TOP > 政治・経済 > Business Journal > 安倍政権が孕む危...

安倍政権が孕む危険~アフラック・日本郵政提携とTPP交渉で公約違反が露呈?(1/2) | ビジネスジャーナル

26コメント 登録日時:2013-08-12 06:09 | Business Journalキャッシュ

2月22日の日米首脳会談後に発表された「日米の共同声明」(「外務省HP」より) 安倍晋三首相が、日米首脳会談後の記者会見で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について「聖域なき関税撤廃が前提でないことが明確になった」と述べたのが2月のこと。 マレーシアで開かれた、日本が初参加した第18回TPP交渉の全日程が7月25日に終了した。そしてその翌日26日に、日本郵政とアフラ...

Twitterのコメント(26)

私は、寡占という課題から、日本郵政が外資と組んだことを支持する。日本生命では、独占に繋がる。
ブラックスワンならぬレッドスワンが登場するかも?
ふう、まともなジャーナリストさんいた。
こちらも是非!
J-ファイル 2012 総合政策集の「6、政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる」の公約違反。→安倍政権が孕む危険~アフラック・日本郵政提携とTPP交渉で公約違反が露呈?( Journal)
安倍政権が孕む危険~アフラック・日本郵政提携とTPP交渉で公約違反が露呈? 安倍晋三首相が、日米首脳会談後の記者会見で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)につい…
自民党が公約等守るわけが無く、すべて、後付けのいいわけで引っくり返すのに…、自民党に投票した国民がアホなだけ。
まぁ想定内だよなぁ。はたしてなにが守られるのだろうか。。。
しかも、これがTPPに関する最初の公約違反ではない。政権発足からわずか1カ月で、BSE対策の米国産牛肉への輸入規制が、10年ぶりに大幅緩和されている。
[ビジネス] 安倍晋三首相が、日米首脳会談後の記者会見で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について「聖域なき関税…
安倍政権が孕む危険〜アフラック・日本郵政提携とTPP交渉で公約違反が露呈?:...
以上

記事本文: 安倍政権が孕む危険~アフラック・日本郵政提携とTPP交渉で公約違反が露呈?(1/2) | ビジネスジャーナル

関連記事

画像で見る主要ニュース