TOP > 政治・経済 > Business Journal > 恐怖の人工甘味料...

恐怖の人工甘味料、人体と生態系を破壊 発がん性物質生成、アレルギー発症の恐れ | ビジネスジャーナル

28コメント 登録日時:2015-05-26 01:26 | Business Journalキャッシュ

「Thinkstock」より さまざまな食品に使われている、人工甘味料。厚生労働省によって添加物に指定されているものは5種類あり、それぞれの甘さを砂糖と比較する…(1/2)...

Twitterのコメント(28)

【人工甘味料】アルコールフリーの飲料に入っていることが多いから要注意!
人体と生態系を破壊
人工甘味料の危険
怖いけど甘いものを我慢できる自信がないっす^^;【 】
絶対に食べてはいけない②
「シュガーレス=体にいい」の落とし穴!!
しょせん人工。マーガリンと同じ。
「自然環境の中で生分解されない人工甘味料が、生態系にどんな影響を与えるのか。」
ほんと、これには気を付けないと、痛風とか糖尿病とかほんとヤバイみたいです
@biz_journal

「カロリーゼロ」「カロリーオフ」「低カロリー」をうたっている食品の多くには、この5種類のうちのどれかが入っています。
体内に入る物なのに自然環境で分解出来ないってコワい(゚ω゚)因みに鈴生のアイスはちゃんとした砂糖を使っています。
。。。私もダイエットで時々人工甘味料入った食品飲んだり食べたりするけど気を付けよう・・・。
自然分解され難い合成甘味料が、健康に良いのかどうか?
米国の要請で認可と言うのも気になる

「アスパルテームは、83年にアメリカの要請で認可されたもので」
フェニルケトン尿症というのは、フェニルアラニン化合物を代謝することができない病気で、治療を行わないと、精神に異常を生じます。
この「カロリーオフ」系の食品を摂取すると必ず下痢してしまう。こんなモノまで?と思うような清涼飲料水やお菓子に入っていたりするので、本当にやめて欲しい!:
人工甘味料は既に食べないようにしてるが、人が分解出来ないんだから自然界が分解出来ない、しずらい、、、ってのはあり得るなぁ。→
最近、清涼飲料水や酒類への添加が増えてきているが『キモチワルイ甘さ』が糞不味いのでやめて欲しい
やけに胡散臭い見出しと思えばやはり郡司和夫か。こいつの不安を煽る論調は馬鹿の一つ覚え。耳を貸す価値はない>
一世代で終わらない恐怖。。。
これを入れて平気でナチュラルとか体にやさしいとか謳う飲食物はちょっと
90年代の記事と言ってもバレないレベルで知識が古過ぎる記事だ。もはや脳内妄想でしかない。

>
ぎゃっ!?なにそれ、尿で排出された甘味料がそのまま水道水にのっかって戻ってくるの!?
もう止めればいいのに。(´・ω・`)
ダイエットにも効果ないって言われてるし、なぜ使うのか?
こわい。 / - ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る
特に、加工食品には添加物が多く含まれています。極力、避けたいのですが入っていない物を探す方が難しい世の中です。自家製栽培するしかない?
食品メーカーさま。怪しいものは使わないようにお願いします。微糖は砂糖を減らせば出来ます。
タイトルばかり刺激的で中身を読んでみたら内容がないことに驚いた。レジメになってないよ、、、( 発がん性物質生成、アレルギー発症の恐れ)
これからはL-フェニルアラニン化合物と書いてあっても摂取しないほうがいいのね@線維筋痛症。 / 恐怖の人工甘味料、人体と生態系を破壊
以上

記事本文: 恐怖の人工甘味料、人体と生態系を破壊 発がん性物質生成、アレルギー発症の恐れ | ビジネスジャーナル

関連記事