TOP > 政治・経済 > Business Media 誠 > 杉山淳一の時事日...

杉山淳一の時事日想:開通から70年……山陽本線関門トンネルの“寿命”が近づいている (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

46コメント 登録日時:2013-07-12 06:46 | Business Media 誠キャッシュ

本州と九州を結ぶトンネルは4つあるが、その中で最も古いのが山陽本線の関門トンネルだ。戦時中の開通から70年。着工から77年。修繕にも限界をきたし、新たなルートが必要となっている。...

Twitterのコメント(46)

3年前のだが関門海峡の交通問題についてよくまとまった記事。 "が近づいている
「関門鉄道トンネルは複線に見えて、実は単線を2つ並べた信号システムになっている」。/
" 杉山淳一の時事日想:開通から70年…山陽本線関門トンネルの←関門鉄道トンネル代替ルートについては2013年に杉山氏が指摘している。これも当時の産経の記事を受けてのこと。
ウェブで見つかる資料と自分の憶測を基にこんな記事を書いているけど、関係者が業界誌に発表した関門トンネルの保守に関する記事だと、現状健全な状態で大規模な補修の必要はない、と明言しているのだけどね。
「地元の人々にはアタリマエのことだが、関門海峡は歩いて渡れる。」 誠
(2/5)
「トンネルが限界」の理由が不明.昼間に単線仕様で保守してるのは,貨物列車が通る夜に作業できないからやろ.
我々西日本erにとっては『気になる』ではすまないのだ... |
鉄道マニアらしい?面白いいい記事だ| 誠
重要なインフラ・ライフラインの更新は思い切って国策として取り組んでいただきたい。
φ(・_・")アトデヨム:
これからは新設より掛替えの時代なんだろうな。 ■
ホントに長期計画というか優先順位を付けるのが下手やなぁ。 /
国策扱いやら建設費用の話はともかく、交流化は「福岡県下関」としては実現したいところ・・・えっ、CP考えたら非電化にするのが一番!?(汗)
reading... 歩いて渡れんこたぁないが、小学校の鍛錬遠足ぐらいじゃ。
迫り来るインフラの崖 -- 誠
本州と九州を結ぶトンネルのうち、最も古いのが山陽本線の関門トンネル(戦時中の開通!)。修繕も限界、そろそろ新ルートも必要で…|
本州と九州を結ぶトンネルのうち、最も古いのが山陽本線の関門トンネル(戦時中の開通!)。修繕も限界、そろそろ新ルートも必要で…|
関門トンネルを巡る話がこのようになっていたとは/
「山陽新幹線の新下関―小倉間を、青函トンネルのような在来線対応の線路にして貨物列車を運行すればいい」乗客は青函トンネルと同じ特例で新幹線に乗せるということだな/
"が近づいている(Biz誠)  
「日中の3時間は単線運行で保守。
新関門道路計画が再起動。
鉄橋とトンネルのどちらがいいか……そして鉄道は?」 ほへー、双単線でしたか。知らなかったー
まあ新しい在来線用トンネルを造ってもいい時期ではある
公共インフラ寿命問題のトップランナー。並行する4つのトンネルの中で、鉄道在来線用トンネルという存在目的自体が、また微妙。/
この杉山さんの記事はいつも読み応えがありますね。今回もなかなか興味深い話。 "@bizmakoto: 誠: "
これも国土強靭化案件◆
古いなすげーなとか思ったら関門海峡ってこんなに狭いのね。なんか意外だわ /
みんなの反応
そんな事になっているんだ
ひえええっ((((;゜Д゜))) RT "@ffv_news: [Business Media 誠] "
関門トンネルは戦前から有るのか!確かにそろそろ寿命だな。│
"かつて関門鉄道トンネルがつくられた経緯は、橋だと艦砲射撃の標的になるという理由だった"そうだったんだ…歩いて渡れるのも知りませんでした|"が近づいて
地元でもこの話題に関心がないのは困る。道路だけが公共事業じゃない!
ちんまいトンネル、と書くとかわいい。 /
数字間違えました……なおってます。ごめんなさい……
あとで読む > >
ほうほう… /
「 」戦時中に作られたので、そもそも作りが荒いし、老朽化も早いのかな。 実はあのトンネル、「複線」ではなく「単線並列」なのです。 [office]
たしかにかなり古くなってきたし、しかも海底だからなぁ /
日中の単線運転での保守間合確保は、夜間間合が取れない代わりだと思うが。老朽化と関係無しに昔からやってるんじゃなかったっけ。
誠  海底トンネルと言えば、青函トンネルはどうなの?(´・ω・`)
"が近づいている: 本州と九州を結ぶトンネルは4つあるが、その中で最も古いのが山陽本線の関門トンネルだ。戦時中の開通から70年。着工から77年。修繕にも限界をきたし、新たなル...
以上

記事本文: 杉山淳一の時事日想:開通から70年……山陽本線関門トンネルの“寿命”が近づいている (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

関連記事

画像で見る主要ニュース