色々すごい
以上

記事本文: 多治見、21世枠史上最多の21失点で初戦敗退 : なんJ(まとめては)いかんのか?

関連記事

38コメント 2017-03-20 16:24 - www.nikkansports.com

21世紀枠の多治見(岐阜)が21安打を浴び、21失点で完敗した。 0-2の3回には3失策も絡み、打者12人6安打で8点を奪われる猛攻にあった。先発のエース河地京太投手(3年)、柘植慶司投手(2年)、前田歩夢投手(2年)の継投で報徳学園(兵庫)打線を封じようとしたが、試合終盤まで勢いを止めることができなかった。 3回途中で降板した河地は「自分がふがいない投球をしてしまい、チームに迷惑をかけた。1人1...[続きを読む

画像で見る主要ニュース