TOP > IT・テクノロジー > AV Watch > 【西川善司の大画...

【西川善司の大画面☆マニア】8Kだけじゃない! ブラックアウト回避やeARC、あなたの知らないHDMI 2.1の世界-AV Watch

15コメント 登録日時:2018-01-13 09:21 | AV Watchキャッシュ

 HDMI 2.1の正式仕様が2017年11月にリリースされた。近々、HDMI 2.1対応のトランスミッターチップ、レシーバチップも出荷される見込みで、2018年はついにHDMI 2.1時代の幕開けを迎えることになる。...

Twitterのコメント(15)

ARC機能を有効にすると、テレビの起動時に、AVアンプも同時に起動してしまう。その度にアンプの電源を切ってると故障の原因になってしまうし、そうこうする内にAACで音声を出力出来なくなる。痛し痒しの規格なんだよなぁ。
2.1の世界
切替器とか含めて2.1環境が整うのはいつだろう?
給電できるようにしろって、、
--
eARCは小型や安価なサウンドバーとか便利だよね。入力HDMI端子少なくてもTVのものを利用できるし 【8Kだけじゃない! 2.1の世界 】
YUV420カラーをやめようという方向にはならず、解像度を追い求めるのは何故なんだろ?
既存のARC、なんであんなに機能がしょぼいのかと思ってたら、伝送帯域が1Mbpsしかなかったの……。 /
2018年はHDMI 2.1の幕開け!
@avwatch
ブラックアウト回避はまじありがてえ
:自動でゲームモードに切り替えできるとかすごいな。
Type-C」がついに製品化へ" Type-Cのややこしさが更に増す… > "USB Type-CがHDMIに変身「HDMI Alt Mode
いよいよケーブル一本で8Kか・
いいね(^^ゞ➰🎵
以上

記事本文: 【西川善司の大画面☆マニア】8Kだけじゃない! ブラックアウト回避やeARC、あなたの知らないHDMI 2.1の世界-AV Watch

関連記事

画像で見る主要ニュース