e-onkyo、“最高クラス”の5.6MHz DSD楽曲を配信開始 -AV Watch

登録日時 : 2013-01-28 17:46 | 掲載サイト : AV Watchキャッシュ
26コメント

オンキヨーエンターテイメントテクノロジーは、高品質音楽配信サービス「e-onkyo music」において、1bit/5.6MHzのDSD音源を1月28日より配信開始した。 これまで、同社のDSD配信音源は1bit/2.8MHzのみだったが、“現在の最高クラスとも言える”とするサンプリング周波数5.6MHz(CDの128倍)での配信を開始。「100kHzをカバーする再生周波数範囲、可聴帯域内...


Twitterのコメント(26)

聴いてみたい。---
DSD楽曲を配信開始( CDの128倍での配信を開始)
なんかよくわからないけど、すごい。
5.6MHz DSD対応DACも増えてきましたからね!サイデラ・レコードもどんどん出していきます!→
自社に対応製品ないのにすげえな/
5.6MHzって想像できない!スゲー!
お、おう。RT @kentarotakahash: ドキッ。RT @aono_bourei: ototoyが朝日美穂を5.6MHzで配信するのはいつになるかな/e-onkyo、"最高クラス"の5.6MHz DSD楽曲を配信開始 Watch
ドキッ。RT @aono_bourei: ototoyが朝日美穂を5.6MHzで配信するのはいつになるかな/e-onkyo、"最高クラス"の5.6MHz DSD楽曲を配信開始 -AV Watch
対応ハードがあるから必然の流れとはいえ、スペック競争にならないか心配。その倍のDSD256、更に倍のDSD512もあるのに。
@avwatch サンプリング周波数5.6MHz(CDの128倍)での配信を開始。可聴帯域内120dBを超えるダイナミックレンジを確保
聴いてみたい…、音響マニアの世界?
聞いてみたいけど、再生環境が無いです‥
うちじゃ再生機器がない……
MA Recordings、2L、Saidera Paradisoの楽曲- 高品位のスピーカーなどのHi-Fiな再生環境が無ければ分からん世界かもしれんな。 -
再生環境がだな……。 /
ふーむ。こいつを満足に再生できるシステムを持ってる人がはたして。
Audirvanaで聞けるかな
いい加減、ハジレゾ音源もCD並にフォーマットを固定させないと普及しないんじゃないかな。 /// @avwatch
以上

記事本文: e-onkyo、“最高クラス”の5.6MHz DSD楽曲を配信開始 -AV Watch

関連記事

33コメント 2013-12-09 13:00 - av.watch.impress.co.jp

オンキヨーエンターテイメントテクノロジーは、ハイレゾ楽曲配信サービス「e-onkyo music」において、坂本龍一が手掛けたサウンドトラック「戦場のメリークリスマス(Merry Christmas Mr.Lawrence)」と「CODA」の2作品を、DSD 5.6MHzなどのハイレゾ音源で12月16日より独占配信する。戦場のメリークリスマスは、未公開...[続きを読む

画像で見る主要ニュース